城南町 下田の公孫樹(2017年)

2017年11月30日   城南町 下田の公孫樹(2017年)
 今年も訪れるのが遅すぎたようで、大部分の葉が散ってしまっており、黄色の落ち葉に敷き詰められていました。この銀杏は比較的早くに黄葉するようです。
 豊臣秀吉も薩摩征伐の折、立ち寄っているという樹齢約650年。高さ22m。大きさは根回り11m、南幹5.9m、北幹6.4m。枝張り 東西14.8m、南北15.2mの大銀杏で、昭和12年12月に国の天然記念物に指定されています。

画像画像
画像

画像画像
画像

画像 画像

画像画像
画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 熊本市城南町 下田の公孫樹(2018年)

    Excerpt: 2018年11月22日   熊本市城南町 下田の公孫樹(2018年)  既にだいぶ散っていましたが、それでもまだ綺麗に黄葉した姿を見ることができました。ここ数年は黄葉の時期が数日早まっているような.. Weblog: 熊本の花所 racked: 2019-03-04 18:21