熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 山鹿市 方保田東原遺跡(かとうだひがしばるいせき)公園のヒマワリ(2014年)

<<   作成日時 : 2014/07/30 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年 7月21日   山鹿市 方保田東原遺跡(かとうだひがしばるいせき)公園のヒマワリ(2014年)
 まだ花の咲くのには早いのは分かっていたのですが、状況確認に寄ってみました。今年もヒマワリが育てられており、だいぶ大きくなってきていました。これから除草作業がされるのか?まだ雑草の中という感じですが、列をなしたヒマワリが見られましたので、例年通りのヒマワリを見れるのではないでしょうか。例年お盆前からお盆にかけて見頃となります。


画像 画像

画像 画像
国指定史跡 方保田東原遺跡
  所 在 地  熊本県山鹿市大字方保田字東原ほか
  指定年月日 昭和60(1985)年2月19日
  遺跡範囲   約35ヘクタール  (史跡指定面積:26,697.96u)
 方保田東原遺跡は、いまから約1700〜1900年前(弥生時代後期から古墳時代前期)、菊池川とその支流の方保田川にはさまれた、この台地の上で栄えた集落遺跡です。昭和30年からはじまった発掘調査によって、たくさんの家の跡や溝、数多くの土器、石器、青銅製品・鉄製品などが見つかっていて、この遺跡の強大さがわかります。土器には西日本各地から持ち込まれたものもあって、交易が盛んだったようです。このような発見から、弥生時代の中九州を代表する遺跡として国の史跡に指定され、保存されています。  山鹿市教育委員会 平成16年3月』
画像 画像
さくら湯
 約370年前、肥後細川藩初代藩主忠利公が、ここの温泉を気に入り、お茶屋を新築したのが始まりで、明治3〜5年に大改修が行われ「公衆温泉」となり、明治31年に北側に、昭和4年に南側に唐破風の玄関が造られました。しかし、昭和48年に再開発ビル建設のため取り壊されました。平成24年10月に外観は昭和48年当時、内観は昭和33年改修前の姿に再生されオープンされました。

画像
金剛乗寺の石門(市指定文化財)
 八千代座に行く通りの左側に、菊池市旭志の円通寺跡にある唐風の石門を大きくしたような門がありました。文化元年(1804)に造られた門だそうです。奥には大きな銀杏も見られたので、秋には訪れてみたいと思います。
画像
八千代座
 明治44年1月にこけら落としがされた100年前に建てられた芝居小屋です。昭和40年代には老朽化し朽ち果てる寸前でした。昭和62年修復工事が始まり、昭和63年に国重要文化財に指定されました。
 市川猿之助、笑也による「市川猿之助特別舞踊公演」が終わったばかりの時間帯で、沢山の人でにぎわっていました。

画像


場 所

熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
山鹿市 方保田東原遺跡(かとうだひがしばるいせき)公園のヒマワリ(2014年) 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる