熊本市 島崎地区・叢桂園の紅葉(2020年-4)

2020年12月 8日   熊本市 島崎地区・叢桂園の紅葉(2020年-4)
 今年最後の紅葉となりました。遅れて紅葉したモミジが入口近くは淡い紅葉、奥には真っ赤な紅葉が見られ素晴らしかったです。今年は暖冬の影響で最初はどうなるのだろうと思った紅葉も、最終盤になって真っ赤な紅葉が見られ、この時期も良いです。
叢桂園
 叢桂園は江戸時代肥後の文化、医学教育に貢献した村井家歴代の別荘跡である。村井琴山(1733年~1815年)が工を起し、その子蕉雪(1769年~1814年)の代に完成した。園の入り口に「出者不遂入者不拒 山家自然妙境」と刻んだ石がある。揚子江、洞庭湖を象った池があり遣水が流れている。頼山陽はじめ多くの文人墨客が訪れている。村井琴山の父見朴(1702年~1760年)は藩主細川重賢に藩立医学校「再春館」設立を建議し、宝暦七年開講した。「患者を身分貧富で差別せず、治療技術のみでなく学理を学ぶ、師弟関係を尊重する」を教育方針とした。村井琴山は京都の山脇東洋や吉益東洞の教えを受け、古医方を唱え医道二千年眼目編・和方一万方等の著書を残し多くの門下生を指導した。その子蕉雪も医業を継ぎ再春館医学監を務めた。』
奥側の紅葉
soukeien20120811.JPG
soukeien20120813.JPG一番遅くに真っ赤な紅葉になったようです。
soukeien20120817.JPG
soukeien20120818.JPG早くに見頃となった紅葉は寂しくなってきていました。
soukeien20120815.JPG
soukeien20120828.JPG中間の紅葉
soukeien20120820.JPG
soukeien20120821.JPG一番最初に見頃となった場所は枯れた木も多かったですが、見方によると紅葉も見られました。
soukeien20120829.JPG
soukeien20120827.JPG入口付近の紅葉
soukeien20120826.JPG
soukeien20120825-0.JPGドウダンツツジの紅葉は長い間見頃でした。
soukeien20120822.JPG石神山公園への通路沿いの紅葉
soukeien20120824.JPG
場 所
 次のコメント、トラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。  表題部分(赤字の「熊本の花所」)をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント