五木村 仰烏帽子山 福寿草トレッキング2

2012年 2月26日   五木村 仰烏帽子山 福寿草トレッキング2
 8時15分にわらぶき屋根の家の前に集合、分乗して「元井谷登山口」に向かいます。思っていたより寒くもなく、熊本市内より暖かいような感じさえしました。寒さを予想して準備をしてきたものの、かえって荷物になっただけ?

画像
県道25号線元井谷橋の袂には「仰烏帽子山」の案内看板がありました。(前日撮影)
 尖った山が仰烏帽子山でしょうか?



元井谷登山口に到着
 駐車スペースがあるかなと思っていたのですが無い様子で、早くも道路に車が並んでいました。更に上った第二登山口には駐車場がありますので、福寿草中心であれば、そちらが便利の様です。
画像 画像
ここからは相良村方面から登ってくる道との分岐点まで上りの山道が続きました。ここにも福寿草が見られるのですがまだ時間も早く、曇り空のため開いた花はほとんど見られませんでした。
画像 画像
画像途中で汗ばみ、着ていたものを脱いだりして調整、手袋も薄手の物でないとかえって汗をかいてしまいました。


小川の流れる沢沿いに登り、分岐点に近い場所に急な登りがありました。分岐点まで1時間40分程掛かりました。


分岐点に到着
 仏石方面から登ってくる分岐点に到着すると、下から雪のように見えた樹氷を見る事ができました。
                                      ここから頂上へ向かいます。
画像 画像

画像


 ここから右側に頂上を目指し、桧林の中を進みます。
白い石灰岩でしょうか?立ち並び苔の緑とコントラストも素晴らしかったです。画像
画像


 途中に、あいた穴から白い湯気が立ち上る場所があり、近くによると暖かかったです。
 しばらく登ると、樹氷の中へ、ここで小休止。思ってもいなかった世界に飛び込んだようです。樹氷の氷を食べたり、写真を撮って最後の頂上を目指しました。
画像 画像
樹氷のトンネルですね!
画像

 ホームページで見た雪の積もった所を上って行くことを予想していたのですが、昨年は雪が多かったのですが、今年は頂上まで雪が無いのだそうです。その代り、素晴らしい樹氷が迎えてくれました。



場 所




 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 五木村 仰烏帽子山 福寿草トレッキング

    Excerpt: 2012年 2月26日   五木村 仰烏帽子山 福寿草トレッキング  五木村観光協会の主催で25日~26日に「仰烏帽子山 福寿草トレッキング」が行われたので、なかなか単独では行けないものですから参加.. Weblog: 熊本の花所 racked: 2012-02-29 07:43
  • 五木村 仰烏帽子山 福寿草トレッキング3

    Excerpt: 2012年 2月26日   五木村 仰烏帽子山 福寿草トレッキング3 五木村 仰烏帽子山 福寿草トレッキング2 から続く仰烏帽子山の樹氷 樹氷のトンネルを抜けると、なにか視界が良くなって稜線に出た感.. Weblog: 熊本の花所 racked: 2012-02-29 07:47