江戸城 皇居-4

2019年12月 9日   江戸城 皇居-4
 千鳥ヶ淵交差点から千鳥ヶ淵方面へと向かい、千鳥ヶ淵戦没者墓苑にお参りした後、長く続く千鳥ヶ淵沿いを桜の咲いた風景を想像しながら北西の角まで歩き、来た道を戻りました。
 千鳥ヶ淵交差点まで戻って、半蔵濠沿いに桜田門方面へと歩きました。もっと近いことを予想していたのですが約1.7㎞の距離が随分長く感じられました。
 桜田門に戻り一周、楠木正成像を見て、馬場先濠、和田倉壕を見ながら東京駅へと戻ってきました。
千鳥ヶ淵方面へ
tokyou19120958.JPG
千鳥ヶ淵戦没者墓苑
『千鳥ヶ淵戦没者墓苑は、先の大戦において海外で亡くなられた邦人の御遺骨を納めるために、昭和34年、国により建設された「無名戦没者の墓」です。
 ここに収められている御遺骨は、昭和28年以降政府派遣団が収容したもの及び戦後海外から帰還した部隊や個人により持ち帰られたもので、軍人軍属のみならず、海外において犠牲となられた一般邦人も含まれており、氏名を特定できない等の理由で、いずれも遺族に引き渡すことのできないものです。』
tokyou19120960.JPG
tokyou19120961.JPG
tokyou19120962.JPG
千鳥ヶ淵と桜
 春の桜が満開の時期にはさぞかし素晴らしいだろうなと思わせる大きな桜が続いていました。まだ残った紅葉も見られました。
tokyou19120963.JPG
tokyou19120964.JPG
tokyou19120965.JPG千鳥ヶ淵の北西角まで来て、田安門方面
tokyou19120966.JPG
 田安門まで行ってみたいとは思ったものの、一周を考えると疲れても来ており、ここから来た道を引き返しました。代官町通りの交差点まで戻り、堀伝いに南へと向かいます。困ったことにカメラの電池切れ、ここからはだましだましの撮影となってしまいました。
半蔵門
 門の名前は徳川家の家来服部家に由来するとも言われ、門外には服部家の組屋敷や旗本屋敷が建ち並び、甲府街道への警護を固めていたようです。現在の門は、旧来の門が太平洋戦争で焼失したため、和田倉門の高麗門を移築したものだそうです。
tokyou19120967.JPG
tokyou19120968.JPG
 国立劇場前、国会議事堂などを眺めながら、桜田濠沿いに桜田門方面へと向かいます。
tokyou19120977.JPG
tokyou19120969.JPG
tokyou19120971.JPG
 一周して桜田門に戻ってきました。行きに見られなかった楠木正成像に寄ってみました。
楠木正成像
tokyou19120972.JPG
馬場先濠
tokyou19120978.JPG
和田倉壕
tokyou19120973.JPG
東京駅へと戻ってきました。
tokyou19120974.JPG
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント