熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 上天草市 教良木・金性寺のハスとスイレン

<<   作成日時 : 2015/08/13 04:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2015年 7月29日   上天草市 教良木・金性寺のハスとスイレン
 7月25日、くまにち.コムに曙のハス優雅 上天草市・金性寺で見頃との記事があったので、遅くなってしまいましたが訪ねてみました。
 本堂への上り口にある池に蓮は植えられており、小さな石橋を挟んで可憐な花を咲かせていました。特徴としては、花弁の元部分に黄色が見られることのようです。花の咲きも良い様子で、既に咲き終わって種になった物、これから咲く蕾も多く見られました。
 ハスの植えられた右側の広い部分にはピンクと白のスイレンも花を咲かせていました。またお寺を囲むように「新四国八十八ケ所お遍路小道」ということで、仏像が置かれており、左側奥に行くと、そちらにも池にスイレンが見られましたが、既に最盛期を過ぎたのか花は少なかったです。
ハス   品種名 知里の曙(ちりのあけぼの)
 金性寺二十四世田中省吾方丈の晋山を記念して、東京大学生態調和農学機構で作出され栽培されていた新品種を譲り受けて移植しました。ハスにはアジア系と南北アメリカ系があり、「知里の曙」は二種の交配で生まれました。花弁先の紅色はアジア系、基付近の黄色みはアメリカ系の形質を受け継いでおります。夏の初めから終わり頃まで蕾の茎がく伸びて葉の上に綺麗に咲きます。花は早朝に開き、正午頃には閉じますが、開花1日目は半開きで、二日目に全開し、3日目には受粉した茶色の雌しべがみられます。花弁が落ちた花托は形から蜂巣とも呼ばれ、その姿を秋まで楽しめます。』
 教良木川の畔にあった庵に狂言・浄瑠璃の大作家近松門左衛門(1653〜1724)が若い頃、3年間逗留したとの言い伝えがあるそうです。

画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像
                                       本堂
画像 画像
鐘楼                                    天草最古の六面地蔵
画像 画像
                                       新四国八十八ケ所お遍路小道
画像 画像
                                      お寺を囲むように左回りで仏像が置かれています。
松.島町金性寺とその境内緑地環境保全地域
     所在地 松島町大字内野河内       指定年目日 昭和五十一年一月十七日
 指定区域は、金性寺所有の宅地、畑、墓地、境内等の1.7063ヘクタールです。金性寺は、寛永十四年(西暦一六三七年)に創立された曹洞宗の寺で、天草地域の善男善女の信仰の場となっでおります。本地域は、スギとカシ、シイ、ナラを主体とした天然林であり、その中に樹齢数百年にも及ぶものもあり、良好な緑地環境を形成しています。なお、この地域では、熊本県自然環境保全条例に基づいて木竹の伐採や土砂の採取などの自然環境に影響を及ぼす行為は、届出をしなければなりません。』
近松門左衛門の逗留した庵跡
 昭和四十七年の大水害の復旧工事で辺りの地形は一変したが、現在の県道付近を流れていた教良木川の畔にあった金性寺の庵に、狂言・浄瑠璃の大作者近松門左衛門(1653〜1724)が若い頃、三年間逗留したと云い伝えられている。
 尚、金性寺が創建される(1645)以前の唐津寺沢藩時代には近松寺があった。』

場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
上天草市 教良木・金性寺のハスとスイレン(2016年)
2016年 8月 9日   上天草市 教良木・金性寺のハスとスイレン(2016年)  東京大学生態調和農学機構で作出された新品種の知里の曙(ちりのあけぼの)と名付けられたハスが入り口の池に育てられています。ピンクの花弁に黄色の見られる綺麗な花を咲かせます。  既に花の多い時期は過ぎ、花はまだ咲いていましたが、残念なことに訪れたのが午後になってしまい開花した綺麗な花を見ることはできませんでした。  右側及び左奥に育てられているスイレンも、花が少なくなってしまっているようでした。 20... ...続きを見る
熊本の花所
2016/09/02 12:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
上天草市 教良木・金性寺のハスとスイレン 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる