テーマ:熊本

ボルトニア(アメリカギク)

2021年 6月22日   ボルトニア(アメリカギク)  紫の花弁に黄色の花芯が綺麗な花でまとまって咲くと素晴らしいだろうと思います。我が家ではブルーベリーの下にあるので、ほおって置くと地下茎でどこまでも増えてしまうので、適当に根を除いたりしているので、あまり増えないでいます。 6月19日

続きを読むread more

黄色のグラジオラス

2021年 6月25日   黄色のグラジオラス  黄色のグラジオラスが咲きました。小さな球根の割に長く花茎を伸ばすので、支柱で支えてやればよいのですが、そのまま咲かせているので、倒れたり横になったりとまとまりが無くなってしまいました。 6月22日 6月20日 6月19日 お隣の2色のグラジオ…

続きを読むread more

ゼフィランサス-2

2021年 6月20日   ゼフィランサス-2  水を好む花ということで、梅雨の雨が効いたようです。6月8日に1回目の花が満開になり、枯れた花を切り取ったら、2回目の花が咲き揃いました。これは、大きな実の種を付け、その中に平べったい種をいっぱい詰めており、落ち種から増えたものです。中には敷いたレンガの間に球根を大きくしレンガを持ち上げ…

続きを読むread more

屋根、壁の塗装工事-3 屋根・壁の本塗り(2回目、3回目の塗装)

2021年 7月26日   屋根、壁の塗装工事-3 屋根・壁の本塗り(2回目、3回目の塗装)  今日からは本塗作業が始まります。下塗りの終わった所に、2回目、3回目の本塗り作業が行われました。使われる塗料は、㈱アステックペイント製の屋根用 超低汚染リファイン500MF-IR、壁用 超低汚染リファイン1000MF-IRです。特徴としては…

続きを読むread more

ユリ-4

2021年 6月13日   ユリ-4  成長したものは1茎に10個以上の花を咲かせてくれるから素晴らしいです。上向きに花を咲かせるスカシユリと、カサブランカなど横向きに花を咲かせる中間のような感じで、少し上向きに花を咲かせます。  育てやすく球根も良く増えます。冬場の間に、増えた球根を家の周りのあちらこちらに小さな球根も含めて植えた…

続きを読むread more

屋根、壁の塗装工事-2 下塗り作業

2021年 7月25日   屋根、壁の塗装工事-2 下塗り作業  いよいよ今日から塗装作業が始まります。8時前に10人で来られ、まず窓など塗料で汚れたらいけない場所の養生作業をしてもらいました。 その作業も9時過ぎには終わり、下塗り作業はベテランの2人で行われました。作業内容が多いため、暑い中遅くまで作業して頂きました。  下塗り…

続きを読むread more

小さな花のアリウム

2021年 6月28日   小さな花のアリウム  花が咲いたら撮ろうと思いながら、大きな玉になって咲くアリウムではなく、本当に小さな花なのでついつい見過ごしてしまいました.。 遅くに咲いた花があったので撮ってみました。植えたのは10年位前ですが、それらしい葉は見られるのですが花は咲かないので、すっかり無くなってしまったものと思ってい…

続きを読むread more

ユリ-3

2021年 6月11日   ユリ-3  普通のユリは花粉が衣服などに付いたら落ちにくいように大きなオシベが見られるのですが、オシベなどがくねっと曲がった変な感じの花を咲かせます。  スカシユリとはちょっと違うようでずかオリエンタルユリのようで、花を上向きに咲かせます。  もっと球根が増えるのかなと思ったのですが、肥料不足なのか増え…

続きを読むread more

屋根、壁の塗装工事-1 足場設置、シーリング材の取り替え、洗浄作業

2021年 7月23日   屋根、壁の塗装工事-1 足場設置、シーリング材の取り替え、洗浄作業  梅雨の明けるのを待っていた屋根、壁の塗装作業。地元の㈱福吉建設工業さんに依頼し今日から開始です。  8時から作業開始と聞いていたので、8時に来られるものと思っていたら、7時45分頃には福吉社長さん他8名の方が来られ、簡単に挨拶して作業開…

続きを読むread more

ハナショウブ

2021年 6月12日   ハナショウブ  育て始めて4年目でしょうか、株も増えて花茎も多くなりました。もっと一斉に咲き揃うかなと思っていましたが、多く咲いてはくれたのですが、1本の花茎に咲く花数が少ないようです。肥料はやったつもりですが、思ったように葉が大きくならなかったのが原因かもしれません。根詰まりしてきたのかもしれず、植え変え…

続きを読むread more

バラ バーガンディアイスバーグが再び咲きました。

2021年 6月11日   バラ バーガンディアイスバーグが再び咲きました。  樹勢が弱まっておりそんなに多くの花を咲かせないのですが、1番花が咲き終わった後剪定した所から伸びた枝に、いくつかの花を咲かせました。本来だったらこのように良く花を咲かせるバラなんでしょう。太いシュートが伸びてくれれば嬉しいのですが、なかなか難しそうです。 …

続きを読むread more

赤のグラジオラス

2021年 6月11日   赤のグラジオラス  鮮やかな赤のグラジオラスです。球根は植えっぱなしなので、増えたり減ったりを繰り返しています。親球の周りには小さな球根がいっぱいできるので、うまく育てればどんどん増やすことはできそうです。 6月8日 6月7日  2本目の花 根元から折れてしまった花 生け花にしまし…

続きを読むread more

ツルバキア

2021年 6月 6日   ツルバキア  ニラの葉を少し太くしたような葉に、ひょろっと長く花茎を伸ばして薄紫の花をまとめて咲かせます。まだ一番花が多い時期には早い様子で、少ない花茎に花を咲かせています。  葉や茎はニンニクの様な匂いがあります。球根ではありませんが、根で増えて大きな株になります。たまに株を半分取り除いたりしていますが…

続きを読むread more

ストケシア

2021年 6月 7日   ストケシア  白い花が先に咲き、紫の花が少し遅れて咲きました。白い花は株も大きくなって咲く花も多いですが、紫の花は植えてある環境が悪いのかあまり大きくならず花も少ないのが残念です。特に紫の花は、毎年花が咲くまで残ってくれたのか分からない状況もあり心配にもなっています。  落ち種からも育つようなので、もう少…

続きを読むread more

アマリリス-5

2021年 6月 2日   アマリリス-5  大輪のアマリリスではなく、普通のアマリリスが花を咲かせました。1株目は他の木を剪定した折に花茎を追ってしまったため切り花としてしまいました。それでも2株目が花を咲かせてくれたので良かったです。株数は植えてあるのですが、なかなか花を咲かせてくれません。近所ではまとまっていっぱい花を咲かせてい…

続きを読むread more

ミニバラ フォーエバー

2021年 6月 5日   ミニバラ フォーエバー  ミニバラといっても地植えしてあるので結構高く伸びて花を咲かせます。雨に濡れなければ咲き進んだ後にもフォーエバーらしい花が見られるのですが、早い梅雨に打たれて傷んでしまうのが残念です。  冬の間に剪定した枝をそのまま土中に挿しておいたのですが、今年初めて着いたようで脇芽が伸び始めた…

続きを読むread more

アマリリス-4 クラウン?

2021年 5月22日   アマリリス-4 クラウン?  大輪の一重の花で、イメージはダンシングクイーンを一重にしたような素晴らしい花なのですが、育てている環境が悪く、植木の日陰にもなってしまい、なにかいじけた咲き方しかしなくて終わってしまい、本来の写真を撮ることができず残念でした。球根は育っており花を咲かせるので秋には他に植え替えよ…

続きを読むread more

キョウカノコ

2021年 5月日   キョウカノコ  小さな赤紫の様な花をまとめて咲かせた様子が可愛らしい花です。葉もカエデのような変わった形をしており、花の下に見られるのも趣を感じさせてくれます。  最初の株は撮るのが遅れてしまい満開時の花とはならなかったのでずか、別の場所に植えてある株が遅れて咲いたのでどうにか撮ることができました。 …

続きを読むread more

スカシユリ

2021年5月26日   スカシユリ  薄黄色の様な白い花と、濃いオレンジ色のスカシユリが咲きました。随分前に色々な花色の球根を植えたのですが、残ったのはこれだけになってしまいました。  花を植え向きに咲かせるのがスカシユリの特徴。球根をたまには掘り起こして、少し深く植え直せば良いのでしょうが、そのまま増えたり減ったりを繰り返してい…

続きを読むread more

矮性のキキョウ

2021年 6月 5日   矮性のキキョウ  矮性のようで野のキキョウのように高くは伸びずに花を咲かせます。蕾の段階の袋のような様子も可愛らしく、小さな蕾から色付き、花を咲かせ、メシベ・オシベが開いて咲いたという感じで花を咲かせ続けてくれ、一番の見頃となりました。 6月2日 6月1日 すでに枯れた花もあり、種は取り除い…

続きを読むread more

マルバウツギ

2021年 5月28日   マルバウツギ  山の小木ですが、小さな可愛らしい花を房状に咲かせるので、挿し芽して大きくしたものです。最初の生育は遅かった感じですが、大きくなるとさすが山の木、あちらこちらに増えそうで、どうしたものかと思案するような状況になりつつあります。  ウツギの名前の付く木を6種類植えてありますが、いずれも生育旺盛…

続きを読むread more

ムシトリナデシコ

2021年 5月26日   ムシトリナデシコ  小さなピンクの花をまとめて咲かせるので、これが集まって咲いたらさぞや見事だろうなと想像するのですが、我が家ではそうもいかず取り除いてしまうことが多いです。それで翌年は無くなってしまうかと思えば、落ち種であちらこちらに育つ生育旺盛な花です。  茎から粘液を出し、アブラムシやアリなど小さな…

続きを読むread more

トレニアの株分けうまくいきました!

2021年 7月 8日   トレニアの株分けうまくいきました!  今年こそ、なにも起こらないで欲しいと願っていた梅雨明け間近の豪雨災害、熱海での山津波と言っても良いような土石流被害、山陰での豪雨被害など起こってしまっています。亡くなられた方々には心からお悔やみ申し上げます。被災された皆様にもお見舞い申し上げます。  なかなか難しい事…

続きを読むread more

ヒッペアスケリア

2021年 5月28日   ヒッペアスケリア  スプレケリア(ツバメズイセン)とアマリリスの属間交配種で、どことなくスプレケリア(ツバメズイセン)に似ています。植えてある場所が窮屈なので、折角咲いた花を思う方向から撮れないのがざんねんでしたが、それでもこちらを向いてくれた花もありました。  球根もだいぶ増えたので、別の良い場所に分球…

続きを読むread more

ゼフィランサス-1

2021年 6月 8日   ゼフィランサス-1  水道の近くに鉢を置き、毎日水をやっていたのが効果があったようで、5月6日に咲き始めました。その後昨年のようにまとめて花を咲かせてくれることを期待したのですが肥料が足りなかったのか花が思うほど咲きませんでした。 6月7日  梅雨の雨が効いてきたようで、地植えのゼフィランサスも咲き…

続きを読むread more

ニゲラ

2021年 5月 9日   ニゲラ  毎年茂り過ぎるので、今年は小さな内にだいぶ取り除いたので、例年に比べると寂しい感じです。花の周りにレースの様なガク?がある変わった花です。花の元には種の袋ができ、その中に小さな種がいっぱいできるので、落ち種でびっしりと芽が出ます。花弁が無くなると、レースの部分と種の部分が残るので、それ自体がドライ…

続きを読むread more

ウルイ

2021年 5月26日   ウルイ  ギボウシの仲間のなので、咲いた花はギボウシの花と同じと言っても良いようです。しかし、咲き始めは花茎の先端に蕾が詰まった様な塊を付け、それが茎が伸びるにしたがって1つ1つ花となってぶら下がった姿となります。  一時大きな株になったこともあるのですが、春先に芽が柔らかいうちにとって食べるようになり、…

続きを読むread more

アカンサス

2021年 5月13日   アカンサス  長く伸びる花茎にベロのような花弁?を出して咲く地味な花です。最初に植えた当時は無くなってしまったのかと思ったこともありました。植えてから年数も経ち定着したようで、地下茎で増えながら株の位置も変わっています。 5月10日 5月9日 5月8日

続きを読むread more

ホタルブクロ

2021年 5月 9日   ホタルブクロ  昨年は良く咲いたのですが、それに比べると花が少ないようです。地下茎であちらこちらに増えるので、その時の都合で取り除いてしまうので、毎年花の咲かせる場所が変わっているのに原因がありそうです。  ホタルが見られるようになる時期に、いかにもこの花の中にホタルが輝いたらと素晴らしいだろうなと思わせ…

続きを読むread more

サラサウツギ

2021年 5月18日   サラサウツギ  白いひらひらした花弁を寄せ集めた花の外側がピンクのため、木全体が薄らとピンクに見えるような好きな花の一つです。花が咲き終わったら、古くなった幹は根元から取り除き、既に新枝を伸ばし始めた幹は途中で剪定します。それでも毎年形を整えて花を咲かせるから、旺盛な成長力です。 …

続きを読むread more