テーマ:イチョウ

熊本市 加藤神社・清正公お手植えの銀杏

2019年 3月30日   熊本市 加藤神社・清正公お手植えの銀杏  熊本城内にある加藤神社の裏側に行ってみると、「清正公お手植えの樹」ということで。根元の幹だけが残っているような銀杏があり、次のような説明がされていました。  本丸御殿前にある清正公お手植えの銀杏は、今でも西南の役で火災にあった痕も見られながら、育ったひこばえが見事…

続きを読むread more

熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2018年-2)

2018年11月30日   熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2018年-2)  ようやく全体が黄葉し見頃となっていました。平家落人の墓標として植えられたものと伝えられ、幹囲14メートル、樹高は42メートルある大銀杏です。根元には滴水東屋敷の板碑や五輪塔があり、境内の奥には阿弥陀堂もあります。 前回訪問時 滴水の銀杏     2…

続きを読むread more

熊本市 笛田神社の大銀杏(2018年)

2018年11月29日   熊本市 笛田神社の大銀杏(2018年)  昔から「お宮の大いちょう」として人々に親しまれてきた銀杏のようで、今では難しいかもしれませんが、熊本城からも見えたという樹齢約500年の銀杏です。なかなか黄葉しないのですが見頃になったようで綺麗な黄葉が見られました。木の下には北村西望作の「天女の笛」像も見る事ができ…

続きを読むread more

熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2018年)

2018年11月26日   熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2018年)  まだ一番の黄葉には早くまだ緑の部分も見られるものの、見頃になってきていました。根元には小佐井揚部頭の板碑や五輪塔があり、根に取り込まれているものも見られ歴史の移り変わりを感じさせてくれるようです。幹には大きな気根(樹乳)も見られ、地面には根も張り巡らされた…

続きを読むread more

合志市 油古閑観音堂の銀杏

2018年11月26日   合志市 油古閑観音堂の銀杏  合志三十三観音第二十二番札所の油古閑観音堂前に、まだ見頃に黄葉した銀杏が見られました。気根(樹乳)も見られたので、樹齢もそれなりに経っているものと思われます。  偶然通りかかったら銀杏が黄葉しているのが見られたので寄ってみました。       場 所 

続きを読むread more

熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2018年)

2018年11月26日   熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2018年)  今年はまだ銀杏の黄葉が見頃に残っている所が多く、公園内を東西に抜ける通路を歩いていても綺麗な黄葉が楽しめました。  メタセコイアでしょうか?銀杏の隣に赤茶色に紅葉した針葉樹も見られ、お互いに引き立たせているようでした。 2017年 熊本県民総合…

続きを読むread more

山都町 犬飼の大イチョウ(2018年)

2019年11月23日   山都町 犬飼の大イチョウ(2018年)  まだ木全体が黄葉した姿を、黄葉の期間が短いのか見たことがありません。今年も既に散ってしまい、わずかに残った黄葉が見られただけでした。  地区の南側田圃の中の一段高い所に、堂々たる銀杏を山などを背景に見ることができます。 『犬飼 大イチョウ(御霊木)    …

続きを読むread more

美里町 穂積阿蘇神社の銀杏(2018年)

2018年11月23日   美里町 穂積阿蘇神社の銀杏(2018年)  やはり一番の黄葉を見られる時期は遅いようです。だいぶ色付いては来ていたものの、まだ見頃にはすこし早かったです。  穂積阿蘇神社は、阿蘇惟泰公によって天慶年間(938年 - 947年)、阿蘇神社の分霊を勧請したのが起こりとされており、天正年間(1573年 - 15…

続きを読むread more

美里町 小筵・吉見神社の公孫樹(2018年)

2018年11月23日   美里町 小筵・吉見神社の公孫樹(2018年)  神社の屋根などには綺麗な黄葉降り積もり、だいぶ散ってしまっていましたが、まだ残った黄葉を見ることができました。銀杏の黄色と柿の赤い実との取り合わせも秋を感じさせてくれました。  明治百年記念樹に指定されており、推定樹齢300年、幹回り4.2m、高さ20mの銀…

続きを読むread more

熊本市 城南町・竹ノ下の銀杏(2018年)

2018年11月22日   熊本市 城南町・竹ノ下の銀杏(2018年)  道路沿いにあるので、黄葉した姿は目立つのですが、だいぶ紅葉して見頃に近づいてはいたものの、まだ早かったです。推定樹齢 300年、樹高 25m、目通り幹囲 6.5mの大きな銀杏で、樹乳(気根)も多く見られます。  下田の公孫樹の近くにあるので、同時期に黄葉してく…

続きを読むread more

熊本市城南町 下田の公孫樹(2018年)

2018年11月22日   熊本市城南町 下田の公孫樹(2018年)  既にだいぶ散っていましたが、それでもまだ綺麗に黄葉した姿を見ることができました。ここ数年は黄葉の時期が数日早まっているような気がします。  樹齢約650年。高さ22m。大きさは根回り11m、南幹5.9m、北幹6.4m。枝張り 東西14.8m、南北15.2mの大…

続きを読むread more

熊本市 熊本城の銀杏と紅葉(2018年)

2018年11月21日   熊本市 熊本城の銀杏と紅葉(2018年)  監物櫓近くの銀杏は、まだ見頃の黄葉が見られたものの、落ち葉も見られるようになっていました。監物櫓は修復工事が始まり覆われており、隣の銀杏はだいぶ散ってしまっていました。熊本城内のその他の銀杏は見頃の黄葉を見ることができました。今では近くに行って見ることはできません…

続きを読むread more

熊本市 健軍神社の公孫樹と冬桜(2018年)

2018年11月20日   熊本市 健軍神社の公孫樹と十月桜(2018年)  境内の社殿前にある「子宝の公孫樹」、例年黄葉が見られるのは遅いので、ようやく黄葉をしてきたかなの感じで一部の枝に綺麗な黄葉が見られました。  山門両脇の冬桜は、だいぶ花を咲かせており、門から社殿に続く通路沿いには紅葉も始まっているのが見られました。 20…

続きを読むread more

熊本市 熊本県庁の銀杏(2018年-3)

2018年11月20日   熊本市 熊本県庁の銀杏(2018年-3)  既に一番の見頃は過ぎてしまい、だいぶ散った落ち葉が多くなっていましたが、それでもまだ黄葉を楽しむことができ来られている方も多かったです。 前回訪問時 熊本県庁の銀杏     2017年 熊本県庁の銀杏         場 所

続きを読むread more

熊本市 熊本県庁の銀杏(2018年-2)

2018年11月11日   熊本市 熊本県庁の銀杏(2018年-2)  熊本県庁プロムナードの銀杏、肥後54万石に合わせて54本の銀杏が植えられているようです。見頃になっており、黄色というよりオレンジ色のような濃い黄葉が素晴らしかったです。  高速バスを待つ合間にあたふたと撮ってみました。 2017年 熊本県庁の銀杏     前回…

続きを読むread more

小国町 下城の大イチョウ(2018年)

2018年11月 7日   小国町 下城の大イチョウ(2018年)  見頃の黄葉に出会えるのではと期待して行ったのですが、既に遅くだいぶ散ってしまっていました。  一番の見頃は1~2日という感じで黄葉するところから散ってしまうので、見頃の時期に出会うのがなかなか難しいです。  樹齢1000年を超え、幹囲9.6m、樹高25mの老木…

続きを読むread more

阿蘇市 明行寺の公孫樹(2018年)

2018年11月 7日   阿蘇市 明行寺の公孫樹(2018年)  既に一番の見頃は過ぎだいぶ散っていましたが、まだ綺麗な黄葉が見られました。樹齢400年以上を感じさせるように枝に生えたシダも綺麗に紅葉していました。  心無い観光客か、樹皮を剥ぎ取る行為があるようで「吾輩も寒いので わたしのコートをぬがさないで 漱石より」のお願いも…

続きを読むread more

熊本市 熊本県庁の銀杏(2018年)

2018年10月24日   熊本市 熊本県庁の銀杏(2018年)  まだ見頃には早いのですが、秋の深まりを感じてプロムナードの銀杏も黄葉し始めていました。  阿蘇や大分県の牧ノ戸峠などでは紅葉も見頃になっているようです。 2017年 熊本県庁の銀杏         場 所

続きを読むread more

熊本市 笛田神社の大銀杏(2017年)

2017年12月 2日   熊本市 笛田神社の大銀杏(2017年)  樹齢約500年の大銀杏です。黄葉するのが割に遅いので、ようやく見頃の濃い黄色に木全体が覆われて素晴らしい姿を見せてくれました。 『お宮の大いちょう     ふるさと熊本の樹木  平成2年4月9日登録  この大銀杏は、天正16年(1588年)肥後の守となった加藤清…

続きを読むread more

熊本市 熊本県民総合運動公園の黄葉と紅葉(2017年)

2017年12月 1日   熊本市 熊本県民総合運動公園の黄葉と紅葉(2017年)  銀杏の黄葉は先に色付いていた所は散ってしまっていましたが、体育館近くにはまだ見頃の黄葉が見られました。ここから補助グランドまで往復の間にもサッカー場近くなどに綺麗な黄葉が見られました。 銀杏の隣に赤茶色に黄葉したメタセコイアでしょうか、高かく伸びた…

続きを読むread more

熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2017年-2)

2017年12月 1日   熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2017年-2)  前回訪れてから2日間ですが、だいぶ黄葉が進み見頃になってきていました。銀杏の根元には五輪塔や板碑が根に取り込まれるかのようになっており、板碑には正装した男性と女性の像などが刻まれています。 『滴水(たるみず)のイチョウ          熊本県指定天…

続きを読むread more

熊本市 鹿子木菅原神社の銀杏

2017年12月 1日   熊本市 鹿子木菅原神社の銀杏  国道3号線を走っていると、1本の大きな銀杏のように見える黄葉が素晴らしかったので、写真を撮ってみました。1本かなと思った銀杏は参道に植えられた3本でした。南側近くには「鹿子木館跡」ともありますが、どんな史跡でしょう?次回はもう少しゆとりを持って見てみたいです。      …

続きを読むread more

城南町 下田の公孫樹(2017年)

2017年11月30日   城南町 下田の公孫樹(2017年)  今年も訪れるのが遅すぎたようで、大部分の葉が散ってしまっており、黄色の落ち葉に敷き詰められていました。この銀杏は比較的早くに黄葉するようです。  豊臣秀吉も薩摩征伐の折、立ち寄っているという樹齢約650年。高さ22m。大きさは根回り11m、南幹5.9m、北幹6.4m。…

続きを読むread more

熊本市 城南町・竹ノ下の銀杏(2017年)

2017年11月30日   熊本市 城南町・竹ノ下の銀杏(2017年)  今まで綺麗に黄葉した姿を見れていなかったのですが、今年は見事に黄葉した姿を見ることができ素晴らしかったです。それでも散った黄葉も多かったので、数日遅かったのかもしれません。  樹高 25m、目通り幹囲 6.5m、推定樹齢 300年以上ということで、樹乳(気根)…

続きを読むread more

熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2017年)

2017年11月29日   熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2017年)  まだ本当の見頃には少し早かったです。それでも木全体が黄葉してきており、素晴らしい黄葉した姿を見られそうでした。 『このイチョウは雄株で、幹囲14メートル、樹高は42メートルある。ここは竜雲庵というお寺があった場所といわれ、この木はその寺の境内に平家落人の…

続きを読むread more

山鹿市 来民(くたみ)の大銀杏(2017年)

2017年11月29日   山鹿市 来民(くたみ)の大銀杏(2017年)  今までも、雷や台風で痛めつけられてきた大銀杏、こんもりと丸ぽい樹形に整っていたのですが、2015年に再び台風で幹が折れてしまい可哀そうな姿になってしまいました。  まだ本当の見頃には少し早い感じもしましたが、綺麗に黄葉した姿を見ることができました。また以前の…

続きを読むread more

美里町 穂積阿蘇神社の銀杏(2017年)

2017年11月24日   美里町 穂積阿蘇神社の銀杏(2017年)  この銀杏は黄葉するのが遅い様子で、12月に入らないと見頃とならなのかなの感じでした。他と時期がずれてしまうと見頃に訪れるのが難しくなりますが、来年は是非見頃の黄葉を見てみたいものです。  石垣の脇にある白い花を咲かせるサザンカが木全体に花を咲かせた姿が素晴らしか…

続きを読むread more

美里町 小筵橋(こむしろばし)と銀杏(2017年)

2017年11月24日   美里町 小筵橋(こむしろばし)と銀杏(2017年)  銀杏の黄葉に覆われるように石橋があり、今でも生活道路として利用されています。橋長 47m、幅 2mの石橋です。まだ緑ぽい所もありましたが綺麗に黄葉しており、黒の石橋に山の緑の取り合わせも良いですね! 2016年 小筵橋と銀杏  橋の上から …

続きを読むread more

美里町 二俣五橋と銀杏(2017年)

2017年11月24日   美里町 二俣五橋と銀杏(2017年)  熊本地震で崩れていた石橋の修復が終わったと、つい先日ニュースがあったので、曇り空で、売出し中の「恋人の聖地」石橋の下に見られるハートのマークは見られないだろうと諦め気味で訪れました。  ちょうど見所のポイントに行った時に、雲間から日が少し照り薄らとですがハートのマ…

続きを読むread more

熊本市 熊本城の銀杏(2017年)

2017年11月23日   熊本市 熊本城の銀杏(2017年)  早くにニュースがあったので、遅いかなと思っていたのですが、ちょうど見頃の黄葉に出会うことができました。道路沿いと櫓の横に黄葉した姿が素晴らしかったです。ちょうど逆光の時間帯になってしまったのが残念でした。  元熊本城総合事務所脇の銀杏は、建物も無く、石垣の石が復元のた…

続きを読むread more