テーマ:山都町

山都町 平家由来の地「京の上臈」の紅葉(2019年)

2019年11月20日   山都町 平家由来の地「京の上臈」の紅葉(2019年)  平家落人の悲しい伝説が伝わる「京の上臈」、例年早くに紅葉するのですが、今年は暖冬で遅れたのか、まだ本当の見頃には早い?感じもしました。久しぶりに見頃の紅葉に出会えたようです。京の上臈が悲しみのあまり白石になってしまったという石を覆うような紅葉や黄葉が素…

続きを読むread more

山都町 鮎の瀬大橋付近の紅葉(2019年)

2019年11月20日   山都町 鮎の瀬大橋付近の紅葉(2019年)  鮎の瀬大橋からは両側に紅葉した山が見られ、白糸の滝も橋に隠れてしまいそうな場所に見ることができます。橋の南側たもとにはモミジやドウダンツツジが紅葉していました。  県道153号線を西側にトンネルを抜けて行くと、鮎の瀬大橋を横から見ることができ紅葉も綺麗なのです…

続きを読むread more

山都町 新小地区の銀杏(2019年)

2019年11月20日   山都町 新小地区の銀杏(2019年)  矢部町内から鮎の瀬大橋に向かう途中、観音堂の前に見頃に黄葉した銀杏が見られました。毎年綺麗に黄葉した姿が見られます。  尚、少し鮎の瀬大橋本面に行った小ケ蔵集落への交差点付近に小さな人形7体がユニークな可愛らしさを醸し出しながら並んでいました。 2011年 鮎の瀬…

続きを読むread more

山都町 犬飼の大イチョウ(2019年)

2019年11月20日   山都町 犬飼の大イチョウ(2019年)  訪れるのが早かったり遅かったりで、なかなか見頃の黄葉に巡り合えない銀杏です。まだ早いものの全体が黄葉してきている姿を見ることができました。銀杏の近くにはヤマラッキョウなどの花も見られました。 『犬飼 大イチョウ (御霊木)  ・樹高 27m   ・周囲 7m  …

続きを読むread more

山都町 通潤橋・五老ケ滝の紅葉(2019年)

2019年11月20日   山都町 通潤橋・五老ケ滝の紅葉(2019年)  城山公園から通潤橋の裏側に下り、そのまま五郎ケ滝へと向かいました。滝の近くの紅葉が見えるようになり、滝が見られるようになりました。少し下ると吊り橋があり、そこから正面に五郎ケ滝を見ることができます。滝の落差は約50mあるそうで、水量も多いので迫力がありました。…

続きを読むread more

山都町 城山公園(岩尾城跡)の紅葉

2019年11月20日   山都町 城山公園(岩尾城跡)の紅葉  通潤橋の北側(道の駅通潤橋より向かって左側)の城山公園(岩尾城跡)に綺麗な紅葉が見られたので本丸跡まで上ってみました。道の駅の左側から通路があり、二の丸に上って行く途中に真っ赤な紅葉、二の丸の周りにも紅葉が見られました。そこから本丸に向かって行く途中や本丸への上り口にも…

続きを読むread more

山都町 鮎の瀬大橋付近の紅葉(2018年)

2018年11月23日   山都町 鮎の瀬大橋付近の紅葉(2018年)  山都町側から鮎の瀬大橋を渡ると紅葉したモミジやドウダンツツジが見られ、橋の上からの眺めも素晴らしかったです。橋の脇には「白糸の滝」が流れ落ちているのも見られました。  歩いて南側に県道153号線に出て右に行くとトンネルがあり、それを抜けると鮎の瀬大橋と横の紅葉…

続きを読むread more

山都町 犬飼の大イチョウ(2018年)

2018年11月23日   山都町 犬飼の大イチョウ(2018年)  まだ木全体が黄葉した姿を、黄葉の期間が短いのか見たことがありません。今年も既に散ってしまい、わずかに残った黄葉が見られただけでした。  地区の南側田圃の中の一段高い所に、堂々たる銀杏を山などを背景に見ることができます。 『犬飼 大イチョウ(御霊木)    …

続きを読むread more

山都町 平家由来の地「京の上臈」の紅葉(2018年)

2018年11月23日   山都町 平家由来の地「京の上臈」の紅葉(2018年)  ここは比較的早くに紅葉するので、残念なことに周りの大きなモミジは既に大半が散ってしまっていました。しかし、中に入ると黄葉とも思える紅葉がまだ見頃に見ることができました。京から平家の公達を慕いここまで来た上臈たちが悲嘆に暮れて石となってしまったと云われ…

続きを読むread more

山都町 藤岡園・彼岸花の里への道路沿いの小滝と彼岸花(2018年)

2018年 9月25日   山都町 藤岡園・彼岸花の里への道路沿いの小滝と彼岸花(2018年)  蘇陽峡に沿った所にある藤岡園・彼岸花の里、栗林の下の岩の上などに彼岸花が群生して咲く素晴らしい場所ですが残念なことに既に花は終わってしまっていました。  今回は、国道265号線を高森町方面から蘇陽総合支所を過ぎた所から「彼岸花の里」の案…

続きを読むread more

山都町 通潤橋と八朔祭の大造り物(2017年)

2017年 6月23日   山都町 通潤橋と八朔祭の大造り物(2017年)  熊本地震の被害を受け、橋の中を通っている水路は使えず、修復工事が始まっているようでした。正面から見た目には何も変わらない様子ですが、農家の方達のことを思うと早く通水路としての役目をはたせるようになって欲しいです。 2009年 通潤橋     八朔祭の大造り…

続きを読むread more

山都町 菅尾地区の花菖蒲

2017年 6月23日   山都町 菅尾地区の花菖蒲  くまにち.コムに「ハナショウブ」心和ます 移住夫婦が丹精込め400株 山都町と紹介されていたので、訪れてみました。約700平方メートルの畑に約400株の花菖蒲が育てられているそうです。まだ今年2月に植えられたばかりですから、まだ株間も開いていますが、見頃の花を咲かせていました。こ…

続きを読むread more

山都町 国道265号線長谷地区展望休息所の花

2017年 6月23日   山都町 国道265号線長谷地区展望休息所の花  国道265号線沿いに造られた小さな公園のような「展望休憩所」の土手に、ツツジがまだ花を咲かせていたので寄ってみました。近くには牛が放牧されているのも眺められ、マルバウツギも見事に咲いていました。オオマツヨイグサ、スイカズラも見られました。ドウダンツツジ、キンシ…

続きを読むread more

山都町 犬飼の大イチョウ(2016年)

2016年11月28日   山都町 犬飼の大イチョウ(2016年)  もう何回通ったか?未だに見事に黄葉した姿を見れていないので訪れてみたのですが、既に散り終わっていました。色々考えてみると11月20日前後に黄葉の見頃となっているのではないでしょうか。  近くに棚田の見事な所があるようなので、県道180号線沿いにあった白糸保育園裏…

続きを読むread more

山都町 平家由来の地「京の上臈」の紅葉(2016年)

2016年11月28日   山都町 平家由来の地「京の上臈」の紅葉(2016年)  ここは比較的早くに紅葉の見頃を迎えるので、既に見頃は過ぎていることを覚悟で足を延ばしてみました。案の定すでに紅葉は終わったような状況でしたが、残った紅葉を撮ってみました。  ここには、平家の悲しい伝説となっている、あたかも人が悲しむかのような白石がモ…

続きを読むread more

山都町 八朔祭の大造り物

2015年 9月 6日   山都町 八朔祭の大造り物  今迄、道の駅 通潤橋では祭の終わった後の大造り物を見ており、一度は祭の中での大造り物を見てみたいと思っていました。まず、道路沿いなどに置かれている大造り物を見て歩こうと考え、11の大造り物を見て歩きました。回っている内に引き廻しの出発時間13時になり、最後にたどりついた中央公民館…

続きを読むread more

山都町 平家由来の地「京の上臈」の紅葉(2013年)

2013年11月15日   山都町 平家由来の地「京の上臈」の紅葉(2013年)  今迄、見頃の紅葉を見れていなかったので、今年こそはと訪ねてみました。まだ見頃には少し早い感じもしましたが、綺麗な紅葉を見せてくれた木もありました。中は日陰になっていることもあり、まだ緑のモミジが多かったです。  京の上臈たちが石になったと伝えられる白…

続きを読むread more

山都町 犬飼の大イチョウ(2013年)

2013年11月15日   山都町 犬飼の大イチョウ(2013年)  今迄、見頃の黄葉した姿を見ていないため寄ってみましたが、今回は速すぎたようでまだ緑が多い状況でした。ここまで来ると数日で黄葉するのでしょうが、その機会をつかむのが難しいですね! 『犬飼大イチョウ(御霊木)  ・樹高 27m  ・周囲 7m  ・樹齢 七百年(推定…

続きを読むread more

山都町、御船町境界付近のヒガンバナ

2013年 9月18日   山都町、御船町境界付近のヒガンバナ  国道445号線を山都町から御船町方面に向かって走っていると、御船町との境界近くに彼岸花の咲いている場所があったので撮ってみました。小さな可愛らしい石橋「瀬戸橋」ありました。偶然にもこんなに小さな小さな石橋を見ることができ感激です。近くには甲佐町から伸びてくる高速道路の橋…

続きを読むread more

山都町 木鷺野地区の彼岸花と茶畑

2013年 9月18日   山都町 木鷺野地区の彼岸花と茶畑  インターネット上に「島木地区の棚田」と紹介されていたので、地図上で島木となっていた場所まで行ってみましたが棚田は見つかりませんでした。3つの小さなトンネルを過ぎた「紅葉と花の里 木鷺野」と案内のある地区まで行ってしまいました。途中、お茶の段々畑が見えたので、車をトンネル近…

続きを読むread more

山都町 島木地区の棚田

2013年 9月18日   山都町 島木地区の棚田  インターネット上に紹介されていた場所とは違いますが、島木地区の棚田を追い求めて最後にたどり着いた場所、峰棚田の県道反対側にありました。高いアンテナがあり目印になりました。ここにも彼岸花がそれとなく咲いていました。地図を見るとこの奥にも棚田らしきものがあり、そこまで行かなかったのが残…

続きを読むread more

山都町 島木地区・峰棚田

2013年 9月18日   山都町 島木地区・峰棚田  棚田は峰地区を過ぎて道が狭くなる場所から左右に分かれていますが、今回は真っ直ぐ上っている右側の道を上ってみました。彼岸花が所々に咲き、畔の緑に黄金色に実り始めた稲穂に遠くに見える山の景色と日本の原風景を眺めている思いがしました。棚田の一番上に2000年に百五十周年を迎えた「嘉永福…

続きを読むread more

山都町 島木地区・峰棚田のヒガンバナ

2013年 9月18日   山都町 島木地区・峰棚田のヒガンバナ  棚田に彼岸花がつきものという感じで、もしかしたらヒガンバナの咲いた棚田を見れるかなと出かけてみました。峰地区にも彼岸花が見られ、棚田の入り口近辺にも、そんなに多くはありませんが、黄金色に色づいてきた田圃の所々に赤い花が目立っていました。 島木地区・峰棚田    …

続きを読むread more

山都町 犬飼の大イチョウ(2012年)

2012年11月21日   山都町 犬飼の大イチョウ(2012年)  昨年満足のいく黄葉を見られなかったので、まだ少し早いかなと思って行ったのですが、既に落ち葉が多く、残っている黄葉が少ない1~2日遅かったという状況で残念でした。昨年の今頃は青々していたのですが、ここ急に寒くなったので、数日間で落葉した様子で、まだ散ったばかりという葉…

続きを読むread more

山都町 天主山のヤマシャクヤク

2012年 5月 7日   山都町 天主山のヤマシャクヤク  山頂直下の白い岩がごろごろしている場所に着くと、ヤマシャクヤクの花が咲いていました、しかし、見頃には早く、ここから山頂にかけてヤマシャクヤクの群生が見られますが、蕾ばかりで開花したものを見ることができませんでした。それでも山頂には不思議と開花していました。  山頂から左に…

続きを読むread more

山都町 天主山

2012年 5月 7日   山都町 天主山  天主山のヤマシャクヤクの時期に連れて行ってと、Iさんにお願いしていた山行きの実現です。Oさんと三人、御船町で落合い、いざ山都町「鮎の瀬大橋」をまずは目指しました。  鮎の瀬大橋から突き当りのT字路を左折、約1㎞走ると右側に「夫婦岩」の案内、ここから林道に入って行きます。 まだここは舗装…

続きを読むread more

山都町 幣立(へいたて)神宮

2012年 4月29日   山都町 幣立(へいたて)神宮  幣立神社の森にヤマブキソウの群生が見られるとの事でしたので訪ねてみました。 「高天原・日の宮」とも呼ばれ、天照大御神が住む宮殿を意味することから高天原神話の発祥地とも言われるようです。神宮は杉等の大木の森に覆われ、連休もあってか参拝客が多いのにひっそりとした感じ、鳥居をくぐ…

続きを読むread more

山都町 目丸山のカタクリ

2012年 4月27日   山都町 目丸山のカタクリ  群生というより登山道に沿ってポツリポツリと咲く感じですが、一つ一つの花を撮影して歩いていると、いつの間にか時を忘れてしまいそうです。天気が良かったこともあり、花は最大限に開いたという感じで、雁俣山でみたカタクリに比べて花弁が反り返っているように見えました。 目   丸   山 …

続きを読むread more

山都町 目丸山

2012年 4月27日   山都町 目丸山  雁俣山に引き続き、ECO九州ツーリストの寺崎さんにガイドをお願いしての目丸山へのカタクリ見たさの登山です。道の駅・通潤橋で待ち合わせをして、連れて行って頂きました。鮎の瀬大橋から津留地区を通り過ぎ内大臣橋に向かう道、以前紅葉を見に走った覚えがあり、その時には曲がりくねった道で時間がかかった…

続きを読むread more

山都町 城山公園(岩尾城跡)のシャクナゲ・ツツジ

2012年 4月27日   山都町 城山公園(岩尾城跡)のシャクナゲ・ツツジ  通潤橋と一体となった公園で、通潤橋の左側に阿蘇家の本拠の一つであった岩尾城跡があります。以前訪れた時に、100本のシャクナゲが植えられたとの案内がありましたので、花の時期に見られればと寄ってみました。本丸には二の丸跡を通って上って行くのですが、上り口にツツ…

続きを読むread more