益城町 砥川神社の獅子舞

2010年10月16日   益城町 砥川神社の獅子舞
 八代市・妙見祭、宇城市・小川阿蘇神社、氷川町・宮原三神宮で行われる獅子舞は、中国の影響を感じる獅子舞ですが、砥川神社の獅子舞は日本古来の獅子舞でした。神社で関係者の皆さんが参拝した後、着飾った子供達を親が肩車をし、獅子とともに神社を一周し、獅子舞の開始です。最初は若い人達が舞います。(ここも若い人達の後継者不足には悩んでいるようです。)その後、本来の獅子舞が舞われました。綺麗に着飾った小さな女の子(上の子が5歳だそうです。)が両端に鈴のついた紐で獅子をたたいたりして舞わせ、最後にはその紐を獅子にくわえさせて引いて回るという感じでした。男の子は手に棒を持ち、獅子をけったりと悪さをしたりで獅子を舞わせ、最後は獅子の背にまたがり回るというものでした。それぞれ2回ずつ、計4回舞われましたが、飽きることも無く楽しく見させてもらいました。夜も行われるそうで、夜の方がにぎわうとのことでした。夜だと雰囲気も良くなるのでしょうね!
 以前近くに2mにもなろうかという大きなヘチマを見に行った折、砥川神社で獅子舞が行われるのを知り一度は見てみたいと思っていました。偶然、嘉島町のヒマワリを見に行く際に本日14時から行われるのを知りやっと実現できました。
着飾った子供達が肩車され神社を一周
画像 画像
前座の獅子舞?(若い人達が舞います。)
 本番でも撮影できませんでしたが、二人が一体となり獅子が立ち上がっている姿でしょうか?見所の一つです。
画像 画像

獅子舞1 女の子と獅子との舞です。
 名前の入った化粧まわしをつけて可愛らしい演技の始まりです。寝ている獅子を、ひもの先の玉でたたいて目覚めさせます。
画像

画像 画像
迫真のシーン?
画像 画像
                                          最後は紐につながれて会場一周
画像 画像

獅子舞2 男の子と獅子との舞です。
 こちらは寝ている獅子を棒でたたいたり、けったりして獅子を目覚めさせます。
画像 画像
                                          獅子をけしかけているこの勇姿
画像 画像


場 所
 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック