阿蘇市 波野の「乳の木」(2016年)

2016年11月14日   阿蘇市 波野の「乳の木」(2016年)
 まだ早く、ほんの一部が黄葉しているだけでした。この木の名前のいわれとなっている樹乳(気根)はどのくらいの長さ垂れ下がっているのでしょうか?一度測って見なければと思っているのですが、つい忘れてしまいます。黄葉する期間が短いのか、なかなか黄葉した姿を見られません。

画像 画像

画像 画像

画像画像
画像
画像
前のドウダンツツジは綺麗に紅葉していました。
画像画像
画像

画像波野支所近くの銀杏
 学校跡の銀杏か?綺麗に黄葉しており、近くのフジの花が咲く公園斜面には。「かぐらの里 なみの」の文字が描かれていました。まわりの草が枯れ、緑鮮やかに見えました。画像

画像 画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年03月14日 09:46
2019年11月23日   阿蘇市 波野の「乳の木」(2019年)
 名前の言われともなっている、背丈以上に伸びた気根(樹乳)が見事な公孫樹です。まだ黄葉の一番の見頃には早い感じでしたが、黄葉した姿を見られました。

この記事へのトラックバック