熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 高森町 村山祖母神社の銀杏と杉

<<   作成日時 : 2013/11/29 05:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年11月14日   高森町 村山祖母神社の銀杏と杉
『村山祖母神社
 高森町村山は南郷谷で早くから開け、荘園時代村上源氏の地頭直轄領であった。当社は、明治維新後、文明開化に酔う日本人に一撃を与えた神風連(肥後敬神党)とのかかわり合いの歴史を持っている。旧村山村は旧色見村と共に阿蘇荘の管外にったが、昔は村山阿蘇宮と呼ばれた。祭神は阿蘇十二宮の一宮、阿蘇大明神建磐龍命を遠慮して、妃のニ宮阿蘇都比当スら十一宮を祀る。醍醐天皇の延長五年(九二七)阿蘇大宮司友仲が示教のため立ち寄り「この社は第一代阿蘇大宮司惟人の祖母である。これより祖母神社と呼ぼう」と上棟記にある。』
祖母神社由緒
 当神社は、今年平成五年から遡ること千六十六年前人皇第六十代醍醐天皇の延長五年九月十九日阿蘇大宮司友仲公により創建された神社である。
 旧社殿は創建当時のものであったが大正四年三月一日惜しいかな火災のため焼失し貴重な文化財を失った。
 御祭神は阿蘇二の宮阿蘇都比賣命を主神とし、国土創の功あった御一族の神々九柱の神霊であるが、阿蘇都比賣命は初代大宮司惟人命の祖母に当たられるので祖母神社と称した。
 社殿向かって右に大公孫樹、左に千年の風雪に堪えた大黷ェ亭々として天に聳えて壮観であったが、昭和五十八年神社庁の承認を得て売却した。(この価格八百八十万円)
 尚表参道に大杉二本があったが是れ又台風により倒伏した。現在参道に過ぎ二十数本いづれも長き樹齢を保ち樹勢旺盛にして御神徳の高大なるを象徴している。 
   氏子戸数 八十八世帯
                   平成五年正月           前宮司 岩下八束 識
                   平成十一年十二月          宮司 岩下信敦 謹写』
大公孫樹
 樹齢約300年、幹周り約5.2mという銀杏で、樹高も高く全体を写真に収めることができませんでした。
画像画像

画像  画像

画像  画像

画像 画像

画像 画像
大杉
 樹齢約350年の大杉が参道に立ち並んだ様子は壮観です。
画像 画像

画像 画像


場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
高森町 村山祖母神社の銀杏と杉 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる