阿蘇市 草千里から阿蘇山上までのミヤマキリシマ(2019年-2)

2019年 5月25日   阿蘇市 阿蘇市 草千里から阿蘇山上までのミヤマキリシマ(2019年-2)
 草千里展望所から見ても周りのミヤマキリシマが見頃になっているのが分かるように、烏帽子岳を始め赤紫の花が咲いている様子が眺められ見頃となっていました。草千里から古坊中、南阿蘇村側のミヤマキリシマと阿蘇山上駐車場付近のミヤマキリシマを紹介いたします。
 阿蘇山上付近のミヤマキリシマとして紹介しようと考えたのですが、写真枚数が多くなってしまったので、「阿蘇市 草千里から阿蘇山上までのミヤマキリシマ」と「阿蘇山上付近のミヤマキリシマ」に分けて紹介いたします。
 また、古坊中に関連し、西巌殿寺奥の院にある阿蘇八石の1つ「鏡石」も紹介しておきます。

草千里のミヤマキリシマ
  展望所の横にミヤマキリシマがこじんまりとまとまって見られます。
asosanjyou19052502.JPG
asosanjyou19052501.JPG
asosanjyou19052505.JPG
asosanjyou19052503.JPG
asosanjyou19052504.JPG草千里から古坊中への途中でのミヤマキリシマ
 烏帽子岳の稜線に咲きミヤマキリシマが見られました。西巌殿寺の最盛期には36の寺院、52の庵室があったそうで、古坊中の名があるようです。
asosanjyou19052506.JPG古坊中付近からのミヤマキリシマ
asosanjyou19052508.JPG
asosanjyou19052507.JPG
阿蘇山上から草千里方面のミヤマキリシマ
asosanjyou19052510.JPG
asosanjyou19052511.JPG
阿蘇山上駐車場付近から古坊中側のミヤマキリシマ
asosanjyou19052531.JPG
asosanjyou19052532.JPG
asosanjyou19052533.JPG
西巌殿寺奥の院
 熊本地震などで大きな被害を受けています。お堂の前の小さな祠には、阿蘇八石の1つ「鏡石」が置かれており、工事が行われるのなら一時保存して頂きたいです。

asosanjyou19052528.JPG
asosanjyou19052529.JPG
asosanjyou19052530.JPG
南阿蘇村側のミヤマキリシマ
 阿蘇パノラマライン南登山道を南阿蘇村側に少し下った所でミヤマキリシマを撮ってみました、
asosanjyou19052534.JPG
asosanjyou19052535.JPG
asosanjyou19052536.JPG
asosanjyou19052537.JPG

場 所  位置は古坊中遺跡です。


 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2019年10月10日 07:29
2019年 5月25日   阿蘇市 杵島岳横・古御池付近のミヤマキリシマ(2019年)
 草千里から杵島岳に向かって上って行き、杵島岳への登り口を過ぎていくと、斜面に咲くミヤマキリシマが見えてきます。右側の斜面は2015年までは一面に咲く花が見られましたが、火山ガスの影響で枯れた木が多くなってしまいました。
 左側のミヤマキリシマを見ながら、その上の登山道を北側に進むと古御池に咲くミヤマキリシマが下に見えてきます。こちら側は火山ガスの影響はなかった様子ですが、斜面が崩れていました。