宇土市 轟水源付近の梅(2019年)

2019年 2月 9日   宇土市 轟水源付近の梅(2019年)
 轟御殿跡の住宅の前に枝を長く伸ばした梅を見に行くと、まだ開花前でしたが、もう1本が見頃になっており、外におられた奥さんが見させてくれました。轟水源付近には綺麗に咲く紅梅が数本見られたり、畑などにも梅の花が見られました。
轟御殿跡の住宅の梅                         この梅は開花が遅いのでまだ蕾でした。
画像 画像
                                      大太鼓収蔵館も修復されオープンされていました。
画像 画像
畑の梅   見頃に咲いていました。
画像 画像
轟水源周辺の梅
画像 画像

画像 画像

画像 画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2019年09月03日 10:01
2019年 2月22日   宇土市 轟水源付近の梅(2019年-2)
 轟御殿跡にある住宅前の接ぎ木をして長く伸ばされた梅は、まだ開花せず蕾が今にも咲きそうに色付いてきていました。轟水源近くの家々にはピンクの花を咲かせる梅が見頃に咲いていました。
 日本最古の現役上水道である轟泉(ごうせん)水道、今迄紹介していなかったようなので、見てみましたが、轟水源から市内船場付近(ここには井戸跡が船場川沿いに残っています。)まで、延長約4.8km、高低差4mで引かれているそうですから、その技術力にも驚かされます。

この記事へのトラックバック