富合町 六殿宮の桜

2006年 4月 1日  富合町 六殿宮の桜
 熊本県で初めて重要文化財に登録された六殿宮の楼門。室町時代の天文18年(1549年)に建てられ、室町時代を代表する建物と評価されて指定されたそうです。
 入り口に小さな池があり、周りに桜が植えられたり、福祉施設の周りにも植えられています。場所は木原不動尊の奥に入った所です。

画像

画像

画像

画像

画像


場 所

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 富合町 木原不動尊付近の梅

    Excerpt: 2008年 2月18日   富合町 木原不動尊付近の梅  『木原不動尊は1200余年前延暦年中天台宗の開祖伝教大師の.至心恭敬、一刀三礼の御作と伝えられ、下総成田の不動尊(弘法大師御作)及び東京目黒.. Weblog: 熊本の花所 racked: 2008-02-21 08:04