熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 南関町 「古小代の里公園」の梅(2017年)

<<   作成日時 : 2017/03/07 03:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017年 2月15日   南関町 「古小代の里公園」の梅(2017年)
 ここは例年、紅梅が早くに咲き、白梅は3月に入っての見頃となります。紅梅は見頃の時期なのでしょうが、折角咲いた花が先日の寒波で傷んでしまったものが多いようで、昨年のような花は残念ながら見ることができませんでした。白梅はまだ蕾で花を見ることはできませんでした。

画像 画像
 
画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像古小代の里公園
 古小代の里公園は、寛永9年(1632)、細川忠利公が肥後の国に入国の際に、豊前の国から移り住んだ陶工の手によって始められた肥後熊本を代表する小代焼発祥の地です。江戸時代の窯跡(瓶焼窯、瀬上窯)が当時の水漉し場や口クロ場跡とともに保存されており、県の指定文化財に指定されています。』
画像送水管、水槽 陶土の水漉し場跡
 瓶焼川の上流約50mのところから、土管を埋設して水を引き、石で囲った水槽に溜めていました。水漏れ防止のための工夫はされていませんが、水槽としての役目は十分果たしていたのでしょう。
 土漉しのことを水簸(すいひ)といいますが、これは水の力を利用して小石や砂粒を除き、目の細かい粘土だけを集める方法です。外槽(そとふね)は石やレンガを漆喰(しっくい)で塗り込め、中槽(なかふね)は板で四角い箱を作って埋めたものでした。この水簸槽と構造の同じものが、今でも現役で使われている窯場が大分県には残っています。』
画像ろくろ(車壺)跡
 むかしの蹴轆轤(けろくろ)は、地面に穴を掘ってすえられており、車壷(くるまつぼ)と呼ばれていました。粘土をのせる回転板が土間とほぼ同じ高さになるよう作られていたのです。これは大物を作ったときに大変便利で、重い品物も横へずらせば、楽にろくろからおろせます。瀬上窯跡では車壷が8基並んで出土しました。大量生産が行われていたことがうかがえます。車壷の発掘は全国でもはじめての例です。』

場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
南関町 「古小代の里公園」の梅(2017年-2)
2017年 3月 1日   南関町 「古小代の里公園」の梅(2017年-2)  公園への入り口の道路沿いにも梅が咲き、公園内にも白梅が咲き揃い、見応えがありました。やはり、「第17回 なんかん古小代の里 陶器・梅まつり」に合わせて見頃となるのですね。遅れていた白梅がまだ満開前ですが見頃となっており、祭りの行われる4〜5日には満開の花が楽しめそうでした。  2016年 「古小代の里公園」の梅     前回訪問時 「古小代の里公園」の梅        窯元のある地区の梅      ... ...続きを見る
熊本の花所
2017/03/31 07:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南関町 「古小代の里公園」の梅(2017年) 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる