宇土市 船場川沿いのアジサイ(2018年)

2018年 6月 8日   宇土市 船場川沿いのアジサイ(2018年)
 熊本地震で被害を受けた石橋も取り除かれ、今までとは変わった眺めとなってしまいましたが、アジサイは相変わらず川沿いに色々な花色の花を見頃に咲かせていました。
 船場橋は『2019年秋ごろから石を組み直し、20年3月の復旧を目指す。』そうで、また以前のような姿が見られることを願っています。

画像 画像

画像 画像
轟泉水道井戸(ごうせんすいどう  寛文三(1663)年に造られた、我が国最古の現役上水道だそうです。
画像 画像

画像 画像

画像画像
画像
県道南東(下流)のアジサイ
画像 画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2019年11月04日 09:42
2019年 6月11日   宇土市 船場川沿いのアジサイ(2019年)
 市内中心部を流れる船場川沿いに、数は少ないですが綺麗に咲いたアジサイが見られました。熊本地震で被害を受けた石橋は取り外されたままですので、寂しい感じはしますが、川に降りる石段など、どこか昔の風情を感じさせてくれるようです。
 石橋のあった袂には、轟水源から引かれた我が国最古の現役上水道の井戸も、宇土市特産の赤石も鮮やかに残されています。

この記事へのトラックバック