阿蘇市 小里天満宮の公孫樹(2019年)

2019年11月15日   阿蘇市 小里天満宮の公孫樹(2019年)
 樹齢約200年、周囲4mという銀杏です。まだ少し早い感じでしたが黄葉しており、前に桜の紅葉か彩りを添えていました。暖冬で桜の葉も残っていたのでしょうか?
 良く見ると小さな気根(樹乳)もいくつか見ることができました。

ozato19111501.JPG
ozato19111502.JPG
ozato19111503.JPG
ozato19111511.JPG
ozato19111504.JPG
ozato19111505.JPG
ozato19111506.JPG
ozato19111509.JPG
ozato19111508.JPG
ozato19111507.JPG
ozato19111510.JPG
場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2020年03月09日 11:53
2019年11月23日   阿蘇市 小里天満宮の公孫樹(2019年-2)
 明行寺、西巌殿寺、長善坊、山田八幡宮、三の宮の公孫樹、乳の木と阿蘇市の天然記念物に指定されている銀杏に次ぐ銀杏と考えられます。樹齢約2百年、周囲4mの銀杏です。
 なかなか一番の見頃の黄葉を見られない銀杏で、まだ少し早い感じもしますが、今が一番の見頃かもしれません。小さな気根(樹乳)も見られ樹齢を感じさせてくれます。