熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 福岡県 太宰府天満宮の梅

<<   作成日時 : 2013/02/25 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年 2月20日   福岡県 太宰府天満宮の梅
 まだ見頃には少し早かったですが、それなりに咲いていたので楽しめました。試験シーズンでもあり訪れる人も多く、人の入らない写真はなかなかうまく撮れませんでした。以前訪れた時のイメージも薄くなり、九州国立博物館への通路に向かう両側には梅園があり、思っていたより多く感じました。咲いていた木は見事でしたが、全体としてはまだまだという感じでした。3月3日(日)には「曲水の宴」が執り行われるそうですが、見頃の梅の下で風流を楽しめるのではないでしょうか。

本殿前の飛梅
画像 画像
楼門脇の梅
画像 画像

画像 画像
宝物殿近くの梅園
画像 画像
太鼓橋・心字池付近の梅
画像 画像
九州国立博物館でのボストン美術館 日本美術の至宝 展
 時代の変遷の中で、廃仏毀釈や経済面から手放された美術品が、外国人の手で守られ、今日見られることに感激もちょっと残念な心持にもなりました。曽我蕭白のちょっとユーモラスな「雲龍図」を見られただけでも楽しめました。
 着いたのが開場前でしたので、入場してしばらくは人が少なかったのですが、絵巻物の所など後ろからせかされるような感じで見る場所もありました。
画像 画像
 印籠展も開催されていましたが、こちらも外国の方のコレクションの様でした。すごい数で、日本では見向きもされなくなってなってしまうものを収集されていることもすごいですね!

場 所

熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
福岡県 太宰府天満宮の梅 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる