くまもと世界の蘭展 ファレノプシス、ドリティスの交配種とドリテノプシス

2011年 1月11日   くまもと世界の蘭展 ファレノプシス、ドリティスの交配種とドリテノプシス
 蘭というとまず思い浮かぶのは胡蝶蘭(ファレノプシス)ではないでしょうか。寒さには弱く、素人にはなかなか育てにくい蘭のような気もしますが、贈答用の花としては人気がありますね!ドリティス属との交配で色々な蘭(ドリティノプシス属)が育種されているようです。素人にはみんな胡蝶蘭となってしまうのですがミニ胡蝶蘭や色の着いたものにはドリティス属との交配種が多いようです。
画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像
                                          リンコスティリス
画像 画像

バンダ属
 「バンダとその近縁種」の中に上のファレノプシス等も分類されていました。そう言われて花形を見ると似ているような気もします。これが交配されたらもっと色々な花が出てきそうな気にもなってしまいます?
画像 画像





 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • くまもと世界の蘭展 ブルーリボン賞受賞作品2

    Excerpt: 2011年 1月11日   くまもと世界の蘭展 ブルーリボン賞受賞作品2  ブルーリボン賞受賞作品の続きをご紹介いたします。  最初のプレウロタリスはブラジル原産?のようですが不思議な花です。葉か.. Weblog: 熊本の花所 racked: 2011-01-20 10:20