テーマ:

荒尾市 野原八幡宮大祭(のばらさん)

2019年10月15日   荒尾市 野原八幡宮大祭(のばらさん)  熊本県の重要無形民俗文化財に指定されている野原八幡宮大祭、地元では「のばらさん」の愛称で親しまれ、760年もの歴史があるそうです。  まず、節頭奉行を先頭に、柄杓を持った仲間頭(ちゅうげんがしら)、節頭とよばれる稚児を乗せた神馬を引く4人の仲間が、御供人(おともにん…

続きを読むread more

阿蘇市 国造神社のおんだ祭り-2

2018年 7月26日   阿蘇市 国造神社のおんだ祭り-2  昼休みで午後2時から再開、どこからともなく人が集まって来ました。おんだ歌が歌われ祭の再開です。神輿を担ぐ若者組と少し年長者の歌いぷりはやはり年季が違がうようです。 おんだ祭り(国造神社)国造神社のおんだ祭り-1     2013年 国造神社と手野の大杉2015年 阿蘇神…

続きを読むread more

阿蘇市 国造神社のおんだ祭り-1

2018年 7月26日   阿蘇市 国造神社のおんだ祭り-1  国造神社のおんだ祭り(御田祭)は、阿蘇の神々が稲の生育ぶりを見て廻られるのだそうです。行列の呼び物は、全身白装束で神様の食事を頭に運ぶ宇奈利(うなり)行列です。  何時からお祭りが始まるのかも分からずに着くと、道路沿いにも駐車されており、少し離れた場所に駐車しました。参…

続きを読むread more

山都町 通潤橋と八朔祭の大造り物(2017年)

2017年 6月23日   山都町 通潤橋と八朔祭の大造り物(2017年)  熊本地震の被害を受け、橋の中を通っている水路は使えず、修復工事が始まっているようでした。正面から見た目には何も変わらない様子ですが、農家の方達のことを思うと早く通水路としての役目をはたせるようになって欲しいです。 2009年 通潤橋     八朔祭の大造り…

続きを読むread more

宇土市 宇土市大太鼓収蔵館

2017年 2月19日   宇土市大太鼓収蔵館  雨乞いの為に各地区の神社に奉納されたたかれた大太鼓、戦前には70基もの大太鼓があったそうですが、現在26基が集められ収蔵されています。8月の第一日曜日には市民会館で披露されるそうです。  3月末には国重要有形民俗文化財に登録されるよう答申されており、その記念に無料での入場が実施されて…

続きを読むread more

山鹿市 大宮神社

2015年10月30日   山鹿市 大宮神社  山鹿灯籠まつりの神社として知られ、8月15日には、最初に神社の境内で山鹿灯籠踊りが奉納されます。鳥居を上った左側にある灯籠殿には、8月16日の上がり灯籠で奉納された灯籠などが展示されており、一見の価値があると思います。  踊りでは、紙と糊だけで作られた灯籠を頭の上に踊られますが、その他…

続きを読むread more

山都町 八朔祭の大造り物

2015年 9月 6日   山都町 八朔祭の大造り物  今迄、道の駅 通潤橋では祭の終わった後の大造り物を見ており、一度は祭の中での大造り物を見てみたいと思っていました。まず、道路沿いなどに置かれている大造り物を見て歩こうと考え、11の大造り物を見て歩きました。回っている内に引き廻しの出発時間13時になり、最後にたどりついた中央公民館…

続きを読むread more

阿蘇市 阿蘇神社のおんだ祭り

2015年 7月28日   阿蘇市 阿蘇神社のおんだ祭り  主祭神[の健磐龍命(たけいわたつのみこと)は、外輪山の一部を蹴破って、それまで湖だったカルデラを豊かな阿蘇谷に変えた農耕の神だと思われますので、このようなお祭りも大事に継続されてきているのでしょう。  お祭りの行列の順番に紹介したいのですが、あちらこちら走り回っていたので、…

続きを読むread more

天草市 牛深ハイヤ祭り

2012年 4月22日   天草市 牛深ハイヤ祭り  車で行って込み合うのもいやなので、バスツアーで行ってみました。心配された雨も上がり、会場近くに着くと、「お祭り広場」は既に多くの見物客で賑わい、子供たちの踊り等が披露されていました。既に漁船団海上パレードも終わってしまったようで、港も静かな物、皆さん岩壁に並んで一足早いお弁当を食べ…

続きを読むread more

熊本市 みずあかり

2011年10月 9日   熊本市 みずあかり  最初に着いた花畑公園には「竹ぼんぼり」や三角の灯籠が一面に並べられ、なにか懐かしい明かりの中に溶け込んだようです。人の流れに沿って市民ホール前に向かうと道路に並べられた竹のローソクの明かり、竹に開けられた穴から漏れる明かりに、熊本城のライトアップと明かりの祭の素晴らしさに感動です。長塀…

続きを読むread more

益城町 砥川神社の獅子舞

2010年10月16日   益城町 砥川神社の獅子舞  八代市・妙見祭、宇城市・小川阿蘇神社、氷川町・宮原三神宮で行われる獅子舞は、中国の影響を感じる獅子舞ですが、砥川神社の獅子舞は日本古来の獅子舞でした。神社で関係者の皆さんが参拝した後、着飾った子供達を親が肩車をし、獅子とともに神社を一周し、獅子舞の開始です。最初は若い人達が舞いま…

続きを読むread more

氷川町 宮原三神宮の秋季大祭

2010年10月13日   氷川町 宮原三神宮の秋季大祭  八代市・妙見祭、宇城市・小川阿蘇神社の秋期大祭とともに、亀蛇(亀と蛇が合体した想像上の神獣、通称ガメ)が登場することで知られています。是非とも三っの亀蛇を見ておきたく出掛けました。11時から始まるものと思い込んで到着したら、既に獅子舞が始まっていました。妙見祭の規模を小さくし…

続きを読むread more

熊本市 河尻神宮の秋季例大祭

2009年10月19日   熊本市 河尻神宮の秋季例大祭  なれ親しんだ河尻神宮ですが、秋期例大祭を見るのは初めてです。毎年10月19日が祭のメインイベントである、飾り馬、下がり馬、流鏑馬等が行われます。朝随兵、夜随兵ということで飾り馬も行われるようです。メインは夜隋兵だからということで時間も分からずに午後3時頃に着きましたが、神社の…

続きを読むread more

宇城市 小川阿蘇神社の秋期大祭(奴舞・獅子舞・亀蛇舞)

2009年10月15日   宇城市 小川阿蘇神社の秋期大祭(奴舞・獅子舞・亀蛇舞)  八代市の妙見祭にならって始められたのだろうといわれる、小川阿蘇神社の秋期大祭か゜毎年10月15日に行われます。妙見祭と同様に、胴体は亀、頭は蛇の亀蛇舞(きだまい)がここでも主役です。子供たちによる奴舞(やっこまい)に始まり、二頭による獅子舞、最後は亀…

続きを読むread more

八代市 妙見祭の笠鉾

2007年11月23日   八代市 妙見祭の笠鉾  11月22日、23日に八代の晩秋を彩る絢爛豪華な時代絵巻、妙見祭が開催されました。その中でも祭りのメインである笠鉾と、祭りの呼び物、亀蛇(きだ)が宮地小学校校庭にお昼の休憩時間に展示されていましたので、撮影してみました。説明は当日掲示されていたものをそのまま転載いたします。 亀…

続きを読むread more

八代市 妙見祭

2007年11月23日   八代市 妙見祭  九州の三大祭の一つに数えられる妙見祭。23日は塩屋八幡宮を8時に出発した神幸行列を八代駅前で9時半頃から待って見ました。着いた時には既に子供たちによる獅子舞が回れていましたが、行列は予定より遅れて到着。ここで演舞を行い八代神社へと向かいます。 (説明は当日配布されたチラシの説明を転載しま…

続きを読むread more

熊本市 藤崎宮秋期例大祭

2007年 9月17日   熊本市 藤崎宮秋期例大祭  9月12日~17日で開催される藤崎宮秋期例大祭も最終日の神幸御行列に始まり飾馬奉納とクライマックスを迎えています。朝随兵は6時に藤崎宮を御発輦、夕随兵は御旅所を14:30御発輦で市内を太鼓に鐘にラッパも入って「ドーカイ、ドーカイ」とにぎやかな囃子に追われるように飾馬が練り歩きます…

続きを読むread more

山鹿市 山鹿灯籠まつり

2005年 8月15日   山鹿市 山鹿灯籠まつり  景行天皇が九州を巡幸されており、道に迷われそうになった時に、村人たちが松明を燈し道を照らしたのが、祭りの起こりといわれています。頭にのせる灯籠は紙と糊だけで作られており、よへほ節にも「骨なし灯籠」と唄われています。灯籠に明かりが入り、薄明かりの中で踊られる様子はとても幻想的でした。…

続きを読むread more