熊本市植木町 田原坂の桜(2019年)

2019年 4月 5日   熊本市植木町 田原坂の桜(2019年)
 展望デッキからの満開の桜の眺めが素晴らしかったです。ツツジも咲き始めていました。
 一番奥に、田原坂の模型があり、吉次峠や田原坂でのどのような戦いがあったのかも説明されていました。
 しばらく訪れない間に、「田原坂西南戦争資料館」も新しくなり、以前資料館があった場所は展望デッキになっており、横からの桜の眺めも素晴らしかったです。遠くには激戦地であった横平山公園の桜も眺められました。
西南の役
 征韓論に破れ下野した西郷隆盛は、明治十年二月一四日私学校党と共に挙兵。これに対し大久保利通ら明治政府は二月一九日征討令を受けて出兵。ここに約八ヶ月に及ぶ西南戦争が始まった。薩軍は熊本城を総攻撃したが熊本鎮台は落ちず、第一四連隊を敗って北上。しかし二月二五日以降、征討軍が南下し反撃。田原坂で両軍は死闘をくり返した。その後、田原坂が敗れ、熊本城の包囲も背面軍により突破されるに及んで、四月一五日薩軍は城北、熊本城より撤退。以後御船、矢部、人吉と敗退を続け、八月一五日宮崎県長井村にて降伏。西郷らは可愛嶽(えのだけ)を突破し、鹿児島に戻り城山に籠ったが九月二十四日城山にて全滅。ここに日本最大、最後の内乱は終わった。熊本県下で官軍を例にとれば、西南戦争の約七〇%が戦死、県北では五〇%に達するという。県下各地に当時の激戦を偲ばせる戦跡が数多く残っている。』
田原坂の戦い
 2月28日以降、政府軍が後続部隊の到着を待つ間に薩軍は田原坂から東側の台地に無数の壕を掘り、強力な陣地を築いでいた。
 激戦は3月4日午前6時雨をついての政府軍第1次総攻撃に始まった。その後3月20日第6次総攻撃で突破するまで、押しつ押されつの激戦が、17日間続けられた。政府軍の1日平均消費弾丸は32万発、旧式銃で雨のため発射能力の落ちた薩軍は抜刀して対抗した。田原坂の戦いで、戦死したり負傷したりした人は両軍あわせて約5,000人にもなる。』

tabaruzaka19040504.JPG
tabaruzaka19040506.JPG
tabaruzaka19040508.JPG西南の役戦没者慰霊之碑
tabaruzaka19040509.JPG
tabaruzaka19040512.JPG
tabaruzaka19040524.JPG
tabaruzaka19040523.JPG民謡 田原坂の像 右手に血刀 左手に手綱 馬上ゆたかな美少年
tabaruzaka19040522.JPG
tabaruzaka19040514.JPG
tabaruzaka19040516.JPG
tabaruzaka19040517.JPG
tabaruzaka19040518.JPG田原坂の模型
tabaruzaka19040521.JPG
場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月30日 09:16
2019年 4月 5日   熊本市 田原坂公園隣の菜の花畑
 田原坂公園駐車場横の畑に菜の花が満開の見頃に咲いていました。桜の見頃の時期に合わせて育てられたのでしょうか。7枚ほどの畑がまとまって花を咲かせていたので素晴らしかったです。
2019年09月25日 07:51
2019年 4月26日   熊本市 植木町・田原坂公園のツツジ(2019年)
 新たに造られた展望所から白い花を主に斜面に咲いたツツジが丁度見頃で素晴らしかったです。赤などのツツジは咲いてしまったのか?まだ早いのか?花が少なかったです。
 下からツツジを眺めながら反対側に行くと、全体を眺められる場所があり、白い花が一面に咲いた様子は見事でした。