山鹿市 鹿央古代の森交流施設「里やま」の藤(2019年)

2019年 4月26日   山鹿市 鹿央古代の森交流施設「里やま」の藤(2019年)
 ここには野田系の藤など数種類の藤棚があり、その中でも「八重黒竜藤」は八重咲きの珍しい藤です。花の色も白から薄紅、濃い紅色、紫と色々な藤を見ることもできるのが素晴らしいです。
 この時期、あちらこちらに植えられたオオテマリも見頃に花を咲かせ、ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)も木を覆うようにもじゃもじゃのような花を咲かせていました。また、トウカエデが新緑の中で薄黄色の黄葉をしたかのような葉色をして目立っていたのも興味深かったです。
長藤
kodainomor19042602.JPG白野田藤
kodainomor19042605.JPG薄紅藤
kodainomor19042610.JPG
kodainomor19042609.JPG野田長藤
kodainomor19042615.JPG
kodainomor19042606.JPG本紅藤
kodainomor19042616.JPG
kodainomor19042617.JPG八重黒竜藤
kodainomor19042621.JPG
kodainomor19042628.JPG
kodainomor19042625.JPGヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)
kodainomor19042633.JPG
kodainomor19042632.JPGオオテマリ
kodainomor19042631.JPGトウカエデ  薄黄色の様な葉色が黄葉しているようでした。
『品種名 ハナチルサト  トウカエデの園芸品種、葉色が新芽のピンク→白→黄色→緑→赤と変化する』
kodainomor19042635.JPG
kodainomor19042636.JPG
場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント