熊本市 島崎地区・三賢堂の紅葉(2020年-3)

2020年12月 2日   熊本市 島崎地区・三賢堂の紅葉(2020年-3)
 三賢堂へと上る石段脇の紅葉もだいぶ散ってしまっていましたが、まだ綺麗な黄葉も見られました。池周りの紅葉はようやく見頃となり、趣きのある紅葉が見られました。
三賢堂
 三賢堂は熊本出身の政治家安達謙蔵(1864~1948年)により精神修養の場として昭和11年この地に立てられました。
 堂内には肥後の三賢人として、南朝の忠臣菊池武時、肥後の藩政を確立した加藤清正、細川家の中興の祖細川重賢の坐像が田島亀彦、朝倉文夫、長谷秀夫ら彫刻家の手で製作され安置されている。
 三賢堂の下にある家屋は安達謙蔵の旧居で原泉荘、書斎は備於斎と名付けられ昭和24年遺言により熊本市に寄贈された。』三賢堂への石段付近の紅葉
sankendou20120202.JPG
sankendou20120204.JPG
sankendou20120207.JPG
sankendou20120208.JPG池周りの紅葉
sankendou20120210.JPG
sankendou20120211.JPG
sankendou20120212.JPG
sankendou20120214.JPG
sankendou20120218.JPG
池に映った紅葉
sankendou20120217.JPG
sankendou20120219.JPG
sankendou20120201.JPG
場 所
 次のコメント、トラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。  表題部分(赤字の「熊本の花所」)をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2021年07月21日 07:08
2020年12月 8日   熊本市 島崎地区・三賢堂の紅葉(2020年-4)
 三賢堂へと上る階段脇には、だいぶ散ったもののまだ真っ赤な紅葉も見られ、黄葉も混じった眺めを楽しむことができまし。池周りにも淡い紅葉ですが見頃となり素晴らしかったです。その南側の竹林前に今迄見た記憶の無い紅葉が見られ、紅葉の妙を感じるようでした。訪れる度に風情が変わって行くのも良いですね!