山鹿市 鞠智城跡隣の赤米(2015年)

2015年 9月 4日   山鹿市 鞠智城跡隣の赤米(2015年)
 くまにち.コムに鼓楼彩る赤米 山鹿市の鞠智城と紹介され、少し遅れてしまったかなと心配しながら訪れましたが、まだ見頃の赤米の出穂風景を見られました。穂の出初めは桃色のようにも見え、それが赤色に、穂が頭を垂れるようによると段々と黒ずんでいくようです。歴史公園の鼓楼などが見られ、古代の風景も思い描かれるようです。穂先に毛のように長く伸びた「のぎ」が色付いて見えるようです。脱穀の時はこのイガイガがチクチクしていやだった思い出がありますが、今の稲を見ると短くなり、この点でも長い時代の中で改良が進んでいるのでしょう。

画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像画像
画像

画像 画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 山鹿市 鞠智城跡隣の赤米(2016年)

    Excerpt: 2016年 9月 2日   山鹿市 鞠智城跡隣の赤米(2016年)  まだ真直ぐに伸びた穂には白い花も見られ、穂先の芒(のぎ)、とげのように伸びた部分が桃色から赤色、黒ずみと変化していき、今が赤米と.. Weblog: 熊本の花所 racked: 2016-09-16 09:03