八代市 氷川ダムの紅葉

2016年11月28日   八代市 氷川ダムの紅葉
 ダムを渡って直ぐ、春には桜の咲く小さな公園があります。少ないですがモミジや銀杏も植えられており紅葉した姿が見られました。
 管理所側から歩いてダムを渡り、引き返して展望デッキにも上がってみるダム湖の濃い緑のような青のような湖面の眺めも素晴らしかったです。
 それから、車でダムを一周しようと行って見たのですが、案内がはっきりせず不安になり引き返しました。帰って確認するとその道で良かったようですが、途中ちょっと崩れたような場所もありました。

ダムを渡った小さな公園の紅葉
画像 画像

画像 画像

画像画像
画像

画像 画像
管理側からの眺め
画像画像
画像

画像 画像
氷川ダム 管理所
 氷川ダムは治水・利水を目的に1975(昭和50)年につくられた多目的ダムである。2010(平成22)年には、堰堤をかさ上げし貯水容量を増やすための再開発工事を完了する。氷川ダム管理所は、氷川ダムの監視・管理を行ラとともに、ダム湖の観光的魅力を増すための展望台として計画された。
 設計は野中建築事務所で、2001(平成13)年に竣工。鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造。くまもとアートポリス事業。コンクリート打放しの3階建は事務スペースで、その3階部分の外壁に、40m超の吊り構造の展望デッキが取り付けられる。これは建物幅よりも長く、両端はパルコ二-状に飛び出している格好である。外観上、本来の事務スペースの建物は、明らかにこのデッキを支える背景にすぎない。
 建物左に、最上部デッキの高さが38mになる展望塔がそびえる。 塔の各階の手すりは、展望デッキと同じものを反復する。展望デッキが水平方向に伸びゆくダイナミックさを、展望塔が鉛直方向に伸びゆくダイナミックさを表現し、造形的バランスもよい。また最上部から見下ろす風景、展望デッキから見渡すパノラマ風景の両方を味わえるのがよい。
 展望デッキは3階の資料室へのアプロiくチにもなっており、ここでダムや泉町の情報を知ることができる。
                              熊本高等専門学校「バ代たてものマップ」プロジェクトチーム』
場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 八代市 氷川ダムの紅葉(2018年)

    Excerpt: 2018年11月23日   八代市 氷川ダムの紅葉(2018年)  管理事務所側からダムの突堤の上を渡ると小さな公園があり、数は少ないですが紅葉が見られ、銀杏も綺麗に黄葉していました。更に徒歩で少し.. Weblog: 熊本の花所 racked: 2019-03-05 07:14