テーマ:世界遺産

五島列島3島周遊-2

2018年 4月22日   五島列島3島周遊-2  旅も二日目、今日は点在する島にある教会などを見て歩きます。 福江魚市場の見学  7時過ぎにホテルを出発。福江魚市場でのセリの様子を見学。仲買人が魚を囲み品定め、並んだ魚があっという間にセリ落とされていきました。 キビナゴもありこれから食べさせてもらえるようです。近くの漁師食堂で漁…

続きを読むread more

宇城市 世界遺産 三角西港(2017年)

2017年 1月25日   宇城市 世界遺産 三角西港(2017年)  2015年7月に世界遺産に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の1ケ所として登録されました。1884年(明治17年)にオランダ人技師ローウェンホルスト・ムルドルによるふ頭壁の設計、背後地の都市計画などの指導により、日本の伝統的石工技術を生かして建…

続きを読むread more

宇城市 三角西港での「みすみ浪漫クルーズ」

2014年10月27日   宇城市 三角西港での「みすみ浪漫クルーズ」  世界遺産候補の三角西港と三角東港を結ぶ定期航路の開拓に向けて、社会実験として11月30日まで無料体験ができるとのことで訪ねてみました。途中JRの豪華な「A列車で行こう」の走る姿も見ながら三角西港へ、石積埠頭前にある港の倉庫を改装したレストランでをちょっと急ぎなが…

続きを読むread more

沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-15 斎場御嶽(せーふぁうたき) 

2013年 2月13日   沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-15 斎場御嶽(せーふぁうたき)  バスの運転手さんが行き方や帰りの停留所を教えてくれ、遅い昼食のため道路近くの食堂に入ると、斎場御嶽のガイドをされているおじさんとお会いでき、「斎場御嶽は聖地で祈りの場、聖地であることを忘れずに1時間ぐらい時間をかけてゆっくりと見て欲しい。」と…

続きを読むread more

沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-14 中城城跡 

2013年 2月13日   沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-14 中城城跡 『中城城の築城年代は不明ですが、14世紀後半に先中城按司が数世代に渡って築き、1440年頃に座喜味城主「読谷山按司:護佐丸」が王府の命令により移ってきて、1458年に自刃するまでの間に、北の郭、三の郭を当時の最高の築城技術で増築したと伝えられています。』  沖…

続きを読むread more

沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-12 勝連城跡 

2013年 2月12日   沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-12 勝連城跡  勝連城跡近くになると、正面の山の上に石垣が見えてきました。今迄見てきた城跡とは異なり、丸裸の山の上に築かれた城で、どことなく趣きがあります。途中からは海が見え、上まで上ると良く見渡せました。 今帰仁城跡で国内100城を巡って歩いておられるご夫婦に会ったことも…

続きを読むread more

沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-11 座喜味城跡

2013年 2月12日   沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-11 座喜味城跡  駐車場から丘を上った所にこじんまりとしてはいるものの、2つの石垣に囲まれ、それぞれに石の門がある、なかなか石垣の曲線美も綺麗な城でした。   案内はあるものの地区内の細い道を上った所に駐車場がありました。 『国指定史跡  座喜味城跡    1972年5月…

続きを読むread more

沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-8 今帰仁(なきじん)城跡

2013年 2月12日   沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-8 今帰仁(なきじん)城跡  14世紀、沖縄が「三山鼎立の時代」北部地域を北山、南部地域を中山、南部地域を南山の三勢力が治めていた時代、北山王がこの今帰仁城を拠点に支配していました。1416年(1422年説も)に中山の尚巴志によって滅ぼされます。その後は北部地域の管理のために中…

続きを読むread more

沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-7 再び首里城

2013年 2月11日   沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-7 再び首里城  時間に余裕があったので、首里駅まで友達に同行してもらって、その後は単独で、こんどは石垣沿いに歩いてみました。やはり城を見る時に、石垣がとても魅力なのですが、沖縄の城はどこか西洋のお城を見ているような、万里の長城を思い起こさせるような、直線的ではなくカーブを描い…

続きを読むread more

沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-6 識名園

2013年 2月11日   沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-6 識名園  お花見を終えた後、2人でタクシーにて識名園に行ってみました。識名園は中国からの冊封使をもてなす場所としても使われたそうで、海の見える場所ではなく沖縄が大きな国と思わせるように考えられていたようです。御殿の前には大きな池があり、ここに船を浮かべたりしてもてなしたよう…

続きを読むread more

沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-3 首里城公園の周辺2 玉陵(たまうどぅん)

2013年 2月11日   沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-3 首里城公園の周辺2 玉陵(たまうどぅん)  首里城・守礼門を見た後に、交差点から200m?程下った所にある玉陵(たまうどぅん)を見学させて頂きました。 「尚真王が父尚円の遺骨を納めるため、1501年造営した王家の陵墓」だそうで、戦争で壊されてしまったものが復元されたそうです…

続きを読むread more

沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-2 首里城公園の周辺1

2013年 2月11日   沖縄 城(ぐすく)めぐりの旅-2 首里城公園の周辺1  モノレールの終着「首里駅」で下りて、首里城に向かって行くと電動式のレンタサイクルがあったので、一人は首里城内の見学、二人で自転車で首里城を一周して見ることにしました。以前から電動自転車の威力は聞いていましたが、相当な急坂でも登って行けたからその威力に驚…

続きを読むread more

インド レッド・フォート(ラール・キラー)

2008年12月 9日   インド レッド・フォート(ラール・キラー)  ただ立ち寄って城壁の外から眺めただけですが、レッド・フォートと呼ばれるように赤砂岩で囲まれた綺麗なお城でした。  ムガル帝国第5代シャー・ジャハーンがアグラからデリーに都を戻し、その中心となったのがラール・キラーです。ちょうど夕日が綺麗でした。   …

続きを読むread more

インド フマユーン廟

2008年12月 9日   インド フマユーン廟  ムガル帝国第2代皇帝フマユーンの廟です。1565年王妃により建造されました。赤砂岩に白の大理石の模様が美しい左右対称の建物です。また、最近整備されたのでしょうか?噴水が四方にあり、どこから見ても同じ様に見えるから素晴らしいです。 門   フマユーン廟    実際のお墓は…

続きを読むread more

インド クトゥープ・ミナール

2008年12月 9日   インド クトゥープ・ミナール  早朝にアグラを出発し霧の中デリーに、南デリーにあるクトゥープ・ミナールに向かいました。  12世紀奴隷王朝のクトゥプウッディーン・アイバクにより、ヒンドゥー教徒に対する勝利を記念して建てられ、デリーで一番高い塔で、現在72.5m有るそうです。周りには破壊されたヒンドゥー教寺…

続きを読むread more

インド ファテプール・シクリ

2008年12月 8日   インド ファテプール・シクリ  アグラーからバスで約1時間(39㎞)走って行くと、前方に城壁が見えてきます。3㎞×1.5㎞という広大な都が城壁に囲まれていたようです。ここも他の遺跡と同様に、電気バスに乗り換えてお城の中に入ります。  1576年にアクバル帝により築かれました。お城の中に入って、今までの遺跡…

続きを読むread more

インド アグラ城

2008年12月 8日   インド アグラ城  アクバル帝により1565年に築かれた城です。バスで近くまで行くと、周りを取り囲む赤砂岩の城壁が見えてきます。まず入り口に大きな立派な赤い門、入ると大きな門があり、緑、黄色等の綺麗な色彩の模様が描かれています。更に仕切られた通路を進むと、ここからがお城の中という感じで、広々とした中に一般向…

続きを読むread more

インド・アグラ タージマハル

2008年12月 8日   インド・アグラ タージマハル  インドと言えばタージマハル。今回の旅の第一の目的はタージマハルを見ることでした。宮殿のような王妃のためのお墓。ムガル帝国第5代皇帝シャージャハーンによって熱愛した王妃アルジュマンド・バースー・ベーガム(ムムターズ・マハル)のために1653年に22年の歳月を費やして完成したお墓…

続きを読むread more

インド カジュラホの寺院群

2008年12月 7日   インド カジュラホの寺院群  ヒンドゥー教美術の最高傑作といわれる寺院群。西群、東群、南群と地区が分かれています。今回は西群と東群の寺院を観光しました。  西群の寺院群はエロティックな彫刻で知られますが、これだけおおらか?に彫刻されていると説明をされながらも笑えるから不思議です。それにしても寺院(塔)の壁…

続きを読むread more

インド サンチーの仏教遺跡

2008年12月 6日   サンチーの仏教遺跡  寝台列車で午前4時位にヴィティシャ駅に着いた後、ホテルにて荷物の整理と早い朝食。ホテルの停電で心配しながらも7時前にはサンチーの仏教遺跡に到着しました。  紀元前3世紀にアショカ王によって建立された塔を紀元前2~1世紀頃に拡張されて完成したストゥーパ3基といくつかの小さなストゥーパが…

続きを読むread more

インド アジャンタの石窟寺院

2008年12月 5日   インド アジャンタの石窟寺院   紀元前1世紀の上座部仏教期の石窟と、5世紀に造られた大乗仏教期の石窟がワーグラー渓谷に並んで30窟あります。1819年トラ狩に来たイギリス騎兵隊士官によってジャングルの中に発見されたそうです。  各石窟は細密な美しい壁画、天井画、仏像等を見ることができました。内部はフラッ…

続きを読むread more

インド エローラ石窟寺院群

2008年12月 4日   インド エローラ石窟寺院  7~8世紀に作られた仏教石窟寺院(第1~12窟)、9世紀に作られたヒンドゥー教石窟寺院(13~29窟)、500m程離れた所にあるジャイナ教石窟寺院(30~34窟)があり、建物を含めた彫刻が素晴らしかったです。特に今回の旅の目的の一つカイラサナータ寺院はあれだけの大きさの寺院をよく…

続きを読むread more

悠久のインド10大世界遺産紀行8日間の旅

2008年12月 3日~10日   悠久のインド10大世界遺産紀行8日間の旅  この時期に行かなくてもと笑われそうな気もしますが、以前から行きたいなと思っていたインドに、3日~10日のスケジュールで行ってきました。当初は20名を越える申し込みがあったようですが、ムンバイでのテロ事件にて参加者は12名に減り、スケジュールは当初スケジュー…

続きを読むread more