テーマ:阿蘇市

阿蘇市 明行寺の公孫樹(2018年)

2018年11月 7日   阿蘇市 明行寺の公孫樹(2018年)  既に一番の見頃は過ぎだいぶ散っていましたが、まだ綺麗な黄葉が見られました。樹齢400年以上を感じさせるように枝に生えたシダも綺麗に紅葉していました。  心無い観光客か、樹皮を剥ぎ取る行為があるようで「吾輩も寒いので わたしのコートをぬがさないで 漱石より」のお願いも…

続きを読むread more

阿蘇市 産神社の紅葉(2018年)

2018年11月 7日   阿蘇市 産神社の紅葉(2018年)  社殿の裏にまとまった紅葉が見られますが、一番の見頃にはまだ早い感じでした。社殿の横には澄み切った水をたたえた池もあり、雰囲気の良い場所です。銀杏は見頃に黄葉していました。  社殿の左側には、数年に1度乳白色の水が湧き出すと言われる「乳水の池」があり、今までなかった案内…

続きを読むread more

阿蘇市 的石御茶屋跡の紅葉(2018年)

2018年11月 7日   阿蘇市 的石御茶屋跡の紅葉(2018年)  ちょうど見頃の紅葉が見られ素晴らしかったです。ここの魅力は御茶屋跡の池や、隼鷹天満宮横池の透き通った水に映る紅葉です。隼鷹天満宮横は淡い紅葉ですが、これはこれで趣があります。  熊本地震で倒れた入り口の鳥居も修復されていました。 2017年 的石御茶屋跡の紅葉…

続きを読むread more

阿蘇市 阿蘇山麓のユウスゲ(2018年)

2018年 7月26日   阿蘇市 阿蘇山麓のユウスゲ(2018年)  阿蘇パノラマライン東登山道を上って行き、南外輪山や米塚が右に見られる草原にユウスゲが見られます。2012年の集中豪雨前までは群生した姿を見られたのですが、その後は花が少なくなってしまっているのがちょっと残念です。  着いたのが16時前、名前の通り夕方にしか開花…

続きを読むread more

阿蘇市 手野地区のヒマワリ

2018年 7月26日   阿蘇市 手野地区のヒマワリ  国造神社のおんだ祭りの行列の途中、畑にヒマワリが育てられているのが見られたので撮ってみました。すぐ背後に見える阿蘇北外輪山、阿蘇谷の向こうに見える阿蘇山をバックに咲くヒマワリを見たかったです。  花の咲いた所を紹介すれば良いのですが、ついつい失念しており、再訪することができま…

続きを読むread more

阿蘇市 国造神社のおんだ祭り-2

2018年 7月26日   阿蘇市 国造神社のおんだ祭り-2  昼休みで午後2時から再開、どこからともなく人が集まって来ました。おんだ歌が歌われ祭の再開です。神輿を担ぐ若者組と少し年長者の歌いぷりはやはり年季が違がうようです。 おんだ祭り(国造神社)国造神社のおんだ祭り-1     2013年 国造神社と手野の大杉2015年 阿蘇神…

続きを読むread more

阿蘇市 国造神社のおんだ祭り-1

2018年 7月26日   阿蘇市 国造神社のおんだ祭り-1  国造神社のおんだ祭り(御田祭)は、阿蘇の神々が稲の生育ぶりを見て廻られるのだそうです。行列の呼び物は、全身白装束で神様の食事を頭に運ぶ宇奈利(うなり)行列です。  何時からお祭りが始まるのかも分からずに着くと、道路沿いにも駐車されており、少し離れた場所に駐車しました。参…

続きを読むread more

阿蘇市 阿蘇山上付近のミヤマキリシマ(2018年)

2018年 5月24日   阿蘇市 阿蘇山上付近のミヤマキリシマ(2018年)  久しぶりの晴天に恵まれて、ミヤマキリシマが草千里付近から阿蘇山上付近、更に南登山道を南阿蘇村へと入った場所にもピンクの花を咲かせていました。  特に、草千里からは頂上から裾野まで花の咲いた様子が見られる烏帽子岳が素晴らしかったです。阿蘇山上駅直下のミヤ…

続きを読むread more

阿蘇市 はな阿蘇美・ローズガーデン(2018年)

2018年 5月24日   阿蘇市 はな阿蘇美・ローズガーデン(2018年)  由布院からの帰り道、先を急ぎたかったので温室の中は見なかったのですが、外のバラが、トンネルのアンジェリカ初め見頃に咲いていました。レースフラワーの白い花も咲き素晴らしかったです。 2015年 はな阿蘇美・ローズガーデン            …

続きを読むread more

阿蘇市 波野の大桜(2018年)

2018年 4月 8日   阿蘇市 波野の大桜(2018年)  まだ咲き始めで、木全体が白っぽく蕾が開いてきているところでした。隣の染井吉野はまだ満開前ですが見頃となっていました。 『エドヒガンの性質を受け継いだ交雑種、花は純白、一重咲きで自生種   高さ: 約20m    幹周: 約3.8m   葉張: 南北15m、東西10m…

続きを読むread more

阿蘇市 波野・仁田水牧野の牛神桜(2018年)

2018年 4月 8日   阿蘇市 波野・仁田水牧野の牛神桜(2018年)  木全体が花に覆われているものの、満開にはまだ数日という感じでした。樹齢約70年、切られた桜の根元から伸びたひこばえが12本幹となり、こんもりした姿の桜です。満開時には地区の方々が集まって花見をされるようです。  近くに同じような姿をした若木の桜もあり、野…

続きを読むread more

阿蘇市 波野・阿蘇望橋から箱石峠の桜(2018年)

2018年 4月 8日   阿蘇市 波野・阿蘇望橋から箱石峠の桜(2018年)  外輪山の高い場所にあるので、同じ阿蘇でも桜の開花も遅れます。まだ数日早いとは思ったのですが、山都町に野焼き支援ボランティアで行った帰り、「牛神桜」見たさに通りかかった道路沿いの桜を撮ってみました。  桜は咲いては来ているものの、満開にはまだ数日という感…

続きを読むread more

阿蘇市 阿蘇北外輪山のキスミレ(2018年)

2018年 4月 3日   阿蘇市 阿蘇北外輪山のキスミレ(2018年)  今まで、「長寿ケ丘公園」の背後にそびえ立つ岩山を兜岩とばかり思っていましたが、兜岩はもっと東側にあるようです。その岩山も頂上から崩れていますが、今年は野焼きも無事行われたようです。野焼きの後の黒い山肌に黄色のスミレが群生して咲く眺めは素晴らしいものです。今年は…

続きを読むread more

阿蘇市 長寿ケ丘公園の桜(2018年)

2018年 4月 3日   阿蘇市 長寿ケ丘公園の桜(2018年)  今年も一斉に見頃を迎え素晴らしい桜を見られました。桜越しの阿蘇山や、阿蘇北外輪山の眺め、ちょうど夕日の時間になり北外輪山に沈む夕日に輝く桜も素晴らしかったです。公園入り口側にも大きなコブシも見頃に咲いていました。  熊本地震の被害で、ここから上のオートバイでのツー…

続きを読むread more

阿蘇市 浄土寺牧公園の桜(2018年)

2018年 4月 3日   阿蘇市 浄土寺牧公園の桜(2018年)  昨年は桜の開花が随分遅れ、今年は早くに咲き、不思議なことに例年は見頃が2回に分かれるのですが、2年続きで一斉に咲き揃った桜を見ることができ素晴らしかったです。ここには染井吉野は下の道路沿いにあるぐらいで、個々の名前は分かりませんが色々な桜があるようです。 『浄土寺…

続きを読むread more

阿蘇市 坂梨の梅園(2018年)

2018年 3月18日   阿蘇市 坂梨の梅園(2018年)  今まで満開を過ぎてしまった花しか見れていなかったのですが、今回は満開に近い花を見ることができました。約35アールの畑に約150本の「南光」「玉英」など4種類の梅が植えられているそうです。  阿蘇野焼き支援ボランティアに行く途中、時間があったので寄ってみましたが、まだ早朝…

続きを読むread more

阿蘇市 的石御茶屋跡の紅葉(2017年-2)

2017年11月21日   阿蘇市 的石御茶屋跡の紅葉(2017年-2)  既に手前の池周りの紅葉はだいぶ散ってしまっていました。奥の隼鷹天満宮横の池にはまだ紅葉が池面に映っていて素敵でした。  今年は、急に寒くなりすぎたのが原因か、真っ赤に紅葉した様子は見られずに終わってしまったようです。 前回訪問時 的石御茶屋跡の紅葉  …

続きを読むread more

阿蘇市 西巌殿寺の紅葉と公孫樹(2017年)

2017年11月21日   阿蘇市 西巌殿寺の紅葉と公孫樹(2017年)  大きなモミジの真っ赤な素晴らしい紅葉が見られる年もあるのですが、急に寒くなりすぎて枯れたような黒っぽい紅葉で短期間で散ってしまいそうでした。  訪れた時に落ち葉を片付けられていましたが、ここ数日の真冬のような寒さに一挙に散ってしまったようで、たまった落ち葉を…

続きを読むread more

阿蘇市 長善坊の公孫樹(2017年)

2017年11月21日   阿蘇市 長善坊の公孫樹(2017年)  この銀杏は樹齢約400年、幹廻り7m、根回り13mという古木なのに、なかなか黄葉した姿を見られません。19日に急激に寒くなったこともあり、黄葉せずに一挙に散ったようで、黄緑の葉が敷き詰められていました。 2014年 長善坊の公孫樹 場 所

続きを読むread more

阿蘇市 小里天満宮の公孫樹(2017年)

2017年11月13日   阿蘇市 小里天満宮の公孫樹(2017年)  車から見ると綺麗に黄葉しているように見えたのですが、半分ぐらいは黄葉しているのですが半分はまだ緑で、見頃にはいましばらくという感じでした。樹乳(気根)もできており、それなりの樹齢を感じさせてくれます。 2014年 小里天満宮の公孫樹             …

続きを読むread more

阿蘇市 明行寺の公孫樹(2017年)

2017年11月13日   阿蘇市 明行寺の公孫樹(2017年)  急激に寒くなったので、黄葉してぱっと散ったのでしょうか?残念なことに見頃は過ぎており、黄葉が敷き詰められていました。このような情景も素晴らしいです。  樹齢400年以上と言われ、それを表すかのように着生したシダも紅葉した様子も見ることができました。 2016年 明…

続きを読むread more

阿蘇市 産神社の紅葉(2017年)

2017年11月13日   阿蘇市 産神社の紅葉(2017年)  社殿の裏のモミジが見頃になれば素晴らしいのでしょうが、紅葉の時期が遅い様子でなかなか綺麗な紅葉は見ることができません。熊本地震で湧水が多くなったという広い池は水が澄み、十数年ごとに乳白色の水が湧くといわれる小さな池にもごとごとと音を立てて水が湧いていました。また以前のよ…

続きを読むread more

阿蘇市 的石御茶屋跡の紅葉(2017年)

2017年11月13日   阿蘇市 的石御茶屋跡の紅葉(2017年)  まだ見頃でしたが、一番の見頃は過ぎたかな?の様子で、真っ赤な紅葉は見ることができませんでした。奥の 隼鷹天満宮横の池には、淡い紅葉が透き通った水面に映る姿が素晴らしかったです。これで晴れていればもっとすばらしいのでしょうが、ちょっと残念でした。  10月30日…

続きを読むread more

阿蘇市 阿蘇山とススキ(2017年)

2017年10月 5日   阿蘇市 阿蘇山とススキ(2017年)  南阿蘇村から阿蘇山上までの阿蘇パノラマライン南登山道が10月4日に開通したばかり、この時期阿蘇山麓は日に銀色に輝くススキが素晴らしい時期、ススキの多い北登山道も早く開通して欲しいです。南登山道の開通で阿蘇市から阿蘇山上に上り、南阿蘇村に下ることができるようになったので…

続きを読むread more

阿蘇市 一の宮のそば畑(2017年)

2017年10月 4日   阿蘇市 一の宮のそば畑(2017年)  満開は過ぎていましたが、畑一面に白い花が咲いた様子は見られました。こんな所にこんなそば畑があるんだと思わせるような場所ですが、阿蘇山がバックに見えるなかなかの場所です。  波野のそば畑が花は終わっていたので、ここも同様かなと思ったのですが寄ってみました。例年とは半月…

続きを読むread more

阿蘇市 道の駅・波野 神楽苑近くのヒマワリ(2017年)

2017年10月 4日   阿蘇市 道の駅・波野 神楽苑近くのヒマワリ(2017年)  道の駅・波野 神楽苑近く、産山村への交差点脇にヒマワリが見頃になりかけていました。昨年の記事を見ると9月19日には満開に咲いていたので今年は遅かったようです。  狭い場所ですが、こうして花が見られると心が和みます。光の関係もあり、写真が思うように…

続きを読むread more

阿蘇市 波野のそば畑とツリフネソウ(2017年)

2017年10月 4日   阿蘇市 波野のそば畑とツリフネソウ(2017年)  残念なことに、帯のように丘の上に続くそば畑は、既に花は終わった状況でした。隣の杉林の下には、ハガクレツリフネソウが林の中を覆い隠すように咲いていました。日陰なので思うような写真が撮れないのが残念でした。  2日ほど前にNHKで「まだ見頃」と放送されていた…

続きを読むread more

阿蘇市 長寿ケ丘公園のツツジ(2017年)

2017年 5月10日   阿蘇市 長寿ケ丘公園のツツジ(2017年)  訪れる人は居ないに等しいのかもしれませんが、ツツジは満開に近い見頃となっていました。例年ですと背後の外輪山も野焼き後の新緑に包まれているのですが、野焼きもできずにススキが立ち枯れた黄色と兜岩の頂上から崩れている変わり果てた風景となっています。ここから先、ライダー…

続きを読むread more

阿蘇市 波野のスズラン自生地(2017年)

2017年 5月10日   阿蘇市 波野のスズラン自生地(2017年)  スズランの自生地の南限とされています。まだ花の時期には早く、やっと蕾を出し始めたものがあるという状況でした。丘に沿ってスズランはいっぱい育っているので、花をたくさん咲かせて欲しいです。  スズランに代わって、サクラソウ、ツクシシオガマ、ヒトリシズカなどの花が見…

続きを読むread more

阿蘇市 波野・ふれあい公園の藤(2017年)

2017年 5月10日   阿蘇市 波野・ふれあい公園の藤(2017年)  「全長800mの藤棚は国内最大級。4月~5月には100種類の藤色や白のかれんな藤の花が咲き、見事な眺めとなる」と説明されていますが、木製の棚も朽ちてきて、鋼材で造り替えられたようです。今まであった藤は幹を残して切られており、小さな苗が植えられていましたが、今迄…

続きを読むread more