熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 御船町 下鶴眼鏡橋と桜

<<   作成日時 : 2011/04/02 13:49   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年 4月 2日   御船町 下鶴眼鏡橋と桜
 いつも通る時に、橋のたもとに咲く桜を綺麗!と見ながら通り過ぎていました。直ぐ上流にこんな大きな石橋があるとは知りませんでした。今も車が通れる立派な石橋です。欄干には徳利と杯の彫刻もあり、石工の遊び心も感じさせてくれます。
下鶴眼鏡橋
 この下鶴橋は東京の二重橋や日本橋を始め矢部の通潤橋や、わが御船橋など数多くの眼鏡橋を架設して天下にその名をうたわれた名石工橋本勘五郎、弥熊父子によって明治十五年(1882)十月から明治十九年(1886)十月まで満四年間を費して架設されたものです。橋の長さ十三間(約二十三米六十三糧)幅は三間半(約六米三十六糧)総工費二千五百三十八円三十一銭厘を要しました。
 以来、春風秋雨九十有余年の間、熊本から矢部宮崎県に通する主要道路の交通橋として大いに郷土産業の振興に役立って来ましたが時代の変転は交通量の激増と交通機関激変により、これまで堅固を誇ったこの石橋もついに耐えきれなくなりましたので、ここに近代橋が架設されました。
 今後は、先人の事績を敬仰し、文化財として保存されることになりました。美しい石組みの見事さに注意して下さい。』
画像 画像

画像 画像

画像 画像

+
画像 画像

画像 画像

画像 画像
                                     七滝川第二発電所
画像 画像
徳利と杯の彫刻が彫られた欄干
画像 画像

画像 画像


場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
御船町 下鶴眼鏡橋と桜 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる