上天草市 教良木・田んぼアートが見頃でした。(2018年)

2018年 7月28日   上天草市 教良木・田んぼアートが見頃でした。(2018年)
上天草市 教良木・田んぼアート、6月に見た時は線描のような感じでしたが、今回は全体に色々な色の稲が植えられており、素晴らしい田んぼアートを見ることができました。ちょうど見頃のようでした。
 近くの金性寺には「知里の曙(ちりのあけぼの)」という新品種の蓮が育てられていますが、まだ花が見られました。

上天草市 教良木の田んぼアート
 喜多川歌麿の浮世絵『扇屋花扇』がテーマだそうです。葉が黒、茶、白、緑などの色の稲がちょうど見頃に育っており、素晴らしい浮世絵の世界となっていました。着物の部分には、風車?で色付けされていました。

画像

画像

画像
下から見ると2枚の田圃が見えなくなり、頭の部分が変です。
画像
頭の部分ですが、これでは何か分かりませんね!
画像
下の畑では、早場米の稲刈りがされていました。
画像

上天草市 教良木・金性寺のハスとスイレン
 蓮「知里の曙(ちりのあけぼの)」は、種が多くみられましたが、まだ10輪ほど咲き、ピンクに黄色の綺麗な花が見られました。スイレンも花数が多くなっていました。

画像

画像

画像

画像

画像
蓮の横の池
画像
奥の池
画像

上天草市 教良木の案山子
 田んぼアートへ向かう途中に、色々な案山子が見られます。伐採の案山子は、チェンソーが木に切れ込んでいますからリアル感がありました。
画像

画像

画像

画像

画像

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック