熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 合志市 合生字黒松・「合志義塾跡」のカタルパ

<<   作成日時 : 2014/05/29 05:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014年 5月21日   合志市 合生字黒松・「合志義塾跡」のカタルパ
 今では、「合志義塾跡」の石碑が残るだけですが、石碑の横に、「大江義塾」の徳富蘇峰から塾生であった平田一十に譲られたカタルパの子孫が花を咲かせていました。花の見頃には遅れてしまったが確認だけでもしておきたいと思って行ったのですが、まだ見頃の花を見ることができました。また、株もとには、平成3年に倒木したとされる親木でしょうか、倒れた幹の先に若芽を伸ばしていました。そのまま元気に育ってくれると良いですね!この若木は、平成3年以降に植えられたものでしょうか?
合志義塾跡
 合志義塾は明治25年3月、工藤左一、平田一十両先生により創立、一心に勅語の御精神を奉体して之を実行することを精神とし、農林の振興を念願さる。その徳を慕い、集まる子弟六千余人、両先生没後、平田案山子、工藤誠一の両先生、其後を継承されたるも、昭和20年8月太平洋戦争の終結により、時勢一変し、合志義塾亦閉鎖の止むなきに到る。
 茲に於て同窓生相図り、四先生を偲び、其址に碑を建立し、以て感謝追憶の意を表す。
                            昭和五十年五月吉日    私立合志義塾同窓生一同 建之』

画像画像
画像

画像 画像

画像画像
画像
倒木の先に若芽が出ていました。育つと良いですね!
画像 画像
前の畑には春ソバが白い花を咲かせていました。         建物の後ろにカタルパが見えます。
画像 画像

場 所
 県道37号線を菊池市の境界標識のある道を右折し、真直ぐの道を行くと「黒松公民館」があり、先の突き当りの交差点を右側に行くと、道路の右側に石碑があり、車が通れる細い道を右側に入った奥の農家の庭にありました。
 下の写真の道を行き、白く見える建物の裏側にあります。
画像

熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
熊本市 徳富記念園のカタルパ<オオアメリカキササゲ>(2014年)
2014年 5月18日   熊本市 徳富記念園のカタルパ(2014年)  同支社大学の創始者・新島襄がアメリカから持ち帰った種子を、教え子でもあり、交流のあった徳富蘇峰、蘆花兄弟に贈ったのが始まりということです。親木は既に昭和33年の台風で無くなってしまっていますが、二世・三世が8本育てられているそうです。今迄は気付かずにいましたが、徳富一家が住んだ住宅横にも、まだ若そうなカタルパが綺麗な花を咲かせていました。 『徳富記念園について  ここは、明治三年から徳富蘇峰、蘆花兄弟が幼少時代... ...続きを見る
熊本の花所
2014/05/31 07:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
合志市 合生字黒松・「合志義塾跡」のカタルパ 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる