南阿蘇村 「南阿蘇・庭・めぐり オープンガーデン」(2017年)

2017年 5月27日   南阿蘇村 「南阿蘇・庭・めぐり オープンガーデン」(2017年)
 5月20日から28日までの期間で、「南阿蘇・庭・めぐり オープンガーデン」が開催されており、各お庭を見させていただきました。
 今では恒例となった「南阿蘇・庭・めぐり オープンガーデン」、南阿蘇村だけではなく高森町の自宅のご自慢のガーデン、今年初めて参加の「くにばあの花畑」を始め、「いやしのガーデンsubrosa」、高森町「リトルハッピーガーデン」、南阿蘇村に戻って発起人でもある「ナチュラルガーデン南阿蘇」、最後に道の駅「あそ望の郷くぎの」お花のガーデンを見て回ってきました。色々な種類の花が見られ、それぞけガーデン毎に工夫をされており、個人的にはただ単に花を育てればいいという姿勢を変化させたい思いにもかられました。
 それぞれ入り口付近には、案内の幟が立てられていますので、迷うこともなく歩くことができそうでした。
 各場所については、リンク記事の地図を参照願います。

南阿蘇村 「くにばあの花畑」
 南外輪山の眺めの良い場所に、広々としたお花の庭が広がり、キャットミントやジキタリス、熊本市内ではとうに花の時期を終えたシャクヤクなどの花が見られました。ダリアなども芽を出しており、その時期にはまた変わった花を楽しめそうでした。駐車場を心配して行ったのですが、手前に駐車場が手配されており、安心でした。
画像
     
画像

画像
場 所

南阿蘇村 癒しのガーデンsubrosa
 手入れの行き届いたお庭に一面に咲いた草花とバラを楽しめるお庭で、レース フラワー オルレアが真っ白な花をいっぱい咲かせ、ムシトリナデシコやアザミもこのように咲かせると素晴らしいと思わずにはおれませんでした。
年間何種類のお花が育てられるのでしょう?良く見て歩くと色々な花が咲いており楽しませていただきました。バラにはまだ少し早い感じでした。

画像

画像

画像
窓下にはシックなクレマチスが花を咲かせており、白系の草花とあわせられているようです。モンタナ系のクレマチスのようにも見えましたが、涼しい阿蘇で良く育つのかもしれません。
画像
ムシトリナデシコもこのように咲かせると素晴らしいアクセントになっていした。
画像

高森町 リトルハッピーガーデン
 入った奥に、南外輪山をバックにしたオオテマリやバラにツツジが咲き、見応えがありました。
 ここも初めて見させて頂いたお庭です。ご主人がされているそうですが、手作り感が伝わってくるデッキ上のお庭や「ふくろう小路」など自作された作り物もみられ、個性感にあふれていました。駐車場は高森中学校の駐車場が利用できました。
画像

画像
ふくろう小路  他にもスクーターに乗ったピノキオのような像や「すずめの学校音楽部」などの置物
画像
ピエル・ドウ・ロンサールなどのツルバラも咲いていました。
画像
 「男の隠れ家」?  2階デッキ上のお庭
画像
場 所

南阿蘇村 ナチュラルガーデン南阿蘇
 ゲストハウス前、母屋横や前に育てられたバラや草花などが良く咲き素晴らしいお庭です。奥には林の下の自然のお庭もありハンモックが吊るされていました。
ゲストハウス前のお庭
画像
母屋横のバラなど
画像

画像
母屋前のお庭  ここからは阿蘇山も眺められ、景色も良いです。
画像
母屋横のお庭    クレマチスヤバラなどが見られました。
画像

南阿蘇村 道の駅「あそ望の郷くぎの」の花壇
 昨年まで増やされた園内全体に咲いたキャットミントの花を想像して行ったのですが、高い部分の一部だけになってしまっており残念でした。

画像

画像

画像

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック