熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 南阿蘇村 西南の役戦跡公園

<<   作成日時 : 2010/11/28 07:14   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 0

2010年11月21日   南阿蘇村 西南の役戦跡公園
 明神池名水公園の鬼官兵衛記念館を訪れてから、なにか気になっていました。
阿蘇西登山道を栃の木温泉近くから入り、案内に従い左折してしばらく走ると、西南の役戦跡公園の案内標識で右に入ると京大火山研究センターへの道が右にありますが、その脇に慰霊碑等がまとまって建てられていました。広い道を奥に進んだ所に駐車場があり、「佐川官兵衛討死之地」の碑がありました。その上には広々とした公園が広がり、まだ小さいですが桜が丘を覆うように植えられており、将来は素晴らしい桜の名所になるのではないでしょうか。
『西南の役戦跡公園        (高野原)
 当時、此処黒川口は、南郷谷の要衝二重峠を経て熊本へ通ずる険路であった。台場(繋壕)を設け、豊後街道を扼守する薩摩軍四百名に対し小倉上陸後、大分から進撃した官軍桧垣少警視隊長、佐川官兵衛に率いられる豊後口警視隊五百名は地元士族有志隊の応援を得て三戦線で攻撃を計画、佐川隊は、百五十名に南郷有志隊五十名を率いて明治十年三月十八日払暁一斉攻撃を挑む。この時兵員増強堅塁を擁した薩軍と奮闘死闘7時間の末、佐川指揮長を始め死傷者続出、遂に官軍側総撤退を以って戦闘は終了する。官軍三十四名、薩軍七名の死者と多数の傷者を出した黒川口の戦いのゆかりの地に両軍の顕彰碑を建立し、当時を偲んでいる。』


この案内看板の上に碑が建てられています。
画像
南郷有志隊之碑                                西南の役慰霊碑
画像 画像
鬼官兵衛惜哀賦                                西南戦争豊後口警視隊戦死者之碑
画像 画像

『鬼官兵衛惜哀賦
明治十と勢のはる黒川の原野に戦ひ死せし佐川官兵衛氏の首塚は無きやと其秋たどりつ、原野を分け入りつ
    亡き人の跡とふ野辺の
      花すすきたれ招くらむ
        みちしるべせよ     一誅  』
佐川官兵衛殉難之碑                             薩軍故山恋哭碑
画像 画像

これらの碑と向かいに建っていた碑
画像
佐川官兵衛討死之地                             佐川官兵衛塚(首塚)
 広い道路を奥に行くと駐車場があり、南阿蘇桜公園への道路脇に向かい合うように建っています。
画像 画像

『佐川官兵衛討死之地碑・解説
 佐川官兵衛は天保二年(1831)、会津藩物頭佐川幸右衛門の長男として生まれた。慶応年間に上京し・京都守護職たりし、藩公松平容保のもと、藩校京都日新館の奉行と別選組・諸生組の隊長を兼務、慶応四年(1868)一月勃発の鳥羽伏見の戦いにヽ孤軍奮闘し刀は折れ右目の上に銃創を負っても平然と指揮をつつけたことから鬼官兵衛の異名をとった。会津開城から六年、明治七年(1874)には旧藩士三百名を率いて東京警視庁に出仕、麹町警零署長職にあった十年二月に西南の役が起こるや、豊後口警視隊副指揮長として阿蘇の南郷谷へ出征したのである。しかし当時既に薩軍は二重峠を占拠していたため佐川隊は三月十八日未明に旧白水村から出動、この地て薩軍に遭遇し、鬼官兵衛は薩将と斬り結ぶうち胸に被弾して仆れた。享年四十八、碑文はその辞世にほかならない。村民に優しかったその士魂を慕う者いまなお多く命日にはこの地に有志相集って碑前祭がおこなわれている。』
            「君がため都の空を打ちいでて
                        阿蘇山麓に身は露となる」     碑の横に辞世の句が彫られています。
南阿蘇桜公園
 西南の役戦跡公園と一帯になったような小さな桜の植えられた丘が開けていました。木が大きくなったら素晴らしい桜公園になることでしょう。
画像 画像


場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
南阿蘇村 北向谷原始林の紅葉(2010年)
2010年11月日   南阿蘇村 北向谷原始林の紅葉(2010年)  今年は昨年に比べると紅葉の時期が早かったのか?残念なことに訪れた全てが紅葉の後追いの状況になってしまっていました。しかし、ここはまだ周りの紅葉した様子を橋の上から等見られ、今年の紅葉を見たという感じにさせてくれました。  西日の為、南阿蘇鉄道の戸下鉄橋等撮影できなかったですが、逆光等考えると午後に訪れた方が良さそうです。救難訓練なのか、この時期水は冷たいでしょうが、白川の淵を渡っていた十数人のグループも眼下に見ること... ...続きを見る
熊本の花所
2010/11/29 09:47
南阿蘇村 西南の役戦跡公園の紅葉
2014年11月21日   南阿蘇村 西南の役戦跡公園の紅葉  通りかかると慰霊碑などのある場所に紅葉が見られたので寄ってみました。すぐ近くに「八重の桜」でも知られるようになった佐川官兵衛討死之地もあります。  この奥の山の上には京都大学火山研究センターもあり、山麓には桜が植えられています。 2010年 西南の役戦跡公園     2011年 南阿蘇桜公園の桜 ...続きを見る
熊本の花所
2014/12/12 09:09
南阿蘇村 南阿蘇桜公園の桜
南阿蘇村 南阿蘇桜公園の桜  昨年11月に「西南の役戦跡公園」を訪れた際、京大火山研究センターのある小高い山一面に小さな桜が植えられており、横には既に育ってきている桜も見られたので、楽しみに行ってみました。  やはり、アスベスタの「南阿蘇桜公園」と同様に河津桜は咲いているものは見られない状態でした。下側横に植えられて10年位は経ったと思われる桜が群生して植えられており、白やピンクの花を咲かせていました。ここは、以前から「九州電力・九州ふるさとの森づくり」等、山の上にある京大火山研究セン... ...続きを見る
熊本の花所
2016/03/11 21:57
南阿蘇村 南阿蘇桜公園(長陽)の河津桜
2018年 3月17日   南阿蘇村 南阿蘇桜公園(長陽)の河津桜  11日に訪れた時にも見頃に咲いた花が見られたので、丘の上にある「京大火山研究センター」まで続く河津桜が全体に咲いた様子を見たくて再訪してみました。しかし、まだ木が小さなためか咲かずに若葉になってしまう木もあるようで、前回と同様の風景しか見ることができませんでした。ここが桜の名所になるのには、まだ10年ぐらいかかるかもしれません。それでも2011年の写真と比べると随分大きくなってきています。  下の「西南の役戦跡公園」... ...続きを見る
熊本の花所
2016/03/29 07:34
南阿蘇村 南阿蘇桜公園(長陽)の河津桜(2017年)
2017年 3月28日   南阿蘇村 南阿蘇桜公園(長陽)の河津桜(2017年)  熊本地震で最も被害の大きかった地区にあり、隣の団地でも亡くなられた方もおられ心よりお悔やみ申し上げ、ご冥福をお祈りいたします。  テレビでは河津桜が何千本と植えられていた南阿蘇桜公園の斜面が「京大火山研究センター」真下から地滑りしてしまっているのを見ていましたが、現地を訪れたのは、前回確認したのに続いて2回目です。前回は入り口にあった「西南の役戦跡公園」が見つからず、今回も右往左往した結果、公園に行きつ... ...続きを見る
熊本の花所
2017/04/20 07:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
南阿蘇村 西南の役戦跡公園 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる