熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 荒尾市 宮崎兄弟資料館の菩提樹の花が咲いているそうです。

<<   作成日時 : 2011/06/14 08:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年 6月13日   荒尾市 宮崎兄弟資料館の菩提樹の花が咲いているそうです。
くまにち.コムに滔天ゆかりのボダイジュ見頃 荒尾市と紹介されていたので、早速行ってみたのですが、残念なことに月曜日で休館日でした。ということで「くまにち.コム」の記事を紹介させて頂きます。
http://kumanichi.com/osusume/odekake/kiji/20110612001.shtml

 以前から熊本の花を訪ねて 「宮崎兄弟の生家」で紹介されていましたので、所在は分かっていたのですが、台風で無くなってしまったものと思っていました。ひこばえから育てられ5mまで成長しているということですから嬉しいです!

 菩提樹てどんな木なのでしょう?釈迦が菩提樹の下で悟りを開いたとか。どこかで見ているのかもしれませんが、これが菩提樹ということで見た覚えがありません。やはり見てみたいものです。

宮崎兄弟の生家
 1897(明治30年)、まだ草深い荒尾村を亡命客の孫文が訪れた。孫文が滔天と綴った筆談の書や、孫文が親しんだ庭にある梅の古木、泉水、味噌蔵、それに滔天がシャム(現タイ)から持ち帰った菩提樹等がその頃の様子を偲ばせる。宮崎兄弟の生家は、近代日中交流史の原点でもある。
宮崎兄弟資料館
 宮崎兄弟資料館は、揺れ動いてやまぬ近代日本の在り方に全身で立ち向かった宮崎兄弟の生の軌跡を振り返るとともに、中国革命と孫文に関わる様々な資料にふれることができる、日中の平和と友好のために、また新しいアジアと日本の交流の発信地である。』
画像


場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
荒尾市 宮崎兄弟資料館の菩提樹の花が咲いているそうです。 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる