熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 天草市 大江天主堂

<<   作成日時 : 2016/09/03 04:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年 8月 9日   天草市 大江天主堂
 国道389号線からも、山の小高い所に白い天主堂が建つのが眺められます。以前は下の駐車場から歩くか、真っすぐ狭い道路を上るかだったような気がしますが、今は途中から左に上る広い道があります。
 丁度、天主堂の反対側に日があり、天主堂入り口に咲いた綺麗な花がうまく撮れなかったのが残念でした。
 広い道の下の斜面には、マリーゴールドやサルスベリの咲いた花壇があり、天主堂を仰ぎ見るのも素晴らしかったです。
 広い道を下った天主堂の下には、フランスのルルドにある、ルルドの聖母像も置かれていました。
大江天主堂
 天草のキリシタンは、徳川幕府の禁教時代にも「かくれキリシタン」として、ひそかに信仰を続けましたが、明治に入り禁制の高札が撤去され、再び布教が行われました。フランス人ガルニエ神父は、明治25年32歳でこの地を訪れ、昭和16年82歳で亡くなるまでの49年間布教に努め、天草言葉を巧みに使いこなし、村人からは「パアテルさん」と呼ばれ慕われていました。
 現在の天主堂は、神父が信徒と協力し、昭和8年に完成させたものです。明治40年、北原白秋等5名のいわゆる「五足の靴」の旅は、「パアテルさん」に会うのが主な目的とあり、天主堂を訪れガルニエ神父に会っています。』
画像 画像

画像 画像
道路下の花壇
画像画像
画像

画像 画像

ルルドの聖母
 1858年2月11日、フランスのルルドという村で、14才の少女ベルナデッタがマツサビエルの洞窟の近くで薪を拾っていた時、聖母マリアが出現されました。マリア様ごめいれいのままに地面を掘ると、そこに泉が湧き出ました。その後、その泉では数多くの奇跡が起こり、現在では世界中からの巡礼者が絶えません。
 聖母マリアに心を捧げ、お恵みを祈るために、ここにルルドの地形を模し、ご出現の聖母マリアと聖ベルナデッタの像を安置し祈りの場としました。
 殉教の時代においても、現代の信者にとっても、聖母マリアに対する信心は重大な役割を果たしています。「神の御母、聖母マリア、我らの為に、神の御約束に我らをかならしめたまえ」』
 丁度、BSフジの「欧州鉄道旅」で放送されていましたが、19世紀の半ばから現在まで68の軌跡が起こったと言われ、医学的に説明のできない病気の治癒はおよそ7千件が報告されているそうです。
画像画像
画像


場 所

熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天草市 大江天主堂 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる