宇城市 郡浦(こうのうら)天神の樟

2012年11月12日   宇城市 郡浦(こうのうら)天神の樟
 入り口付近からは、1本新しい枝が見えるだけで、そんなに大きなクスノキと思われなかったのですが、裏側から見ると樹齢約千年といわれる木の大きさに驚かされます。根元は腐っている部分もあり、枝も途中から無くなってしまっているものもありました。小高い丘の上にあるので、下からも他の木と一体となって見えます。
熊本県指定天然記念物 郡浦の天神樟       昭和34年10月27日指定
 このクスノキは、最もくびれた部分の幹囲が14.4m、根廻りが30.5m、樹高が23mあり、枝張りは東西30m、南北29mある県内最大級のクスノキである。樹齢は約1000年といわれている。地上約3mのところから大枝に分かれている。元は6本の枝であったが火災のため現在は5本になっている。また、南側には根元からもう1本枝分かれして、あたかも別樹のようである。幹囲は3.2mである。主幹の下部は空洞になっており、約6畳ほどの広さがある。この木は昔からご神木として地元の崇敬を受け、大正14年には拝殿が立てられ、雨乞祭りや田植え後の根付祭りが行われている。また、大正5年には群浦村の天然記念物として指定を受け、地元の人々から大切に保護されている。             (昭和61年3月)』

画像画像
画像

画像  画像

画像画像
画像
神社への上り口から見ると、そんなに大きな木には見えないのですが、この右側に大株があります。
画像画像
画像
神社に行く切通しには、他のクスノキ?が根を這わせていました。     右端が天神の樟です。
画像 画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック