しめ縄と干し柿

2020年 1月 7日   しめ縄と干し柿
 南阿蘇村で米作りをしていたので、稲わらが手に入り、毎年しめ縄づくりをしています。玄関に吊るしておいたのですが、外す時期になり写真を撮ってみました。
 五穀豊穣などを願い、稲穂、葉蜜柑、キンカンに干し柿、スルメに昆布と彩添えに赤い実を加えました。これに松と竹を加えたかったのですが
hana20010901.jpg
干し柿
 熊本で干し柿を作ろうと思っても、郷里の長野のような白い果糖?に包まれた干し柿を作ることは難しいようです。12月にロアッソ熊本の応援も兼ね帰郷した折、姉さんに「どうしたらあんな白い干し柿ができるの」と聞いてみたら、「今迄は、稲わらに入れておくとできると思っていたが、近所の人に聞いたら、白くなり始めたら箱に並べて涼しい所に置けばできるそう。」ということで、早速出来上がりつつある干し柿を頂きました。この柿は「ミシラズ(実知らず?)」と呼んでおり、種が無く富有柿のような四角の渋柿で、熟すととても甘くなり、正月に熟すのを待って食べた思い出があります。この柿を干し柿にするのですから、他では味わえないような甘い干し柿です。
 ということで、試にこの干し柿を、今作っている干し柿に入れてみようと思い、まだ白くなってきているものをもらってきました。それを、藁の中に入れてある干し柿に白い粉が付くようにして置いておいたら、今までできなかった写真のような(できすぎて白い粉が黒っぽくなっています。)干し柿ができました。
 ところで、干し柿のこの白い粉は「デンプンが糖化すること」でできたものだそうです。
こちらは、まだ中は柔らかく食べ頃で、上々のできです。
hana20010902.jpgこちらは干し過ぎて固くなっていますが、良く果糖?ができています。
hana20010903.jpg
干し柿の 白さ魅せられ 初梅を
干し柿の 白き甘さに ほっぺ落ち
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

阿部 千波
2020年01月13日 17:05
季節の花便りいつも楽しみに見させていただいております。私も5年前に熊本にきました。今回の記事で管理人さんが長野県出身ということで・・・私も長野県出身です。「粉がふく」干し柿、我が家はもっぱら義理母の作る干し柿を食べています。義母に教わりながら私も作ってみたいなあ。
管理人さんの記事を頼りに私も色々な場所に足を運びました。素敵な記事ありがとうございます。



2020年01月15日 09:20
阿部 千波さん
ご覧いただきありがとうございます。
熊本の梅も咲き始めていました。まだ10月の記事を追い書きしていますが、速報を見て頂ければ、その季節の記事がご覧いただけますので、よろしくお願いいたします。