菊陽町 鉄砲小路の梅に椿

2017年 3月14日   菊陽町 鉄砲小路の梅に椿
 行き当たりばったりで訪ねたものですから、鉄砲小路の一部・西側を見ただけですが、生け垣が続く通りに、江戸時代の街並みが思い浮かぶようでした。
 丁度行った角の家に、紅梅などが綺麗に咲いていたので撮らせてもらいました。また大きな椿も数本あり花をいっぱい咲かせていました。椿は防火林として屋敷の堺に植えられ、種子は油を得られる貴重な資源として大切にされてきたそうです。
 細川忠利の命により寛永12年(1635年)頃、軍用防備のため鉄砲集を配置したことが名前の由来となっているそうです。
画像 画像

画像 画像

画像 画像
椿
画像 画像

画像 画像

画像 画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 菊陽町 鉄砲小路の椿に木斛(2017年-2)

    Excerpt: 2017年 3月18日   菊陽町 鉄砲小路の椿に木斛(2017年-2)  鉄砲小路に菊陽町の天然記念物に指定されている共に樹齢350年と言われる「林家の椿」と「鳥栖家の木斛(もっこく)」を見に訪れ.. Weblog: 熊本の花所 racked: 2017-04-13 07:16