熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 菊池市 迫間橋と迫間滝

<<   作成日時 : 2011/04/10 08:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年 4月 3日   菊池市 迫間橋と迫間滝
 いつもこの近くの温泉に行くので、橋を渡る時に見えているはずなのですが、こんな素晴らしい景観の場所があるとは知りませんでした。いつも通る橋の下は深い渓谷となっており、そのすぐ上流に迫間滝と石橋の迫間橋が続いて見ることができます。迫間橋は現在も車の通る橋として利用されています。
迫間橋
『迫間橋(はざまばし)  菊池市指定文化財
 文政十二(1829)年四月の竣工で、隈府(わいふ)市街と西迫間・市野瀬を結ぶ迫間川に架けられた眼鏡橋で、地元の石工、伊助らによって作られた。長さ36.4m、幅4m、高さ10m、輪石数は62枚を数える。』
画像 画像

画像 画像

画像 画像

迫 間 滝
 大きな滝ではありませんが、こんな所に滝があるんだという感じでした。
名勝・遺跡   休み石と迫間滝と(めがね橋)
 菊池市大字隈府字逢帰り(高野瀬区内)にあるこの石は昔から、よこい石(休み石)といわれていた。即ち正面に見える菊池隨一の水の名勝といわれる迫間滝のすばらしい景観を菊池公は鳳来山聖護寺に勉学に登られる途中駒をとめて、この石に腰をおろして風景を絶讃されたという。(白布の滝流・紺碧の滝っぼ、両岩の男性的岩石、緑と紅葉の美)文政十二年以後は石造アーチ橋の円弧美も加わってきている。
 迫間滝を詠む。細川綱利(細川家第五代藩主)
  「岩波を梢にかけて松風も   さらに音なし山の滝津瀬」      』
画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像

画像 画像


場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
菊池市 迫間橋と迫間滝 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる