熊本の花所

アクセスカウンタ

肥後六花 山茶花・椿 梅 の 花 菜 の 花 桜 の 花 石 楠 花 ツ ツ ジ バ   ラ 菖   蒲 紫 陽 花
蓮・睡蓮 ヒマワリ 彼 岸 花 コスモス 菊 花 展 紅   葉 黄   葉 山 野 草 ラ   ン その他・花
       各掲載記事の中で赤字の部分にカーソルをセットした場合、下線が表示される部分にはリンクがされております。
       また、トラックバックには当記事に関連して、新たに訪れた記事等をリンクさせています。是非そちらもご覧ください。
       現時点に近い記事をご覧になりたい場合は 速  報 をご覧ください。

zoom RSS 五木村 平野のイチョウ

<<   作成日時 : 2010/11/13 08:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010年11月10日   五木村 平野のイチョウ
 宮園の公孫樹を見てから、川辺川を渡ってほんのちょっと行った左側に、平野と「熊ケ嶽の墓」の案内があり、急な坂道を上りきった所にイチョウはありました。推定樹齢400年ということですが、樹勢が強いのかこちらは残念なことにまだ青々した葉でした。祠があり、取り囲むように植えられた他の2本の銀杏は黄葉をしていました。イチョウの下には平野出身で江戸時代に大関までなり活躍した熊ヶ嶽の墓もありました。

南側から
画像 画像

画像 画像
東側から
画像 画像
西側から                                    北側から
画像

画像

画像 画像

熊ヶ嶽の墓
銀杏とは離れた場所にあるとばかり思っていたのですが、銀杏の木の下にお墓がありました。
『熊ヶ嶽猪之介は幼名を黒木松次郎といった。本村字平野の出身で江戸、京師を沸かせた力士である。
  略 歴
   18才 熊本嶋川幾平の弟子として入門、遠山日出吉と称する。
   23才 京師に上り若駒親方に従い角の枝に専念する。
   31才 江戸追手風喜太郎を訪ね門弟となる。
   32才 平戸公の抱力士となり、黒柳松次郎と改める。ついに大関へと昇逞。
   40才 相良公召抱えの力士となり、熊ヶ嶽猪之介と改める。
   47才 角界を引退し、郷に道場を設け、力士の指導に当る。
   48才 安政二年三月七日(一八五五)人吉に於て病歿、眞常院観音堂の近くに葬る。』
画像


場 所
熊本の花所トップへトップページから市町村別、花別、月別(カレンダー)でもご覧願います。

テーマ

関連テーマ 一覧

 次のトラックバックには、より最新の記事、ならびに関連する記事がリンクされている可能性があります。 トラックバックがある場合は、表題部分をクリックしそちらもご覧願います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
五木村 宮園の公孫樹
2010年11月10日  五木村 宮園の公孫樹  五木村役場の前を通り過ぎ上っていくと、道路右側に一際高く黄葉した公孫樹が見え直ぐに分かりました。木の下に駐車スペースがあります。生憎の逆光一番のポイントの写真が一枚目です。何分にも木が大きくそばでは全体が見えないので、少し離れだ場所をぐるっとまわってみました。一度回り終えて、コンニャク等の農産品を売っていたおばさんにお茶を頂きながら聞くと、「左側の道路を少し上がると良く見えるよ。」と教えてもらい、先程回った更に上に行って見ました。紅葉した... ...続きを見る
熊本の花所
2010/11/13 09:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
五木村 平野のイチョウ 熊本の花所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる