テーマ:イチョウ

熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2020年-3)

2020年12月 7日   熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2020年-3)  ようやく全体が黄葉に覆われ見頃となっていました。それでも一番の見頃には数日の感じでした。周りに張り巡らされた根の上にも散った黄葉が敷き詰められてきており、ここ数日が一番の見頃となりそうでした。 『滴水(たるみず)のイチョウ  熊本県指定天然記念物  …

続きを読むread more

熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2020年-2)

2020年12月 4日   熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2020年-2)  ようやく見頃になったようで、全体が黄葉した姿を見ることができました。それでも一番の見頃にはいましばらくの感じでした。この銀杏の特徴としては、地表に張り巡らされた根にもあるかもしれません。 『滴水(たるみず)のイチョウ  熊本県指定天然記念物  昭和5…

続きを読むread more

熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2020年-2)

2020年11月25日   熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2020年-2)  通路沿いの銀杏はだいぶ散って最終盤の感じになり、落ち葉も茶色に枯れていました。体育館前付近にだけはまだ綺麗な黄葉が見られました。 前回訪問時 熊本県民総合運動公園の黄葉2019年 熊本県民総合運動公園の黄葉 メタセコイアの紅葉…

続きを読むread more

熊本市 熊本城・加藤清正お手植えの銀杏(2020年)

2020年11月24日   熊本市 熊本城・加藤清正お手植えの銀杏(2020年)  加藤清正公お手植えの銀杏で、西南の役の火災で焼けた幹も見られます。既に黄葉が敷き詰められていましたが、まだ薄らと緑も混じる感じで、見頃に濃い黄色に黄葉していました。天守閣と銀杏の取り合わせも素晴らしいです。  本丸御殿前にあり見頃の頃に入場してみたい…

続きを読むread more

熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2020年)

2020年11月19日   熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2020年)  この銀杏は例年遅くに見頃を迎えるのでまだ早やく、全体には緑が多かったですが一部黄葉した枝も見られるようになっていました。銀杏の下には、天文2年(1533年)の銘をもつ戦国武将小佐井揚部頭(かもんのかみ)の板碑があり、正装した女性と男性の像が彫られています。…

続きを読むread more

益城町 津森神宮の銀杏(2020年)

2020年11月18日   益城町 津森神宮の銀杏(2020年)  ちょっと変わった形の楼門の後ろに3本の銀杏があり、樹齢500年を超える銀杏もあるようで、こんなに樹齢の古い銀杏が3本もあることが珍しいようです。既に一番の見頃は過ぎた感じでしたが、今迄で一番綺麗な黄葉を見られた気がしますが、残念なことに一番大きな銀杏はだいぶ散ってしま…

続きを読むread more

阿蘇市 波野の「乳の木」(2020年)

2020年11月17日   阿蘇市 波野の「乳の木」(2020年)  大銀杏で、特徴は大人の背丈ほどに垂れ下がった気根(樹乳)にあります。例年黄葉の見頃が遅いのですが、ちょうど見頃の黄葉を見られました。  樹齢約200年以上、 幹囲5.4m、樹高29mということですが、それ以上の樹齢を感じさせてくれます。 『乳の木  その昔、乳…

続きを読むread more

阿蘇市 西巌殿寺の公孫樹(2020年)

2020年11月17日   阿蘇市 西巌殿寺の公孫樹(2020年)  この公孫樹も阿蘇の三大公孫樹に数えられています。樹齢400年以上で気根(樹乳)も枝にいくつか垂れ下がっているのが見られます。既にだいぶ散った黄葉が敷き詰められていましたが、まだ黄葉を楽しむことができました。 2019年 西巌殿寺の公孫樹 …

続きを読むread more

阿蘇市 長善坊の公孫樹(2020年)

2020年11月17日   阿蘇市 長善坊の公孫樹(2020年)  明行寺の公孫樹、西巌殿寺の公孫樹とともに阿蘇三大公孫樹の1つで、樹齢は400年以上ですが、高く伸び全体が黄葉した姿をなかなか見られないイチョウです。見る方角によって綺麗に黄葉しているようにも見えますが、一部が綺麗に黄葉しているだけで、まだ緑が多く見られる状況でした。 …

続きを読むread more

南阿蘇村 長野地区の銀杏(2020年)

2020年11月17日   南阿蘇村 長野地区の銀杏(2020年)  長野地区の入口にそびえ立っており、既にだいぶ落ち葉が敷き詰められていましたが、まだ全体に黄葉が見られ素晴しかったです。樹齢はそんなに古くはないと思われますが、すくっと高く伸びた姿が銀杏らしいです。 2014年 長野阿蘇神社の紅葉と近くの銀杏 夜峰山も…

続きを読むread more

熊本市 熊本県庁の銀杏(2020年)

2020年11月16日   熊本市 熊本県庁の銀杏(2020年)  熊本県庁プロムナードの銀杏、肥後54万石に合わせて54本?の銀杏が植えられているそうです。道路側は葉がまばらな感じの木もありますが、まとまった銀杏が濃くオレンジ色に近かい黄葉した様子が素晴らしいです。既に落ち葉が敷き詰められており、この時期が銀杏の一番の見頃かもしれま…

続きを読むread more

熊本市 熊本城の銀杏の黄葉(2020年)

2020年11月16日   熊本市 熊本城の銀杏の黄葉(2020年)  熊本地震で監物櫓(新堀櫓)も被害を受け復旧のため取り除かれたため、以前の様な櫓と銀杏の姿は見られませんが、綺麗に黄葉した姿を見ることができました。戌亥櫓横にも小さな銀杏があり、宇土櫓、天守閣を見られるポイントからはこの時期ならでは眺めを楽しめました。二の丸広場の銀…

続きを読むread more

熊本市 加藤神社・清正公お手植えの銀杏(2020年)

2020年11月16日   熊本市 加藤神社・清正公お手植えの銀杏(2020年)  加藤神社本殿右側奥にあります。この銀杏も加藤清正公お手植えと伝わっている通りの老木となっており、幹は朽ちて途中からは折れて無くなっているようです。そのため思うような黄葉した姿が見られないのが残念です。  本丸御殿前にも加藤清正公お手植えの銀杏があり、…

続きを読むread more

熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2020年)

2020年11月14日   熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2020年)  ランニングやウオーキングをされる方々も多い通路沿いに続く銀杏、まだ緑のままの銀杏もありましたが、今が一番の見頃と思われるように素晴らしい黄葉を楽しむことができました。  最後のバラ園に着いた時には薄暮となってしまい、点灯された街灯に色濃く見える黄葉…

続きを読むread more

美里町 穂積阿蘇神社の銀杏(2020年)

2020年11月13日   美里町 穂積阿蘇神社の銀杏(2020年)  この銀杏は黄葉するのが例年遅いので、黄葉が始まったばかりの感じでした。白の山茶花が沢山の花を見頃に咲かせていました。  10世紀半ば阿蘇惟泰公が砥用郷の総鎮守として阿蘇神社の分霊を勧請したのが起こりとされています。小西行長の兵火により焼失し衰退していたものを、慶…

続きを読むread more

美里町 小筵・吉見神社の公孫樹(2020年)

2020年11月13日   美里町 小筵・吉見神社の公孫樹(2020年)  まだ緑の部分も見られますが見頃に黄葉していました。柿も赤い実をならせていました。神社の屋根に黄葉が敷き詰められた様子も素晴らしいのですが、まだ早過ぎたようでした。  明治百年記念樹に指定されており、推定樹齢300年、幹回り4.2m、高さ20mの銀杏です。 …

続きを読むread more

美里町 小筵橋(こむしろばし)と銀杏(2020年)

2020年11月13日   美里町 小筵橋(こむしろばし)と銀杏(2020年)  石橋の小筵橋を挟むように植えられている銀杏が見頃に黄葉しており、素晴らしかったです。川まで下りて撮ってみましたが光の加減でうまく撮れませんでした。小筵橋は路面長 47m、幅2mの石橋で、美里町には30以上の石橋があるそうです。  駐車場にもなっています…

続きを読むread more

美里町 二俣五橋と銀杏(2020年)

2020年11月13日   美里町 二俣五橋と銀杏(2020年)  銀杏が見頃に黄葉しており、石橋との取り合わせも楽しむことができました。石橋の下にハートの模様が見えることから「恋人たち聖地」と親しまれるようになっていますが、生憎訪れる時間帯が遅かったのでハート模様は見ることができませんでした。正午前後が良いようです。 2019年 …

続きを読むread more

小国町 下城の大イチョウ(2020年)

2020年11月 9日   小国町 下城の大イチョウ(2020年)  国の天然記念物に指定されている樹齢千年を超える大銀杏です。樹齢もあって一番の黄葉の時期は短い様子で、なかなかこれはすごいという黄葉には巡り合えないでいます。今回もだいぶ散ってしまっていましたが、まだ綺麗な黄葉も残っていたので良しとしなければならないでしょう。  根…

続きを読むread more

阿蘇市 明行寺の公孫樹(2020年)

2020年11月 9日   阿蘇市 明行寺の公孫樹(2020年)  樹齢400年以上で西巌殿寺の公孫樹、長善坊の公孫樹とともに阿蘇の三大イチョウの一つに数えられています。既にだいぶ散っていましたが、まだ黄葉した姿を見ることができました。   樹齢を感じさせるように枝にはシダが生え、淡く紅葉している様子も趣を感じさせてくれます。シダの…

続きを読むread more

熊本市 熊本城・加藤清正お手植えの銀杏(2019年)

2019年11月30日   熊本市 熊本城・加藤清正お手植えの銀杏(2019年)  前回訪れた時に天守閣の横に黄葉した銀杏が見られたので、土・日曜日は特別公開日で天守閣近くまで行けるので入城してみました。  本丸御殿前にある「清正公お手植えの銀杏」が丁度見頃に黄葉し、オレンジ色のような濃い黄葉で木全体を覆った姿が素晴らしかったです。…

続きを読むread more

熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2019年)

2019年11月27日   熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2019年)  綺麗に黄葉している部分も多くなっていましたが、まだ緑も多く見られ、本当の見頃はまだ早かったです。この銀杏は例年12月に入ってから見頃となるので、その時には素晴らしい黄葉が見られそうでした。  根元には地表に根が張っている様子が見られ、正装姿の男性と女性像…

続きを読むread more

熊本市 熊本城の銀杏の黄葉(2019年)

2019年11月27日   熊本市 熊本城の銀杏の黄葉(2019年)  監物櫓近くの2本の銀杏などが見頃に黄葉していました。監物櫓は復旧のため解体され今年は見ることができませんでした。  今年の課題は、加藤神社の奥にある「加藤清正公お手植えの銀杏」の黄葉した姿を見ることでしたが、老木のため思うような黄葉は見られませんでした。天守閣横…

続きを読むread more

熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2019年)

2019年11月26日   熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2019年)  体育館を挟んで東西に銀杏が植えられており、東側には見頃の黄葉を見ることができました。和風庭園より西側はだいぶ散ってしまっていました。  銀杏の黄葉の横にはメタセコイアの針葉樹の紅葉した様子も見られ、駐車場脇のモミジバフウの紅葉も素晴らしかったです。…

続きを読むread more

熊本市 健軍神社の公孫樹(2019年)

2019年11月25日   熊本市 健軍神社の公孫樹(2019年)  社殿前にある「子宝の公孫樹」、根元にはひこばえが伸びており名前のいわれともなっているようです。例年12月に入ってから見頃となるので、まだ一番の見頃には早かったですが、だいぶ色付いてきていました。根も地表に現れている部分もあり、気根(樹乳)も見られ樹齢を感じさせてくれ…

続きを読むread more

熊本市 熊本県庁の銀杏(2019年)

2019年11月25日   熊本市 熊本県庁の銀杏(2019年)  熊本県庁プロムナードの銀杏、既に黄色の落ち葉がだいぶ敷き詰められていましたが、まだ見頃にオレンジ色のような濃い黄葉をした様子を楽しむことができました。『ONE PIECE』の主人公・ルフィ像も銀杏の下に見られました。  数日前に見頃のニュースがあり、だいぶ散ってしま…

続きを読むread more

阿蘇市 波野の「乳の木」(2019年)

2019年11月23日   阿蘇市 波野の「乳の木」(2019年)  名前の言われともなっている、背丈以上に伸びた気根(樹乳)が見事な公孫樹です。まだ黄葉の一番の見頃には早い感じでしたが、黄葉した姿を見られました。 『乳の木 (イチョウ) ふるさと熊本の樹木  昭和五十六年三月十二日登録  この樹には次のような伝説があります。 …

続きを読むread more

阿蘇市 西巌殿寺の公孫樹(2019年-2)

2019年11月23日   阿蘇市 西巌殿寺の公孫樹(2019年-2)  阿蘇市三大公孫樹に数えられる西巌殿寺の公孫樹、一番の見頃という感じで木全体が綺麗な黄葉に覆われていました。これから葉が散り黄葉が敷き詰められた様子も素晴らしいです。枝には樹齢を感じさせてくれる大きめの気根(樹乳)も見られます。  ちょうど見頃に黄葉していました…

続きを読むread more

阿蘇市 長善坊の公孫樹(2019年-2)

2019年11月23日   阿蘇市 長善坊の公孫樹(2019年-2)  過去の記事を振り返って見ると、今迄で一番の黄葉が見れた感じもしますが、前回よりは木全体が黄葉してきているものの、一番の見頃にまだ早いようでした。この木の本当の黄葉はなかなか見られないでいます。 2017年 長善坊の公孫樹前回訪問時 長善坊の公孫樹 …

続きを読むread more

阿蘇市 小里天満宮の公孫樹(2019年-2)

2019年11月23日   阿蘇市 小里天満宮の公孫樹(2019年-2)  明行寺、西巌殿寺、長善坊、山田八幡宮、三の宮の公孫樹、乳の木と阿蘇市の天然記念物に指定されている銀杏に次ぐ銀杏と考えられます。樹齢約2百年、周囲4mの銀杏です。  なかなか一番の見頃の黄葉を見られない銀杏で、まだ少し早い感じもしますが、今が一番の見頃かもしれ…

続きを読むread more