テーマ:イチョウ

熊本市 熊本城・加藤清正お手植えの銀杏(2019年)

2019年11月30日   熊本市 熊本城・加藤清正お手植えの銀杏(2019年)  前回訪れた時に天守閣の横に黄葉した銀杏が見られたので、土・日曜日は特別公開日で天守閣近くまで行けるので入城してみました。  本丸御殿前にある「清正公お手植えの銀杏」が丁度見頃に黄葉し、オレンジ色のような濃い黄葉で木全体を覆った姿が素晴らしかったです。…

続きを読むread more

熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2019年)

2019年11月27日   熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2019年)  綺麗に黄葉している部分も多くなっていましたが、まだ緑も多く見られ、本当の見頃はまだ早かったです。この銀杏は例年12月に入ってから見頃となるので、その時には素晴らしい黄葉が見られそうでした。  根元には地表に根が張っている様子が見られ、正装姿の男性と女性像…

続きを読むread more

熊本市 熊本城の銀杏の黄葉(2019年)

2019年11月27日   熊本市 熊本城の銀杏の黄葉(2019年)  監物櫓近くの2本の銀杏などが見頃に黄葉していました。監物櫓は復旧のため解体され今年は見ることができませんでした。  今年の課題は、加藤神社の奥にある「加藤清正公お手植えの銀杏」の黄葉した姿を見ることでしたが、老木のため思うような黄葉は見られませんでした。天守閣横…

続きを読むread more

熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2019年)

2019年11月26日   熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2019年)  体育館を挟んで東西に銀杏が植えられており、東側には見頃の黄葉を見ることができました。和風庭園より西側はだいぶ散ってしまっていました。  銀杏の黄葉の横にはメタセコイアの針葉樹の紅葉した様子も見られ、駐車場脇のモミジバフウの紅葉も素晴らしかったです。…

続きを読むread more

熊本市 健軍神社の公孫樹(2019年)

2019年11月25日   熊本市 健軍神社の公孫樹(2019年)  社殿前にある「子宝の公孫樹」、根元にはひこばえが伸びており名前のいわれともなっているようです。例年12月に入ってから見頃となるので、まだ一番の見頃には早かったですが、だいぶ色付いてきていました。根も地表に現れている部分もあり、気根(樹乳)も見られ樹齢を感じさせてくれ…

続きを読むread more

熊本市 熊本県庁の銀杏(2019年)

2019年11月25日   熊本市 熊本県庁の銀杏(2019年)  熊本県庁プロムナードの銀杏、既に黄色の落ち葉がだいぶ敷き詰められていましたが、まだ見頃にオレンジ色のような濃い黄葉をした様子を楽しむことができました。『ONE PIECE』の主人公・ルフィ像も銀杏の下に見られました。  数日前に見頃のニュースがあり、だいぶ散ってしま…

続きを読むread more

阿蘇市 波野の「乳の木」(2019年)

2019年11月23日   阿蘇市 波野の「乳の木」(2019年)  名前の言われともなっている、背丈以上に伸びた気根(樹乳)が見事な公孫樹です。まだ黄葉の一番の見頃には早い感じでしたが、黄葉した姿を見られました。 『乳の木 (イチョウ) ふるさと熊本の樹木  昭和五十六年三月十二日登録  この樹には次のような伝説があります。 …

続きを読むread more

阿蘇市 西巌殿寺の公孫樹(2019年-2)

2019年11月23日   阿蘇市 西巌殿寺の公孫樹(2019年-2)  阿蘇市三大公孫樹に数えられる西巌殿寺の公孫樹、一番の見頃という感じで木全体が綺麗な黄葉に覆われていました。これから葉が散り黄葉が敷き詰められた様子も素晴らしいです。枝には樹齢を感じさせてくれる大きめの気根(樹乳)も見られます。  ちょうど見頃に黄葉していました…

続きを読むread more

阿蘇市 長善坊の公孫樹(2019年-2)

2019年11月23日   阿蘇市 長善坊の公孫樹(2019年-2)  過去の記事を振り返って見ると、今迄で一番の黄葉が見れた感じもしますが、前回よりは木全体が黄葉してきているものの、一番の見頃にまだ早いようでした。この木の本当の黄葉はなかなか見られないでいます。 2017年 長善坊の公孫樹前回訪問時 長善坊の公孫樹 …

続きを読むread more

阿蘇市 小里天満宮の公孫樹(2019年-2)

2019年11月23日   阿蘇市 小里天満宮の公孫樹(2019年-2)  明行寺、西巌殿寺、長善坊、山田八幡宮、三の宮の公孫樹、乳の木と阿蘇市の天然記念物に指定されている銀杏に次ぐ銀杏と考えられます。樹齢約2百年、周囲4mの銀杏です。  なかなか一番の見頃の黄葉を見られない銀杏で、まだ少し早い感じもしますが、今が一番の見頃かもしれ…

続きを読むread more

美里町 二俣五橋と銀杏(2019年)

2019年11月20日   美里町 二俣五橋と銀杏(2019年)  2つの石橋と3つの橋が見られるため二俣五橋と言われています。銀杏は多いわけではありませんが、黄葉した銀杏と石橋との眺めが素晴らしい場所です。  石橋のアーチの下にハートの影ができることで「恋人の聖地」として人気スポットになっています。2月頃まで正午前から午後2時まで…

続きを読むread more

美里町 小筵橋(こむしろばし)と銀杏(2019年)

2019年11月20日   美里町 小筵橋(こむしろばし)と銀杏(2019年)  石橋を挟んで植えられた銀杏は見頃になっていましたが、石橋は陽の加減と銀杏の影となってしまいうまく撮れませんでした。  小筵橋は路面長 47m、幅2mの石橋で、まだ生活道路として利用されています。 2017年 小筵橋と銀杏北側からの石橋 …

続きを読むread more

美里町 小筵・吉見神社の公孫樹(2019年)

2019年11月20日   美里町 小筵・吉見神社の公孫樹(2019年)  まだ緑の枝も見られましたが見頃に近く黄葉してきていました。例年ですと散った黄葉が神社の屋根や地面に敷き詰められた様子が見られるのですが、暖冬で遅れたのかまだ散った葉は少なかったです。  推定樹齢300年、幹回り4.2m、高さ20mの銀杏です。 2018年 …

続きを読むread more

美里町 穂積阿蘇神社の銀杏(2019年)

2019年11月20日   美里町 穂積阿蘇神社の銀杏(2019年)  この銀杏は、樹齢もまだ若いのか,黄葉の見頃が例年遅いので、まだ黄葉を始めたばかりの感じで、緑の葉が黄色くなり始めた所でした。  白の山茶花がまだ見頃に咲いていました。 2018年 穂積阿蘇神社の銀杏 気根(樹乳)も小さいながら見られ…

続きを読むread more

山都町 新小地区の銀杏(2019年)

2019年11月20日   山都町 新小地区の銀杏(2019年)  矢部町内から鮎の瀬大橋に向かう途中、観音堂の前に見頃に黄葉した銀杏が見られました。毎年綺麗に黄葉した姿が見られます。  尚、少し鮎の瀬大橋本面に行った小ケ蔵集落への交差点付近に小さな人形7体がユニークな可愛らしさを醸し出しながら並んでいました。 2011年 鮎の瀬…

続きを読むread more

山都町 犬飼の大イチョウ(2019年)

2019年11月20日   山都町 犬飼の大イチョウ(2019年)  訪れるのが早かったり遅かったりで、なかなか見頃の黄葉に巡り合えない銀杏です。まだ早いものの全体が黄葉してきている姿を見ることができました。銀杏の近くにはヤマラッキョウなどの花も見られました。 『犬飼 大イチョウ (御霊木)  ・樹高 27m   ・周囲 7m  …

続きを読むread more

高森町 高尾野阿弥陀堂の大銀杏(2019年)

2019年11月16日   高森町 高尾野阿弥陀堂の大銀杏(2019年)  斜面の上にある阿弥陀堂の前にある堂々たる大銀杏です。正面の高い所から見る黄葉した銀杏は素晴らしく、根元の上には樹齢を感じさせる気根(樹乳)も多く見ることができました。隣にはモミジもまだ少し早い感じでしたが紅葉しており、銀杏の黄葉との取り合わせも素晴らしかったで…

続きを読むread more

小国町 下城の大イチョウ(2019年)

2019年11月15日   小国町 下城の大イチョウ(2019年)  既に散ってしまっているものと思って訪れたのですが、暖かな日が続いていることもあってか、まだ綺麗な黄葉が多く残っており大銀杏の黄葉を楽しむことができました。  樹齢は千年を超え、根元の周囲は約21m、幹囲は10m、樹高は25mという大銀杏で、国の天然記念物に指定され…

続きを読むread more

阿蘇市 長善坊の公孫樹(2019年)

2019年11月15日   阿蘇市 長善坊の公孫樹(2019年)  この公孫樹は黄葉するのが遅く、いつ黄葉するのだろうという感じで緑の葉に覆われていることが多く、なかなか黄葉した姿に巡り合えません。それでも一部の枝は見頃に綺麗に黄葉しており、木全体がこんな黄葉に覆われた姿を見てみたいものです。 『長善坊の公孫樹  田園空間博物館の説…

続きを読むread more

阿蘇市 小里天満宮の公孫樹(2019年)

2019年11月15日   阿蘇市 小里天満宮の公孫樹(2019年)  樹齢約200年、周囲4mという銀杏です。まだ少し早い感じでしたが黄葉しており、前に桜の紅葉か彩りを添えていました。暖冬で桜の葉も残っていたのでしょうか?  良く見ると小さな気根(樹乳)もいくつか見ることができました。 2017年 小里天満宮の公孫樹 …

続きを読むread more

阿蘇市 明行寺の公孫樹(2019年)

2019年11月15日   阿蘇市 明行寺の公孫樹(2019年)  樹齢400年以上という公孫樹がちょうど見頃に黄葉して素晴らしかったです。枝には淡く紅葉したシダも見られ樹齢を感じさせてくれます。横には同じく阿蘇市の天然記念物に指定されている山茱萸(サンシュユ)が赤い実をいっぱいならせていました。   夏目漱石の小説『二百十日』の「…

続きを読むread more

熊本市 加藤神社・清正公お手植えの銀杏

2019年 3月30日   熊本市 加藤神社・清正公お手植えの銀杏  熊本城内にある加藤神社の裏側に行ってみると、「清正公お手植えの樹」ということで。根元の幹だけが残っているような銀杏があり、次のような説明がされていました。  本丸御殿前にある清正公お手植えの銀杏は、今でも西南の役で火災にあった痕も見られながら、育ったひこばえが見事…

続きを読むread more

熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2018年-2)

2018年11月30日   熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2018年-2)  ようやく全体が黄葉し見頃となっていました。平家落人の墓標として植えられたものと伝えられ、幹囲14メートル、樹高は42メートルある大銀杏です。根元には滴水東屋敷の板碑や五輪塔があり、境内の奥には阿弥陀堂もあります。 前回訪問時 滴水の銀杏     2…

続きを読むread more

熊本市 笛田神社の大銀杏(2018年)

2018年11月29日   熊本市 笛田神社の大銀杏(2018年)  昔から「お宮の大いちょう」として人々に親しまれてきた銀杏のようで、今では難しいかもしれませんが、熊本城からも見えたという樹齢約500年の銀杏です。なかなか黄葉しないのですが見頃になったようで綺麗な黄葉が見られました。木の下には北村西望作の「天女の笛」像も見る事ができ…

続きを読むread more

熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2018年)

2018年11月26日   熊本市植木町 「滴水の銀杏」の黄葉(2018年)  まだ一番の黄葉には早くまだ緑の部分も見られるものの、見頃になってきていました。根元には小佐井揚部頭の板碑や五輪塔があり、根に取り込まれているものも見られ歴史の移り変わりを感じさせてくれるようです。幹には大きな気根(樹乳)も見られ、地面には根も張り巡らされた…

続きを読むread more

合志市 油古閑観音堂の銀杏

2018年11月26日   合志市 油古閑観音堂の銀杏  合志三十三観音第二十二番札所の油古閑観音堂前に、まだ見頃に黄葉した銀杏が見られました。気根(樹乳)も見られたので、樹齢もそれなりに経っているものと思われます。  偶然通りかかったら銀杏が黄葉しているのが見られたので寄ってみました。       場 所 

続きを読むread more

熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2018年)

2018年11月26日   熊本市 熊本県民総合運動公園の銀杏の黄葉(2018年)  今年はまだ銀杏の黄葉が見頃に残っている所が多く、公園内を東西に抜ける通路を歩いていても綺麗な黄葉が楽しめました。  メタセコイアでしょうか?銀杏の隣に赤茶色に紅葉した針葉樹も見られ、お互いに引き立たせているようでした。 2017年 熊本県民総合…

続きを読むread more

山都町 犬飼の大イチョウ(2018年)

2018年11月23日   山都町 犬飼の大イチョウ(2018年)  まだ木全体が黄葉した姿を、黄葉の期間が短いのか見たことがありません。今年も既に散ってしまい、わずかに残った黄葉が見られただけでした。  地区の南側田圃の中の一段高い所に、堂々たる銀杏を山などを背景に見ることができます。 『犬飼 大イチョウ(御霊木)    …

続きを読むread more

美里町 穂積阿蘇神社の銀杏(2018年)

2018年11月23日   美里町 穂積阿蘇神社の銀杏(2018年)  やはり一番の黄葉を見られる時期は遅いようです。だいぶ色付いては来ていたものの、まだ見頃にはすこし早かったです。  穂積阿蘇神社は、阿蘇惟泰公によって天慶年間(938年 - 947年)、阿蘇神社の分霊を勧請したのが起こりとされており、天正年間(1573年 - 15…

続きを読むread more

美里町 小筵・吉見神社の公孫樹(2018年)

2018年11月23日   美里町 小筵・吉見神社の公孫樹(2018年)  神社の屋根などには綺麗な黄葉降り積もり、だいぶ散ってしまっていましたが、まだ残った黄葉を見ることができました。銀杏の黄色と柿の赤い実との取り合わせも秋を感じさせてくれました。  明治百年記念樹に指定されており、推定樹齢300年、幹回り4.2m、高さ20mの銀…

続きを読むread more