美里町 大窪橋近辺のヒガンバナ(2018年)

2018年 9月19日   美里町 大窪橋近辺のヒガンバナ(2018年)
 小さな太鼓橋のような石橋の袂に、少ないですが彼岸花が見られ、石橋とのツーショットが楽しめます。橋の周辺の田圃や、国道218号線沿いにも、まだ見頃には早いかったですが花を咲かせていました。国道沿いからも良く見ると橋の欄干部分が彼岸花越しに見られます。
美里町指定文化財 大窪橋(おおくぼばし)
 大窪橋は嘉永2年(1849)砥用手永惣庄屋篠原善兵衛、石工新助により架橋されました。
     全長 21m  高さ 6.5m
 緑川支流、津留川に架かる単一アーチ橋。橋の袂には「車通扁可ら須(くるまとおすべからず)」と書かれた石碑があり、関係者の名前が記されています。四季を通じて、周辺の景観と調和した石橋です。』

画像 画像
                                       「車通扁可ら須(くるまとおすべからず)」の石碑
画像 画像

画像 画像

画像 画像
国道218号線沿いの彼岸花
画像 画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック