福島県 会津磐梯山紅葉の旅-11 白河 大隣寺 

2019年10月30日   福島県 会津磐梯山紅葉の旅-11 白河 大隣寺
 大隣寺には会津白虎隊と同様に少年隊として戦死した二本松少年隊のお墓があるということで、本堂前左側に五輪塔がありました。大隣寺の沿革を見ると、二本松藩藩主の菩提寺ということで、本堂裏に墓所があるとのことで訪れてみました。
 二本松インターで下り、昼食に寄ったお店の前に、大隣寺があり、時間に余裕もあったので訪れてみました。
二本松藩主丹羽家墓所   二本松市指定史跡
 丹羽家墓所は、丹羽家の菩提寺である大隣寺本及び御廟裏手の小高い場所に設定されており、歴代藩主10名のうち初代光重を含む8名の藩主が埋葬されている。二代長次は江戸藩邸において逝去したため江戸泉岳寺に埋葬され(近年青山墓地に改葬)、十代長国以降は東京青山墓地に埋葬されている。
 正面には初代光重の五輪塔型墓碑、その左側には五代高寛の箱型墓碑、右側には七代長貴の五輪塔型墓碑が建つ。左手には右から六代高庸の五輪塔型墓碑、三代長之の唐破風型(位牌型)墓碑、四代秀延の五輪塔型墓碑、そして八代長祥の五輪塔型墓碑が建つ。九代長富の五輪塔型墓碑は手前、参道左側の一段高い所に建っている。いずれも十万石大名の格式に準じた風格ある墓碑で、巨大な花尚岩を用い、加エ・組合せも精緻である。
 二本松藩主丹羽家八名の墓所が同一箇所で営まれ保存されていることは、二本松藩の歴史を知る上で重要であるとともに、江戸時代の石積様式及び加エ枝術を知る上でも貴重である。』
         五代高寛公     初代光重公     七代長貴公
fukushima19103064.JPG      八代長祥公   四代秀延公  三代長之公  六代高庸公
fukushima19103063.JPG初代光重公
fukushima19103065.JPG九代長富公
fukushima19103065-0.JPG
fukushima19103066.JPG
二本松少年隊の墓
『二本松少年隊の墓
 慶応四年(1868)七月二十六日、三春瀋の突然の降伏により二本松藩の横腹を突く形となった西軍は、潮の如く二本松城下に迫りつつあった。そのため藩は止むなく少年達の出陣を命じることとなり、十二歳から十七歳までの62名が緊急に各隊に配属され、西軍との応戦体制に入った。二十九日朝、隊長木村銃太郎・副隊長二階堂衛守の率いる少年隊士25名が出陣した大壇口で戦闘が開始された。少年隊の放つ速撃弾は次々と命中、大いに西軍を悩ましたが、多勢に無勢、新式銃を具備した西軍を前に除々に戦況は悪化し、ついに隊長が敵弾に倒れ、戊辰戦争中最大の激戦・大壇の戦は終焉を告げた。その後、少年隊士は各々果敢に戦いを続け、敵弾に倒れ、また返り討ちにあい、計14名の戦死者を数えた。時代の流れとはいえ、維新の夜明けを前に義に殉じた純粋にして可憐な少年達、会津白虎隊に優るとも劣らない壮烈な戦死を偲び、その忠魂を讃え、心から冥福を祈る参詣者が今も絶えない。隊長・副隊長と14名の少年隊の魂がここに眠る。』
fukushima19103058.JPG
fukushima19103061.JPG
fukushima19103059.JPG戊辰戦役供養塔 会津藩 仙台藩
fukushima19103060.JPG
曹洞宗 巨邦山 大隣寺
 二代丹羽長重公は、初代長秀公の菩提を弔う為、寛永四年(1627)越前国の融法全祝大和尚を招き、白川の地に大隣寺を建立した。融法全祝大和尚は、越前総光寺三世雪山どう秀禅師を開山として迎え自から二世となる。寛永二十年(1643)、三代光重公は白川よリ二本松へ国替となり、同年冬には大隣寺も当地に移り、二本松藩主歴代の菩提寺となった。寺領は百石余。その後、方角などの理由から城下内において二度移転し現在地ヘ移った。伽藍ば数度となく改築や改修が行われたが、文化八年(1811)の大改築によって現有の本堂ができた。戊辰の役直後には、二本松瀋庁の仮事務所や藩校などにも使用された。
 寺号は、初代長秀公の法名[総光寺殿大隣宗徳大居士]の大隣に由来し、寺紋には丹羽家の家紋『違棒』を用いてる。境内には、歴代藩主の霊廟、丹羽家の位牌堂である御霊屋、戊反の役で幼い命を散らした二本松少年隊の墓がある。また、延命子安地蔵菩薩や十二支守本尊が安置されておリ 西国三十三観音を祭った霊場観音山と共に信仰を集めている。』
fukushima19103067.JPG
fukushima19103068.JPG

夜景の東京
 東京スカイツリーが見られる頃には夕日も沈み、高速道路を走っていても、皇居・千鳥ヶ淵や明かりの着いたビル街、東京タワーなどが見られ、東京観光をしているようでした。
fukushima19103069.JPG
fukushima19103070.JPG
fukushima19103071.JPG
fukushima19103072.JPG
fukushima19103073.JPG

場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント