小国町 北里柴三郎記念館

2011年10月28日   小国町 北里柴三郎記念館
 以前から見学してみたい場所と思っていました。破傷風菌の純粋培養法の確立と血清療法の発見、ペスト菌の発見など世界の医学の発展に貢献したばかりではなく、日本においては伝染病研究所を設立、その後は北里研究所を創設と日本の近代医学の発展にも大きな業績を残されています。記念館の中には、北里文庫の建物を利用した資料館、生家、貴賓館等が残されていました。

『 日本が誇る世界的な医学者北里柴三郎は、嘉永五年、総庄屋北里惟信の長男として北里村(現小国町北里)に生まれました。
 明治四年(一八七一)熊本医学校に学び、さらに東京医学校(現東京大学医学部)に進み、卒業後、内務省衛生局に勤務、国の留学生として結核菌の発見者であるドイツのローペルトーコツホに師事しました。ここで貴重な研究業績をつぎっぎに発表、とりわけ破傷風菌の純粋培養法の確立(一八八九)と血清療法の発見(一八九○)は前人未踏のもので、世界の医学界にその名をとどろかせました。帰国後、福沢諭吉などの援助により、伝染病研究所を設立、わが国の近代医学に大きな足跡をとどめました。大正三年(一九一四)自力で北里研究所を創設、昭和六年(一九三一)死去するまで終生わが国の公衆衛生、医学教育、医療行政の発展に貢献しました。この敷地は、先生が大正五年(一九一六)に建てた貴賓館、北里文庫などがあった土地であります。一方、この地に隣接する北側の川沿いにある通称坂下屋敷に先生の生家がありましたが、洪水防止のための河川改修の関係で昭和四十年この敷地に移築されました。先生の没後、土地、建物が遺族から小国町に寄贈されました。
 昭和六十二年、先生の学問を受け継ぐ北里研究所、北里学園が中心となり、それに多くの方々、関係団体のご協力を得てご生家の復元、修復を行うとともに、北里文庫の建物を利用して先生に関する遺品などを陳列し、あらためて小国町に寄贈したものであります。
            所在地 熊本県阿蘇郡小国町大字北里三一九九番地
            面 積 土地:約五〇〇〇平方メートル・建物:八棟』
画像   画像

生家
『 先生は、この家に生まれ少年の日を過ごしました。この家は、この記念館敷地北側に隣接する通称坂下屋敷とよばれる川沿いに建てられたもので、図に示すように総庄屋としての建物の一部であります。
 明治二十八年(一八九五)先生が郷里から両親を招き一家が東京で暮らすようになったとき、旧居を縮少して現在の二部屋にしたものと伝えられています。したがって、この建物の北側など背面にはその時切断された梁や桁の跡が残っています。
 昭和四十年、この敷地に移築され、昭和六十一年に修復工事が行われました。
  現存生家規模 八畳二間  構造 木造杉皮葺平屋建  面積 五〇平方メートル』
画像 画像

北里文庫
 記念館入り口正面にあり、現在は資料館となっています。裏の蔵には当時の図書が保管されていました。
『この建物は、北里先生が大正四年(一九一五)三十年ぶりに帰郷され、郷里の青少年のために図書館を作ることを思い立ち、私財を投じて設立したものであります。建設後は図書を購入して司書などの費用も負担しました。郷里の青少年の教育にかける情熱がうかがわれます。
 先生の没後も第二次大戦中まで図書館として使用され、その後小国町に寄贈され北里家所有の山林も文庫の維持費の基金として町に贈られました。昭和六十二年、この建物の修復を機として先生の生涯と業績を偲ぶ記念の品、写真等の展示場として一般に公開することになったものであります。 
 ・完成時期 大正五年(一九一六)  (建築当時の概要)   
 ・設計者 横田芳太郎         ・館 名 私立北里文庫
 ・構  造 木造瓦葺平屋建       ・主 事 北里雄平
 ・面  積 一〇八平方メートル     ・総工費 一万一千五百円』
画像 画像

貴賓館
『この建物は、北里先生が帰省の際の居宅として、また、郷里を訪れた賓客をもてなす場所として建てられ、大正五年(一九一六)完成しました。
 先生は、文庫落成の際ここに家族と共に滞在しました。
 建物は地元の小国杉を主として用い、当時の木造建築として質素な中に丹念な施工のあとがうかがえます。また、二階の客間からは小国富士と呼ばれる湧蓋山の山容がのぞまれ、前庭ごしに山間の村落の眺望がひらけています。
 先生の没後、北里家から小国町に寄贈され、昭和六十二年に修復工事が行われました。
  完成時期 大正五年(一九一六)    構造 木造瓦葺二階建
  面 積  一二〇平方メートル』
画像 画像
                      二階から湧蓋山の眺め
画像 画像
生家越しに木魂館も見え、所々に植えられたモミジも紅葉しているものもありました。
画像 画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック