福島県 会津磐梯山紅葉の旅-2  大内宿

2019年10月28日   福島県 会津磐梯山紅葉の旅-2  大内宿
 大内宿に向かって上る道沿いには小さな滝がいくつか流れ落ち、道路に沿って流れる川も、これで紅葉が見られれば「おいらせ」という感じでした。
fukushima19102825.JPG
fukushima19102826.JPG
大内宿
 江戸時代に会津若松と日光今市を結ぶ街道の宿場町として栄えたそうです。
 駐車場から脇道を上って行くと、街道沿いに建ち並ぶ、大きくりっぱな茅葺屋根の家々が建ち並んでおり、東北を思わせる落ち着いた景観を作り出していました。観光客も多く、人を入れない写真はちょっと無理でした。
 一番奥まで行くと、急な石段(迂回路もあり)を上ると、上から宿場全体を見下ろすことができ、周りの山には紅葉も見られました。
 茅葺屋根の修復にも苦労があったようで、役場の職員の方が茅葺屋根の技術を学び、修理してきたこともあり、この景観が今に残されてきていることにも感動を覚えました。

重要伝統的建造物群保存地区
  下郷町大内宿伝統的建造物群保存地区

   面積 約11.3ヘクタール   国選定 昭和56年4月18日
 大内宿は会津若松と日光・今市を結ぶ南山通り(会津西街道)の宿場の1つである。この南山通りは、会津藩が江戸時代初期に会津と江戸を結ぶ幹線道路の一つとして整備したもので、廻米などの物資の輸送で栄え、会津藩主も参勤交代の際にこの道を利用するなど重要な街道であった。
 大内宿が宿駅として整えられたのは17世紀中頃と推定され、本陣・脇本陣がおかれた。保存地区は、旧街道に沿った旧宿場を中心とする南北約500メートル、東西約100メートルの範囲である。本地区の街並みの特徴は寄棟造の建物が道路と直角に整然と並べられていることである。主家は道路から空地を設けて敷地の北側に後退して建ち、南は余地をおいて奥の土間入口への通路となっており、鞍や納屋は主屋の奥にに建つ。
 主屋の多くは江戸時代後期から明治にかけて建築されたもので、道路側に半間幅の縁をつけ、その奥の一室を座敷としている。
 道路の中央には広い溝が設けられ、宿場の用水路として利用されたが、明治19年になって埋め立てられ道路の両側に側溝が掘られ、洗い場を設けるなどの変遷があった。
 この街並みは、会津及びその周辺地域にみられたこの地域の宿場形態の典型的なもので、その多くが失われた今日もなお往時の姿をよく残している。また、周囲の寺社や自然環境とも一体となって優れた歴史的景観を今に伝えている。』
fukushima19102837.JPG
fukushima19102836.JPG
fukushima19102835.JPG
fukushima19102834.JPG
fukushima19102833.JPG
fukushima19102832.JPG
fukushima19102831.JPG
大内宿街並み展示館(大内宿本陣跡)
 太市宿の本陣は会津と奥州街道を結ぶ会津西街道の拠点の一つとして江戸時代の初期に建てられた会津藩の初代藩主 保科正之、二代藩主 正経が江戸参勤のため、この街道を利用し、ここで昼食をとったという記録が残っている。この時の行列の総人数は約六百人で、宿場内はたいへんなにぎわいであったとゆう。
 ところで、大内宿は戊辰戦争の舞台となったことから、本陣に関する記録、図面等が散失し、いまだ発見されていない。このため同じ街道の糸沢宿・川島宿の本陣を参考に設計し復元されたものである。
 本陣には、殿様専用の玄関(乗りこみ)・上段の間・風呂・雪隠があり、茅屋根のどっしりとした風格とともに当時の面影を色濃く再現している。』
fukushima19102841.JPG
fukushima19102830.JPG
fukushima19102839.JPG
fukushima19102829.JPG
奥の上からの眺め
fukushima19102827.JPG周りの山は紅葉していました。
fukushima19102840.JPG
車窓から芦ノ牧温泉
fukushima19102838.JPG
ここまで来れば、会津若松まではわずかなのですが、そこからどう走ったのか?暗くなってきた中、喜多方近くを走って?東北自動車道へ、二本松ICで下り岳温泉に到着しました。

場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント