南関町 大津山阿蘇神社の桜(2019年)

2019年 4月 5日   南関町 大津山阿蘇神社の桜(2019年)
 大津山阿蘇神社の左側の斜面に咲いた満開の桜が素晴らしかったです。ピンクの枝垂れ桜なども混じり綺麗に咲いていました。
 裏の大津山山頂には大津山城があり、桜の道を上っていくと三の丸、二の丸と山全体が城跡のようです。
大津山阿蘇神社 社記
 祭神 建磐龍命 阿蘇津姫命  
 祭日 十月第二日曜日 奉納相撲、十一月二十九日 大祭
神社由来
 当神社は この地方の守り神として、正治元年(1199)項阿蘇一の宮より二柱の神を勧請しお祭りしたといわれています。
 建磐龍命は神武天皇の皇女速瓶玉媛命の王子として誕生され、神武天皇の命により阿蘇地方の開発のため下向されたと云われ、当時の阿蘇一族の勢力は城北及び矢部、益城地方まで治める強力な力を持っていました。当地方もその勢力下にあり、阿蘇神社を勧請したものと思われます。当神社は関町の葉山に建立されていたものを大津山六代城主資秋は朝夕の参拝に不便なため、当地に社殿を移し、そのため大津山阿蘇神社と云われるように成りました。現在の社殿は昭和四年に改築され、現在の社務所は旧拝殿で社務所の棟木は加藤清正の武運長久を祈り、城代加藤直正の寄進によるものと云われます。
霊験
・阿蘇地方の古事に記されているように当地方も「ナマズ」を食べず、体に通称「ナマズ」ができれば、境内の池に「ナマズ」を放ち祈願すれば全快すると云い、県内及び北九州方面より参拝されます。
・雨乞いの神として戦前まで崇拝者も多く、南関御八ケ町村の雨乞い祭は盛大に行われていました。現在各地に於いて復活しつつあります。』

ootuaso19040523.JPG
ootuaso19040506.JPG
ootuaso19040504.JPG
ootuaso19040521.JPG
ootuaso19040509.JPG
ootuaso19040510.JPG
ootuaso19040516.JPG
ootuaso19040515.JPG
ootuaso19040517.JPG
ootuaso19040519.JPG
ootuaso19040522.JPG
ootuaso19040501.JPG
場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント