熊本市 東区沼山津・彌冨[やとみ]孝一様宅の肥後シャクヤク

2017年 5月12日   熊本市 東区沼山津・彌冨[やとみ]孝一様宅の肥後シャクヤク
 くまにち.コムに肥後シャクヤク、大輪鮮やか 熊本市沼山津と紹介されていたので、訪れてみました。熊本城内の肥後六花園が見られない現在、これだけまとまって育てられているのを見れる場所は少ないものと思われます。例年に比べると開花が遅れたそうで、肥後芍薬の特徴でもある黄色の花芯が綺麗な白、ピンク、赤、赤紫などの花がいっぱい花を咲かせており見事でした。お聞きすると、白花が早く、ピンク、濃い赤紫の花と咲き進むそうで、白花は終わりに近いとのことでした。また、一般のシャクヤクでも肥料食いと言われますが、肥後芍薬も年に4、5回肥料をあげられるそうで、大事に育てられており、品種名も大部分がはっきりしているそうです。
 また、彌冨家は幕末の思想家、横井小楠が移り住んだ四時軒に近く、親交が深かったそうで、小楠が立ち寄った座敷も残されています。入り口側の庭には、熊本市指定保存樹木の大きな肥後椿(日の丸)もありました。
画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像
横井小楠が立ち寄った座敷もそのままだそうです。
画像 画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック