八代市・球磨村 球磨川沿いの風景

2012年 9月15日   八代市・球磨村 球磨川沿いの風景
 人吉に泊りで行ったので、行く途中球磨川の景色を撮ってみました。人吉市から球磨村役場の間が急流も多く球磨川らしい風景が見られるのですが、色々寄り道をしていたら時間が無くなり、今回も撮ることができず残念でした。
 もっと紹介したい風景は見られるのですが、車が止められないもので、ついつい通り過ぎてしまいます。
撤去工事が開始されたとのニュースもあった荒瀬ダム
 道の駅坂本に立ち寄り、下流からの荒瀬ダムを撮り、ダムの近くでも撮ってみました。全国で初めて撤去されるダムとなるようですが、鮎が遡上する清らかな流れが戻ってくると良いですね!
画像

画像画像
画像

坂本町中津道の「中津道阿蘇宮の森」
 球磨川を左岸から右岸に渡った所に中津道地区があります。橋の袂で写真を撮ろうと思ったのですが、駐車する場所がなく、止めた場所から球磨川に下りられるかなとも思ったのですが、それもかなわず、そこに阿蘇宮がありました。
『中津道阿蘇宮の森   八代市指定天然記念物  昭和五十四年四月二日指定
                                所在地 八代市坂本町中津道七二一番地
阿蘇宮の境内に、いちいがL(幹囲3.90m、えのき(幹囲4.50m)、かえで(幹囲2.12m)、もくせい(幹囲2.2m)などで形成された森である。            ’
 阿蘇宮は昔、蓑田家先祖が祭ったものといわれ、この森も、おそらくその当時植えられたものであろう。以来、氏神の森として大事にされてきた。森として保存するために指定されたものなので、幹や枝を傷つけたり、付近の木竹
を折ったりしないようご協力ください。』
画像 画像

画像 画像

画像 画像

球磨村に入って? 途中の風景
画像 画像

瀬戸石ダム
画像 画像

画像 画像

神瀬石灰洞窟(岩戸鍾乳洞)・熊野座神社
 前回訪れた時にうまく撮れなかった写真があったので寄ってみましたがびっくり、大雨の影響で入り口斜面の石が流れ出し参道をうずめていました。

画像画像
画像
岩戸不動明王 頭の部分だけ見えました。
画像画像
画像
『岩戸不動明王について
 岩戸熊野座神社の入口の此処より上方(此処から見えます)にあります・大正十三年九月に施主神照寺(球磨村神瀬)の十三世「哲厳和尚」が人吉田町「宮原十郎石工」に作らせ奉納安置(鎮座)した。
 「ふるさと再発見 相良新四国八十八ヶ所札所八十二蕃 神照寺(球磨村神瀬)の奥の院(岩戸鍾乳洞入口右方上部)』
ラフティング ラフティングのボートが多く見られました。ボートで急流を下るのも気持ちいいでしょうね!
画像
機関車 ラフティングを撮っていると、汽笛が鳴ったので、もしかすると走ってくるかなと待ち構えていたら来ました。坂道を下るのでか煙も出さずに通り過ぎて行きました。
画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 球磨村 神瀬(こうのせ)石灰洞窟(岩戸鍾乳洞)の桜

    Excerpt: 2018年 3月26日   球磨村 神瀬(こうのせ)石灰洞窟(岩戸鍾乳洞)の桜  2012年には参道に土砂が崩れていたこともありましたが、すっかり綺麗になっており、桜も見頃に咲いていました。参道の桜.. Weblog: 熊本の花所 racked: 2018-05-09 09:22