山都町 男成神社のシャクナゲ

2012年 4月27日   山都町 男成神社のシャクナゲ
 岩尾城に阿蘇氏が在城して間、歴代の城主の元服の式が執り行われたという由緒ある神社で春季例大祭には少女神楽も奉納されるようです。境内は大きな杉に囲まれ、道路沿いにシャクナゲがまとまって花を咲かせていました。
 拝殿には奉納された絵馬が、舞台には十二支の絵馬が飾られていました。拝殿内部には百人一首の絵や天井には花の絵が飾られているようです。
シャクナゲ
画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像

男成神社御由緒
  御祭神 天照皇大神、神武天皇、神八井耳命
  相 殿  素盞之男命、奇稲田姫命
  配 祀  阿蘇神社祭神十二座
神武天皇七十六年神八井耳命の皇子健磐龍命此の地に下向の際、皇祖三神を祭祀し給いに始まる。
第三十四代舒明天皇十二年阿蘇十二座を勘請し見立大明神を稱す。
第八十二代後鳥羽天皇建久三年六月十五日、岩男城主阿蘇惟次は素盞之男命、奇稲田姫命を相殿に祀り祇園宮と稱す。
第八十六代後堀河天皇貞應元年六月十五日、阿蘇惟次の長子惟義が元服の式を挙げしに依り男成宮と稱す。阿蘇家十七代在城の間は必ず当社にて元服の式を挙げたりと云う。往時肥後八社の一に数えられ宇城三郡の惣鎮として国主藩主の崇敬厚かりし御社なり。
  祭日  春季例大祭四月三、四日(少女神楽の奉納あり)
  鎮座地 熊本県上益城郡(現山都町)矢部町男成五一九番地』


画像

画像 画像
舞台に飾られた十二支    龍は抜けているけれど神社の関係?想像上の動物だから?
画像

茶 畑
 鳥居をくぐると両側に矢部茶で知られる茶畑が広がっていました。八十八夜の茶摘みも間もなくのことでしょう。
画像 画像

聖 滝
 近くの国道沿いに「聖滝」の案内有り、駐車場もあり、直ぐ見れました。
画像画像
画像

場 所
神社に行くには、地図に表示の道ではなく、国道のトンネルの手前(矢部町側)左に見える鳥居をくぐって行きます。
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック