テーマ:玉東町

玉東町 横平山公園の桜(2010年)

2010年 3月25日   玉東町 横平山公園の桜(2010年)  昨年訪れた際は、まだ咲き始めでしたので、見頃の桜を見たくなり訪ねてみました。西南戦争の激戦地ですが、今はのどかな蜜柑畑に囲まれた、大きな桜が咲く公園になっています。田原坂や半高山など西南戦争時の激戦地を遠望でき、当時も攻防の重要な場所であったことがうかがわれます。 …

続きを読むread more

玉東町 横平山公園の桜

2009年 3月23日   玉東町 横平山公園の桜  昨年、玉東町の西南戦争戦跡の桜を訪ねた折、勘違いして訪れなかった場所です。気になっており、桜を追い求める本年最初に訪れてみました。山の上にあり、西南戦争での激戦地「田原坂」も遠望することができます。展望台も設けられた綺麗な公園に整備されています。桜も大きな木があります。開花状況はま…

続きを読むread more

玉東町 白木のクチナシ(2008年)

2008年 6月 9日   玉東町 白木のクチナシ(2008年)  平成16年3月に玉東町指定天然記念物に指定された、白木地区にある「白木のクチナシ」です。前回訪ねた折、世話をされている方から「見頃になったら連絡します。」と言って頂き、連絡をいただきました。生憎1週間不在と、サッカー・ロアッソ熊本のボランティア等あり、結局今年も満開時…

続きを読むread more

玉東町 白木のクチナシ

2008年 5月23日   玉東町 白木のクチナシ  自宅近くの公園のクチナシが見頃に咲いています。昨年見頃を過ぎてから訪ねた「白木のクチナシ」が咲いているのではと訪ねてみましたが、残念なことに、まだ蕾でした。もう一週間で咲き始めて見頃は6月に入ってからという感じでした。蕾はしっかりと付いていましたので、見頃には見事に咲くものと思わ…

続きを読むread more

玉東町 県道113号線沿い梨の花

2008年 4月 8日   玉東町 県道113号線沿い梨の花  吉次公園に向かう途中に桃の花、梨の花が咲いていました。植木町も含めて一帯が桃、梨の産地になっているようです。梨はまだ少し早いようでしたが桃は満開の花を咲かせていました。農家は受粉・花つみに忙しくなります。   梨の花     桃の花   西原地区の梨…

続きを読むread more

玉東町 吉次公園・半高山の桜

2008年 4月 8日   玉東町 吉次公園・半高山の桜  西南戦争の薩摩軍の陣地があった場所で、壮絶な吉次峠をめぐる戦いが行われ「地獄峠」と呼ばれたそうです。峠の脇に「吉次公園」、向かい合うように半高山があり、それぞれに桜が咲いていました。戦跡に桜を植えられた方々の気持ちも伝わってくるようで、戦いに散った人達をいつまでも平和に見守っ…

続きを読むread more

玉東町 「篠原国幹戦死の地」の桜

2008年 4月 8日   玉東町 「篠原国幹戦死の地」の桜 『明治10年(1877)3月4日、薩摩軍一番大隊長篠原国幹は、緋裏の外套をまとい、.銀装の大刀を帯びて、率先陣頭に立って戦闘の指揮をとっていたが、顔見知りの同郷の後輩、近衛歩兵第一連隊第二大隊長江田国通少佐の指示する狙撃に合い東上の雄図空しくこの六本楠の地にて戦死した。一方…

続きを読むread more

玉東町 有栖川宮御督戦跡の桜

2008年 4月 8日   玉東町 有栖川宮御督戦跡の桜  『明治10年(1877)西南戦争の際、硝煙弾雨のなかに全軍を統率された征討総督有栖川宮熾仁親王が、木葉城跡のこの台地にしばしばお出になり御督戦に努められたところといわれる。この台地は田原坂、二俣、横平山の激戦の様子が望まれ、遠くは三の岳、吉次、半高山までも望見できて督戦の地と…

続きを読むread more

玉東町 白木のクチナシ

2007年 6月 6日     平成16年3月に玉東町指定天然記念物に指定された、白木地区にある「白木のクチナシ」です。既に花の時期は過ぎていましたが、隣にあった小さな木にはまだ綺麗な花が咲いていました。白木地区にはこの他にも個人のお宅に樹齢100年以上で高さ6m、幹回り約60㎝という巨木があるようです。 町指定のクチナシ  …

続きを読むread more