熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 球磨村 神瀬石灰洞窟(岩戸鍾乳洞)の桜

<<   作成日時 : 2012/04/09 06:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012年 4月 2日   球磨村 神瀬石灰洞窟(岩戸鍾乳洞)の桜
 熊本県指定天然記念物・神瀬石灰洞窟・熊野座神社・長命水として紹介されています。岩戸公園にまだ小さいですが桜が咲いており、洞窟内にある熊野座神社への参道にも桜が咲いていました。道を聞いたスタンドのおじさんは「昨日は見事に咲いていたけれど?」とのことでしたが、まだ見頃に咲いていました。
 洞窟か?鍾乳洞か?岩戸鍾乳洞とも呼ばれています。大きな洞窟の様ですが、天井には鍾乳石が垂れ下がっていました。神社の後ろには大きな穴が開いており、暗いため底までは見えませんでした。

神瀬(こうのせ)の石灰洞窟
 このあたりは、古生層(約5億年〜2億3千5百年前の地層)が球磨川を横切るように分布し、その中にレンズ状に、あるいは帯状に石灰岩層が挟まれている。この洞窟は、 このような石灰岩の中に開口した鍾乳洞である。 間口45m、高さ17m、奥行70mでヽ奥にはすり鉢状の穴があり、穴の底は水をたたえ池になっており「御池」と呼ばれている。天井には多数の鍾乳石があり最長3m。石筍はわずかに見られるが石柱はない。天明3年(1783)にこの地を訪れた橘南谿は「西遊記」の中で、この洞窟には一足鳥と呼ばれる小鳥が数百羽住んでおり、これを捕えると災害や疫病が流行するといって地元で大切にしているという話を記録している。この一足鳥とはイワツバメのことで、ここで越冬するので有名である。洞窟内の神社は熊野座神社で、伊邪那美命、速玉男命、事解男命が祀られている。』
画像 画像
垂れ下がる鍾乳石                            穴の底は暗くて見えませんでした。
画像画像
画像
熊野座神社
画像 画像

画像 画像

画像 画像
桜の奥に洞窟があるのだけれど!
画像 画像

画像 画像
ハナカイドウの花も咲いていました。
画像

「領内名勝図鑑」県重文に 永青文庫所蔵品で初指定 4月14日 朝日新聞より転載
 ちょうど朝日新聞にこんな記事が載りましたので紹介しておきます。「神ノ瀬ノ岩屋」として紹介されていますが、江戸時代にこんな上から見たような絵が描かれているんですね!
画像



場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八代市・球磨村 球磨川沿いの風景
2012年 9月15日   八代市・球磨村 球磨川沿いの風景  人吉に泊りで行ったので、行く途中球磨川の景色を撮ってみました。人吉市から球磨村役場の間が急流も多く球磨川らしい風景が見られるのですが、色々寄り道をしていたら時間が無くなり、今回も撮ることができず残念でした。  もっと紹介したい風景は見られるのですが、車が止められないもので、ついつい通り過ぎてしまいます。 撤去工事が開始されたとのニュースもあった荒瀬ダム  道の駅坂本に立ち寄り、下流からの荒瀬ダムを撮り、ダムの近くでも撮... ...続きを見る
熊本の花所
2012/10/02 21:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
球磨村 神瀬石灰洞窟(岩戸鍾乳洞)の桜 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる